FC2ブログ

彩―隠し事 68

土曜日 露出-4  

チノパンと下着に包まれて窮屈な思いをしていたペニスは彩の手の中で自由を取り戻して嬉し涙をダラダラ垂れ流す。
「彩は恥ずかしい姿を見られるかもしれない不安で昂奮しているけど、この子は我慢汁をどうして垂れ流しているのかな??」
健志を無視して、いかにもペニスに話しかけているように見える彩は人通りの途絶えた夜の歩道とは言え、素っ裸でいることの羞恥に勝る性的好奇心で声を震わせて身体を隠そうとする気配を感じさせることがない。

ジュルジュルッ、ジュボジュボッ……歩道脇という場所を気にする様子もなくペニスを口に含んだ彩は迷うことなく顔を前後する。
車道を走る車が一瞬途絶えた夜のしじまにジュルジュルッ、ジュボジュボッと卑猥な音が響き、健志は周囲を見回して誰もいない事を確かめて安堵する。
目隠しのために見えるはずのないのに健志の不安を感じ取った彩は、
「心配なの??こんな処で彩をスッポンポンにしたのは健志だよ……クククッ、不安な素振りを見せるのにオチンポは縮こまるどころか、彩のお口の中を跳ね回っている。どっちなの??もっとオシャブリして欲しいの、それとも早く帰って彩を真っ赤な縄で縛ってみる??」

「落ち着かないから帰ろうか」
立ち上がらせた彩の目隠しを外し、右手にリモコンバイブとラビアクリップを持った健志は、
「どっちがいい??それとも、彩はこれが好きか??」と、声をかけて袋から真っ赤な縄を取り出す。
「ハァハァッ、嫌な男。恥ずかしい姿を見られるかどうかとドキドキするのも憧れていたけど、SMショークラブで縛られたように縄も好き」
「本格的に縛ったことがないから間が悪くなっちゃうかもしれないけど、許してくれるかな??」
「恥ずかしいけど聞いてね……彩はね、時々だけど自縛って言うらしいけど、自分で縛ったりしているの。あの日以来……笑うと怒るよ。それで、彩もそれほど慣れていない」
「彩の性癖を笑ったりしないし、安心した。少しのモタモタなら許してもらえそうだからね」

自由を奪っていたベルトを外し、彩の手首にわずかに残った痕を擦って視線は彩の瞳から外れることがない。
彩は長い間、心の奥に巣くっていた性的好奇心が新たな成長を始めたことを意識して声を震わせる。
「縛って……縛られて帰りたい。彩の緊縛姿を見るのは健志だけ、でもドキドキする昂奮を味わいたい。健志に守られて長い間、心の隅でモヤモヤしていたエッチな気持ちを発散したいの、いいでしょう」
「あぁ、そうしよう。彩がエッチな気持ちを解き放てば、今よりもっとスケベで好い女になるだろうな」

再び伸びた手は乳房の柔らかな弾力を味わい、ウェストの括れから腰を経て太腿に至る健志好みのムッチリ感に頬を緩める。
「アァ~ン、健志の手の動きがいやらしい。オッパイを揉んで彩を昂奮させといて、大好きだと言う腰や太もものムチムチ感を確かめているみたい。触られるだけでドキドキする」
頬に両手を添えて唇を重ね、言葉を封じた健志が舌を絡ませるのに応えた彩は唾液を交換して背中を撫でて股間を押し付ける。
彩を抱きしめる健志の手に力がこもると胸がひしゃげて乳房が感じる圧迫感で性感が燃え上がる。
人通りの少ない夜の歩道とは言え素っ裸で抱きしめられる昂奮で羞恥が蘇る事もなく周りを気にする様子もない。

「ハァハァッ、駄目、立っているのさえ辛い。赤い縄で彩を縛って欲しい、オッパイをギュッと締め付けて……健志に会う時の私は彩となって奔放で淫らな女になりたいの。そんな彩を健志は好きって言ってくれたでしょう」
「モタモタしても怒らないでくれよ。スッポンポンの彩の前に立つだけでも震えるほど嬉しいんだから」
封を解かれて健志の手に握られた真っ赤な縄は、大理石の様に滑りのある白い肌を前にして獲物を狙う蛇のようにクネクネと不気味に蠢く。
車道に向かって夜の歩道で立つ彩はオマンコとオッパイを微風にくすぐられる快感で羞恥を忘れ、
「早く……」と、真っ赤な縄が白い肌にまとわりつく事を催促する。

背後に回った健志は張りのある乳房の上下を二つ折りにした真っ赤な縄で縛り、首を一回りさせて上下を引き絞って胸の膨らみを強調する。
「アンッ、昂奮する。こんな処で縛られてアソコを濡らす彩を笑わないでね」
彩の一言で股間に伸ばした指が内腿にまで滴る蜜を確かめた健志は、
「SMショーを見ながら勉強した甲斐があったようで我ながら上手く縛れたと思うけど、こんなに感度の好い彩を相手にモタモタすると嫌われただろうな」
背後から前に回って彩の正面に立つと、縄に絞り出された乳房に早くも青い静脈が模様を作り、先端は今にも零れんばかりに尖りきる。
指先が突き出た先端に触れると、ヒィッ~と艶めかしい声を漏らして乳輪までもがぷっくりと腫れて見える。
ハァハァッ……口を閉じることを忘れたかのようにしどけなく開いた口から荒い息を漏らし、何もしていないのに股間をモジモジと擦り合わせて瞳は何かを訴えるかのように赤く燃える。

ピロートーク  

「うふふっ、腕枕されるのって好き……エッチの後で腕枕してもらうと大切にされているんだなぁって実感できる」
「オレは腕枕で彩を一人占めにするのが好きだよ。腕枕をしている時、彩の身体がオレにピタッと馴染む感触が好い」
「男と女は肌を合わせないと本当の相性が判らないっていう人がいるけど、健志はどう思う??」
「オレは女性を三種類に分ける。デートをしたい人、抱きたい人とどちらでもない人。抱きたいと思う人以外でも気持ちの相性は分かるよ」
「男性にとって都合の良い言葉に聞こえるけど、今日は許してあげる。彩は三つの内、どれなの??」
「昼間の彩はデートをしたい人、夜の彩は、これ以上ないくらいエッチでスケベ、抱きたくて身体が震えちゃうよ……若い女性の真っすぐで堅い感じもいいけど、彩のような大人のしっとり感。肌が馴染むとしか言えないけど好きだよ」
「昼は淑女で夜は娼婦……女性にこんな言葉を言える男性って自分に自信がある証拠だと思うけど、そうなの??」
「フフフッ、冗談に決まっているよ。そこまでの自信家じゃないよ……オレの右腕は彩のもの」
「じゃ、左腕はどんな女が予約しているの??」
「右腕は眠るときの彩のもの。左腕はエッチの時の彩のもの。知らなかった??」
「知っていたよ。確かめただけ……」
右利きの健志が右腕で腕枕すると利き手でない左手でエッチな悪戯がやりにくい。好きな彩がいても悪戯が出来ないからよく眠れる。そういうことだろう。

「夢の中で彩が迷子にならないように腕枕をしてくれているのかと思っていた」
「それもそうだけど……腕枕をする一番の目的は彩の性感帯を刺激するためだよ」
「腕枕で彩の性感帯を刺激できるの??」
「なんだ、気付いてないの??」
「判らない……あっ、もしかして??」
「そう、彩の一番の性感帯は心。眠っている時も彩の心を抱いているんだよ、彩は甘えっ子だから心にも性感帯があるはずだよ」
「ウフフッ、そんな事を言われると、健志の事をもっと好きになっちゃうよ。健志の色に染められて、いつまでもそばに居たい」
「オレが好きになった彩はオレ色になんか染まって欲しくない。着せ替え人形の彩を好きになった訳じゃない。ありのまま、知り合った頃の彩でいて欲しい」

「うん、嬉しい……でも嘘吐きの健志は嫌い」
笑みを浮かべて怒った振りをする彩が可愛い。
「オレは嘘を言ったか??」
「このホテルで待っているって言われた時も、予約したレストランに行こうって誘われた時も彩は期待していたのに裏切られた。それらしいことを口にしても気付かない振りをした」
「クククッ、日付が変わる寸前に用意してもらうように頼んだから、それまでは何があっても、とぼける積りだったよ。彩の怒りに気付いたから途中で不安になったけどね」
「怒って、帰るって言ったらどうしたの??」
こぼれんばかりに嬉しそうな表情になった彩は、健志を困らせようとして可愛く絡むことを止めない。
「その時は、これを渡して許してもらう積りだった」

ナイトテーブルの引き出しから小箱を取り出して、受け取ってくれるねと囁く。
「開けてもいい??……何かな??ドキドキする……ピンキーリング??ありがとう、どの指につけるのが好い??健志がつけてくれる??」
彩からリングを受け取った健志は、右手に手を添えて、
「幸せは右手の小指から入るって聞いたから、オレが彩にとって幸せを運ぶ男であると宣言して右手につけるよ」
右手小指につけたピンキーリングを見つめる彩は、薄明りの中でも輝きを忘れないリングから健志に視線を移して、キスしてと囁く。

軽く唇を合わせて見つめ合い、鼻頭を擦り合わせて互いの身体を擦り合う。
BGMのエンヤ……哀愁を帯びたメロディ、壮大なスケール。行ったことも観たこともないアイルランドの景色が目に浮かぶ。
真っ新なキャンバスに彩と二人で絵を描いてみたいと思う。

「背中を向けてもいい??涙が出ちゃいそうなの」
健志の腕の中から出ることなく背中を向けた彩は、右手小指のピンキーリングを見つめて眼尻を拭い、背中越しに話しかける。
「やっぱり、健志は嘘吐き……右手で腕枕したら彩の心は抱けるけどエッチなことは出来ないって言わなかった??アンッ、気持ちいい」
彩を抱きかかえるようにして横向きになった健志は右手で左乳房を揉み、左手で下腹部を擦りながらさりげなく小指でクリトリスの周囲を刺激する。
「エッチの後で、こんな風にイチャイチャするのが好き。男の人は一度満足すると、もうイイって思うらしいけど、女はねこんな時間を大切にしてくれると性感は冷めることなく徐々に燃え上がっていくんだよ。自分好みの女に育てたいと思えば、セックスの後の時間を大切にすればいいの」
「そうなの??彩の性感を盛り上げて、もう一度したいって言わせればオレから離れられない女になるんだね??」
「他の女性は知らないけどベッドにいる時の彩は子宮で考えるから、性的に満足させてくれる男性になびいちゃうかも……」
「オレ以外の男に抱かれるかもしれないんだね」

「イヤンッ、そんなこと……もう一度してもらうよ、いいの??」
「彩が浮気しないように子宮を満足させなきゃ」
乳房をヤワヤワと揉む手は乳輪をなぞり、先端を摘まんで引っ張ったりコリコリ転がしたりと動きの止むことがない。
健志は上半身を彩の背中にピタリとくっ付けて左足で彩の両足を自在に操り、左手が股間を覆って圧迫し、甘い声を漏らすと手は内腿に移動して擦ったり揉んだりと与える刺激に変化をつけて焦らそうとする。
髪に顔を埋めて温かい息を吹きかけ、胸の膨らみを刺激していた右手が唇をなぞり、彩がその手を口に含もうとすると口腔に侵入して舌を摘まみ、歯茎や上顎を撫でて自在に動き回る。

成熟した女性らしく適度な脂肪を乗せた彩の身体に接する健志は、溶け合って一体になるほどの心地良さに酔いしれる。
尻の割れ目に股間を押し付けると、
「火傷しそうなほど熱い棒が彩をつついている。終わったばかりなのに、こんなに大きくなるって彩の身体じゃ満足できないの??」
「逆だよ、彩の身体に触れるとオレの辞書から満足って言葉が抜け落ちちゃうんだよ」
「クククッ……彩が上になるね」
仰向けに寝転がる健志の顔を跨ぐ格好になった彩は、下半身をプルプルと震わせてクンニリングスを催促し、宙を睨んで猛り狂うペニスが滴らせる先走り汁を亀頭に塗り広げてパクリと咥えこむ。

                                             <<おしまい>>

フラワーアレンジメントとシャンパン、フルーツタルト

「こちらの席でございます」
予約席のプレートが置かれた席は窓際で、眼下に見える街の灯りは宝石箱をひっくり返したように煌びやかで思わず立ち止まった彩は目を見張る。

オーダーを済ませて二人きりになると彩は夜の景色の美しさに見入りながらも華やかさの裏にある街の澱みを感じ、心の隅に残る物憂げな気持ちから解放されることがない。
彩の横顔を見つめて満足そうに微笑む健志に視線を移し、
「きれい……ありがとう。このレストランを予約してくれたのは何か意味があるの??」
「特に意味はないけどホテルからここまでの距離が散歩に丁度いいかなと思って」
「そう、そうなの??……特別な意味はないのか……そうだよね」
愁いを帯びた言葉に反応することなく健啖ぶりを発揮して美味しそうに食べる健志に諦めの視線を向けた彩は食事に集中する。

「ホテルも満足したし、素晴らしい夜景を見ながらの食事も満足したよ、ありがとう……正直に言うと、何か足りないような気がするけど……明日はホテルをチェックアウトした処でお別れでしょう??」
「うん、ゴメン。朝一で仕事があるからね。埋め合わせは必ずするよ、それも近いうちに必ず。約束する」
「ほんとう??期待して待っている」

二人は互いの腰に手を添え、彩は健志の肩に寄り添うようにホテルに向かう歩道を歩く。
途中で営業中のバーの看板を見つけた健志は、
「23時過ぎか、何か飲みたいと思わない??」
「うん、久しぶりだし飲みたい。絡んでも知らないよ」
「彩に絡まれるなら喜んで受けるよ」
「ほんとうに分かってないんだ。絡む気にもならない」と、独り言つ。
彩はスプモーニ、健志はジントニックを飲んでカレンダーの日付が変わる前、ホテルへの帰路につく。

「大抵の女性はイベント好きでサプライズを期待しているのを知ってる??」
「そうなんだ、よく分からないけど」
「彩もそんな女なの。付き合い始めてそれほどの時間は経ってないけど、女だから期待したいこともあるよ」
「ふ~ん、憶えとくよ」
健志の顔を見つめた彩は、諦めの表情で乱暴にエレベーターのボタンを押す。
エレベーターを降りて、部屋に向かう彩は時刻を確かめて、
「すっかり、今日になっちゃった。今日は何の日かなぁ??健志は興味もないだろうけど」
ドアを開けた健志は先に入り、身体を壁に寄せて彩を部屋の中に誘導する。

「えっ、うそ……覚えていてくれたの??ありがとう」
部屋を出る時は何もなかったはずのテーブルは、秋のフルーツ満載のバースデーフルーツタルトとフラワーアレンジメント、シャンパンクーラーを用意して迎えてくれる。
花を守るように熊がいて、その手はカードを持っている。
「いいの??」
カードに目を止めた彩が問うと、健志はコクンと頷く。
誕生日おめでとう。彩の誕生日を二人で迎えられたことに感謝します……と、書かれている。
「どうしてかな??嬉しいのに涙が出ちゃう」
「喜んでくれたなら嬉しいよ。彩の期待するイベントサプライズになったかなぁ??改めて、誕生日おめでとう」
彩を抱きしめて頬を伝う涙を唇で拭い取り、瞼に舌を這わせて最後にチュッと音を立てて静かに離れる。
「彩は誕生日を一度だけど口にしたでしょう。今日、誘われたのはバースデーイベントを用意してくれたと思っていたのに素振りも見せない……見事に騙されちゃった」

部屋の灯りを消した健志はローソクに火を点けてと彩を促し、シャンパンのガスを上手に抜いて音を立てることなく開栓する。
シャンパンで満たしたグラスを捧げ持ち、ローソクの灯りに浮かぶ彩に向かって、
「彩と彩に会わせてくれた神様にこのシャンパンを捧げます。誕生日、おめでとう」
「ありがとう。密かに期待していたけど、予想以上の驚きだった」
シャンパンの生産地、シャンパーニュ地方でシャンパンの泡には幸せという意味があり、泡が下から湧き上がるのは幸せが永遠に続くと聞いたことがある。

ベッドで横たわる彩は下着まですべて脱がされて、身にまとうのは胸の膨らみが隠れるほど盛られたフルーツタルトと両足を固く閉じた股間をグラス代わりにしたシャンパン。
清楚な雰囲気を保って股間を守る恥毛がシャンパンで揺らめくのを見つめる健志は満足げな表情で、ズズズッと音を立てて啜る。
「アンッ、そんな……わざと下品な音を立てているでしょう??彩も飲みたい」
新たなシャンパンを注いで口に含み、口移しで注ぎ込むと、
「美味しい、ホテルで用意してくれたグラスよりも彩グラスの方が美味しいでしょう」と言いながら、羞恥で頬を赤らめる。
胸に塗られたマロンクリームを舐めると、彩もクリームが欲しいとねだり、膨らみの先端を飾る左右のラズベリーは彩と健志の二人で分け合う。
ラム酒漬けのイチジクや洋ナシも分け合いながら、乳房や割れ目の周辺に塗りたくったマロンクリームを口移しで彩に与えると、肌を這う唇や舌の刺激と自分の肌を食器代わりにする昂奮で次第に息が荒くなり目元が朱に染まる。

「もっといやらしい事をして欲しい……彩の身体で遊んでもいいよ」
「クククッ、じゃぁ、こんな事をしちゃうよ」
二粒のシャインマスカットを口に含んで股間に近付いていくと、彩の呼吸は益々荒くなり、声は震えを帯びる。
「彩はブドウを食べるの??ねぇ、下のお口で食べなきゃいけないの??ハァハァ、昂奮する」
膣口にブドウを押し付けて舌先で押し込み、二つ目も同じように挿入する。
「アンッ、彩の身体で遊ばれちゃう。彩は健志のオモチャなの??」
「そうだよ、彩の身体も心もすべてオレのモノだよ」
「うん、彩は健志の女。もっと遊んで、いやらしい事をされたい」
マロンクリームを彩の股間に塗り付けて所かまわずペロペロ、ジュルジュルと音を立てて舐め取り、シャンパンボトルを挿入して出し入れし、先端に付いたマン汁を舐め取り、バースデーキャンドルに再び火を点けて乳房に垂らす。
細いキャンドルの蝋は肌に触れても熱くないものの、こんな事をしているという行為に性的好奇心を刺激されて彩の我慢は限界に達する。
「入れて、健志とつながりたい」
正常位の体勢でペニスを押し付けてバギナに馴染ませ、腰を突き出すと、
「アァッ~、くる、くる、健志のモノが彩のアソコに入ってきた。気持ちいい」
「オレも気持ちいいよ。彩のマンコがオレのモノを包み込んでグニュグニュと中に引き込もうとする……クゥッ~、いい」

彩―隠し事 67

土曜日 露出-3   

「彩はもっと奔放で淫らな女だろ……」
心の奥に棲みつく悪魔の囁き声に魅了される彩は、股間をグリグリと突き上げる健志の右腿に合わせて下半身をくねらせ、剥き出しにされた尻を擦る右手の動きに身体を火照らせる。
太腿をくすぐる微風の心地良さと口腔を犯そうとして動き回る舌に翻弄されて息を荒げ、これまで隠してきた本当の彩が姿を現す時間が長くなり、関係が壊れつつあるとはいえ夫に対する罪の意識と淫らな享楽の狭間で表情を歪める。

少女は恋を知る事で女になり、愛する男が出来るとセックスの良さを知り、貪るようにセックスにのめり込むと成熟した女になる。
彩は初恋から数年で女になり、何人かの男を愛してセックスの悦びを知り、夫と巡り会って人生の伴侶を得たと思った。
思った……まだ結婚の失敗が確定したわけじゃないし、夫と同じ過ちをすればもっと寛大になれるかもしれないし、やり直しが可能になるかもしれない。
互いを労わり慈しみながら腕を組んで歩く老夫婦は美しいし、そんな自分を想像すると夫との明るい未来が脳裏をよぎる。

「目隠しをされたまま脱がされて悪戯されたい……今、ここで」
意を決したように話す彩の言葉は震えを帯び、それは決して不安を示すものではなく心の奥に潜む羞恥の快感に期待する
目隠しのハンカチとショーツの縁を指でなぞり、鼻梁に沿って指を這わせて唇を撫でると彩は舌を伸ばして絡め取ろうとする。
そうはさせまいとする指は首を撫で下りて鎖骨の窪みを擦り、胸の膨らみを鷲掴みして徐々に力を込める。
「ウッ、クゥッ~……ねぇ、彩はオレの女だ、誰も見るんじゃないって言って。好きな男のために生きたいと思うのも女だよ、惚れた男のためならどんな事でも堪えられるし、無茶を言われるも嬉しい……クゥッ~、痛痒いのがゾクゾクする」
「彩に変身するのはオレのためだろ、スケベでエロイ女に変身するのはオレのためだって事を忘れるんじゃないよ。オレが命令する事には、一切逆らうんじゃないよ、分かったね??」
「嬉しい、彩は健志の女です。健志の言葉には決して逆らいません」

仰々しく大袈裟に聞こえる言葉は、二人にとって未知の世界に一歩踏み出すための儀式であり、新たな劇を演じるために自分を鼓舞する言葉でもある。
彩は長い間、見知らぬ人に恥ずかしい姿を見られたいとか淫らで奔放な女に憧れていたけど実現する機会があるとは思っていなかった。
健志にとっても自分では女性に優しいと思いながらも心の隅に巣くっていた嗜虐心を満たす事につながりそうで精一杯の演技をする。

ジャケットを肩から滑らせて剥き出しにした左胸を手の平に包み込んで徐々に力を込め、目隠し越しでも分かるほど彩の表情が歪み、ウグッと声を漏らすと唇を重ねて口を封じる。
乳房を鷲掴みしてキスしたまま左手で手首の拘束を解くと、ハァハァッと息を荒げた彩は両手を健志の頬に添えて狂おしいほどに舌を躍らせる。
チュッチュッ、ビチャビチャッ……舌を擦り合わせて唾液を啜り、健志と一体になろうとする。
健志は離れ際にジャケットを掴んで抜き取り、彩はフロントボタンを一つだけ嵌めたスカートだけを身に着けて立ち尽くす。
胸の膨らみと股間を隠そうとして両手を動かすと、彩と叱声に似た声一つで動きが止まる。
「彩、スカートのボタンを外しなさい」
「はい……ハァハァッ……」
秘密の性感に火が点いた彩は気持ちが拒否すると身体が、身体が拒否すると気持ちが健志の命じる言葉に反応して唯々諾々と従う。
ボタンを外したスカートを掴んだまま背中を丸めて立ち尽くす彩は、健志と目が合うと俯いていた顔を正面に向けて凛として立つ。
「彩は、きれい??それとも可愛い??……まじまじと見つめられると恥ずかしい」
俯く事はなく、唇を噛んで顔を背けたり宙を睨んだりする彩が愛おしい。
「きれいだよ。街路灯が邪魔だな、人口の明るさじゃなく自然の灯り、月明りが大理石のようなネットリとした滑りを持つ彩の身体を照らすともっと神々しく見えるだろな」
「褒めすぎだよ。そんな風に言われると自分の身体に自信が持てて恥ずかしいと思う気持ちがどっかに飛んでっちゃう」

シャッ~……「いやっ、やっぱり恥ずかしい」
目の前の車道を車が走ると健志の身体に隠れるようにしがみついてブルブル震える。
「きれいって言ったのは取り消そうかな」
「えっ、彩はきれいじゃないの??きれいだ、可愛いって言ってくれたのは全部嘘なの??」
胸にしがみついたまま、わざとらしく声を震わす彩の髪を撫でて、
「きれいだけじゃ足りない。彩はきれいだけど可愛い、身体はエロイ……そういうことだ。証拠は彩の手の中にあるだろう??」
「健志の言葉は嘘を吐いても、チンチンは正直。彩の事をきれいで可愛くてエロい女って思ってくれているチンチンにご褒美を上げる」
しゃがみ込んだ彩は、チノパンのファスナーを下ろして宙を睨んでそそり立つペニスを取り出す。

彩―隠し事 66

土曜日 露出-2     

抱きしめていた彩から離れてジャケットと白い肌の境目をなぞると、アァッ~と長く尾を引く喘ぎ声を漏らし、乳房を擦り先端を摘まんでギュッと捻ると、ヒィッ~、気持ちいいぃ、もっと……と、艶めかし声が健志の耳をくすぐり下着の中のオトコが苦しいと抗議する。
チノパンの中に手を入れた健志はまとわりつく下着からペニスを解放して外に出さないものの楽な位置に置く。

ただ一つだけでスカートを守るボタンを指先で突いたり摘まんだりを繰り返し、今にも外すようなそぶりに堪えられなくなった彩は、
「ボタンを外さないで、お願い。目隠しされて何も見えないから怖い。足の震えが止まらないの、膝がガクガクして立っているのが辛い」
彩に近付き、これから起こる事を想像して楽しそうに頬を緩めて息を吹きかける。
「アンッ、いやっ……いつ人が通るかもしれない処で遊ばれるなんて、健志がこんな男だと分かっていたら……」
「分かっていたら、どうした??今更だけどオレの事を嫌いになるのか??」
「こんな事をされても好き……ほんとうは、こんな事をされたら、もっと好きになっちゃうよ……いいの??何度も言ったでしょう、健志に会う時は彩に変身している。彩は淫らな享楽に耽る奔放な女に憧れているの」
満面に笑みを浮かべて頬に手を添え、
「そうだと思っていたよ。彩の身体の奥で眠っている奔放さを解放する手助けができるといいな」
「彩はどんな事をされるの??どんな事をさせられるの??」
「そうだなぁ、感度を確かめながら考えようか??」

口を窄めて胸の膨らみの先端に息を吹きかけ、ウッと艶めかしい吐息を漏らすと、臍の周囲を吹きかけながら一回りして最後に窪みを舌先でつつく。
「ウッ、だめっ、健志に与えられる刺激を待ち遠しく思い始めている……やっぱり彩は変なのかな??」
「十人十色、色んな人がいるから新しい出会いが楽しみだし、みんな同じじゃ面白くないよ。彩に合えて良かったよ」
臍の窪みに吹きかける息は下腹部に移り、恥毛一本も守るモノのない割れ目を道端で健志の目に曝しているのだと思うとアソコがジュンと潤みを増して動悸が激しくなる。
「ねぇ、何をしているの??彩の事を見ているんでしょう??いやらしい彩の事を見ているんでしょう??いいよ、息を吹きかけても」

ヴィ~ンヴィ~ン……予期せぬバイブの振動で腰を落とし、唇を噛んで堪える彩は、
「ウッウッ、クゥッ~、ダメ、そんな事を急に……アァ~ン、いや、気持ちいいの」

先端が張り出した大振りなバイブに膣壁を押し広げられる圧迫感で股間への意識から逃れることが出来ず、鈍痛とも快感とも区別のつかない感覚でいる処に振動を加えられると、性感の発達した彩だけに一瞬にして色欲の情に支配される。
「彩、すごいよ……バイブの隙間から蜜がダラダラ滴り出てくる」
ニヤッ、笑みを浮かべた健志は上半身を隠す位置に戻ったジャケットを開いて下腹部を擦り、徐々に力を込めていく。
「えっ、嫌、やめて……そんなところを押されたたら、だめっ、漏れちゃう」
「帰るまで我慢するのは可哀そうだから出しちゃうか」
後ろ手に縛った手首はそのままにして柵に繋いだ拘束を解き、背後から抱きしめた彩の乳房を揉み耳元で、車から見えるようにもう少し前に進もうかと囁く。
「ハァハァッ……そんな恥ずかしいことは出来ない、許して」
「そうか、奔放で淫らな女に成長するのはゆっくりで仕方ないか。わかったよ」
乳房を擦っていた手が乳首を摘まんで転がし、ゆっくり引っ張ると表情が歪み、そのまま捻ると、グゥッ~と声が漏れて歯を食いしばって堪える。

胸の谷間から鳩尾を撫で下りて臍の縁をなぞり、下腹部を撫でる。
左右の手の平が剥き出しの下腹部を這い回り、温かく感じ始めたタイミングでゆっくりと押し込んでいく。
「彩、ウェストの括れと腰から太腿へのムッチリ感がたまらない魅力だけど、白い肌はねっとりと手の平に吸い付いて離れがたい魅力がある……彩は言ったよね。AV撮影を見学したらスカウトされたって、違ったっけ??」
「違わないけど、彩にそんな気はない。どこの誰とも知らない人がスケベな彩のセックスや縛られたりするのを見て昂奮のあまり独りエッチするのは想像するだけでドキドキするけど、愛を感じない人に抱かれてエッチな気分になるかどうか自信がないもん」
「会員制バーの営業時間後、客がエッチな気分になって自由恋愛で激しいセックスを楽しむ姿を見てオレに跨っただろ。何人かの男やレズに興味のあるママが物欲しげに彩を見ていたのを気付いたろ??」
「SMショークラブに独りで行って下着姿で縛られることもした。健志が上手に誘導してくれたら健志以外の男に抱かれちゃうかもしれない」
「オレの目の前で抱かれるのを見るのは辛いけど、彩が望むなら一緒にいるよ」
「うん。今はまだ、そこまでしたいのかどうか分からない。ゆっくり確かめながら歩くのに付き合ってくれる??……いやんっ、ダメ、そこを押されたら漏れちゃう、我慢できない……」

彩との会話に頬を緩め、肌を這う健志の手の平を吸いこまんばかりにネットリと接する感触に昂奮する気持ちを抑えて股間に伸ばした手でバイブを抜き取る。
ズボッ……ジュルッ……アウッ、いやんっ……音を立てて抜き取られたバイブが堰となって押しとどめていた蜜は溢れ出て太腿に滴り、その感触に彩は腰を引いて両足を蠢かす。
健志の手は容赦することなく下腹部を押し、ついに彩は屈服の声を漏らす。
「アウッ、クゥッ~……ダメ、出ちゃう。我慢できない、いぃの??漏れちゃうよ??笑っちゃ嫌だよ……ヒィッ~……アァ~、恥ずかしい。見ないで、音も聞かないで耳を抑えて」
シャァ~シャァッ~……いやぁ~、目を閉じて、見ちゃ嫌っ……ビシャビシャッ……健志は両手の親指を恥丘に添えて残る指で割れ目を開き、両膝で彩の膝の裏を突いて排尿が彩の身体に掛からないようにする。

いつ果てるともなく放尿は続き、目隠しをされたままの彩には確かめる術がないものの、歩道の植え込みのそばに跡が広がっていく。
「彩、しばらく腰を突き出してガニ股のまま立ってるんだよ。自分のモノでもオシッコでムッチリアンヨを汚したくないだろ」
放尿の後始末をした健志は手首の拘束を解き、ガクガクと両足を震わせる彩を抱きしめて、
「見ているだけで昂奮したよ……可愛い」
両頬を挟んで唇を重ね、スカートを捲り上げて剥き出しにした尻を擦り、両足の間に右足をこじ入れて股間に押し付ける。
「ハァハァッ……健志といると彩の心の奥に棲みついていた悪魔の声が耳元で囁くの。彩はもっと奔放で淫らな女だろって……」
プロフィール

ちっち

Author:ちっち
オサシンのワンコは可愛い娘です

アッチイのは嫌
さむいのも嫌
雨ふりはもっと嫌・・・ワガママワンコです

夜は同じベッドで一緒に眠る娘です

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード