FC2ブログ

M 囚われて

囚われて-57

壁越しに振動を伝えるローターに負けまいとアナルを犯す指の動きは激しさを増し、ピクピク震えながら耐えていた詩織はついに、がっくりと首を折る。

「満足した??」
顔を覗き込み穏やかな声で話しかける忍が目の前にいる。
ウンッ・・・声を出す余裕もなく口元を緩めて頷いた詩織の額に唇を合わせて、「私の指で逝ってくれたの??・・・アナル快感の世界にようこそ。しばらく休みなさい」
「お尻で逝っちゃうなんて・・・笑わない??・・・あのね、お願いがあるんだけど・・・」
「な~に、私に出来る事なら・・・」
「う~ん、忍にはムリ・・・お尻にチンチンを入れて欲しいの」
「えっ、それは、この人次第だけど・・・どうしたの、私の指で満足したんじゃないの??」
「忍は言ったでしょう、お尻にチンチンを入れるって・・・今なら我慢できるかもしれないけど、時間を置くと怖い・・・だから、どうせ入れられるなら、今が・・・今なら堪えられる気がするの・・・」
「・・・だ、そうよ・・・どうする??」
「ふ~ン・・・詩織が望むなら、私に異存はないよ。可愛い詩織の初アナルを頂けるんだから・・・処女喪失の瞬間に立ち会える。しかも奪うのは・・・断る積りはないよ」
「アナル処女喪失・・・ウフフッ、もう一度、腿を抱えなさい。解してあげる」

バギナに飲み込まれたままの二つのローターはスイッチを切られて振動は止み、
コンドームで包んだ指二本で頂きに達したアナルは改めて解す必要がないほどの綻びを見せ、清楚で可憐な姿を消して暴発寸前まで高まった性感を見せつける。
会陰部からアナルまで二度三度と指が這い、焦れた窄まりが直接的な刺激を求めてヒクヒク息をして、抱え込んだ腿の裏側が赤みを帯びて震えはじめると皺の数を確かめるかのように、ゆっくり円を描いて撫で擦る。
「ハウッ、アッアァ~ン・・・何をされるの??怖い・・・アッ、アンッ、漏らしちゃいそうなほど興奮する・・・」
期待と興奮で目を爛々と輝かす詩織は、顔を上げて見えるはずのないアナルを覗き込もうとする。
「クククッ・・・見える??入れるよ・・・指を入れて欲しくてムズムズしてる尻の穴にね」
指が窄まりの中心で動きを止めると、詩織の表情は不安からくる苦痛を宿す。
ハァハァッ、痛くしないでね・・・ヌプッヌプッ、ジュルジュルッ・・・淫靡な音と共に指は窄まりに没し、詩織の表情は苦痛から解放されて穏やかなものになり、乾いた唇に舌を這わせて不安を冷ます。
指はゆっくりと出入りを繰り返し、小さく円を描くようにして入口を十分に解す。アナルの奥が緊張を解き、締め付けを緩めて空洞になったような感触を指に伝える。
「充分に解れたようね、詩織の受け入れ体制は整った・・・後はあなた次第、本来は出口のアナルに入れるのだから十分に勃起してないとムリだよ。舐めてあげようか??」
「いやっ、忍は舐めちゃダメ。私が大きくするの・・・ここへ来て。オシャブリさせて・・・」

詩織のそばで横たわった男の股間に手を伸ばして上半身を捻り、硬度の落ちたペニスを口に含む。
ジュルジュル・・・余裕を見せていた詩織の表情が苦しげなものに変化して、ペニスが十分に興奮状態になったのを確認する。
「ハァハァッ・・・すごい、大きくなった。私のお口で大きくなってくれた」
ヌチャヌチャ、グチャグチャ・・・ズボッ・・・それを見た忍は指の動きを激しくさせて、最後に一度、深く突き入れて、ズボッと音を立てて引き抜く。
アナルは閉じることなく可哀そうなほど開き、覗き込めば内臓が見えるのではないかと思うほど暗い空洞を晒す。
男は忍と場所を替わり、摘まんだペニスとアナルにローションを垂らして仰向けで横たわる忍に近付く。
「ハァハァッ・・・怖い。初めてだから優しくしてね・・・」
腰を突き出して窄まりに当てたペニスを擦って馴染ませ、
「詩織・・・入れるよ。息を吸って・・・吐いて。ゆっくりだよ、もう一度」
二度目の息を吐くタイミングに合わせて腰を突き出すと、先端があっけなくアナルに没してしまう。
「アワワッ、ウググッ・・・きつい。入ったの??全部入ったの??・・・ウッ、動かさないで・・・きついの」

「詩織、見えるよ。おっきいのが詩織のアナルに入ってる・・・根元までズッポリ入れて欲しいの??急にはムリだよ、ゆっくりね。この人に任せとけばいいから」
詩織の頬に手を添えて髪を撫でると、きつそうな表情が姿を消して満足げに笑みを浮かべる。
その笑みは羞恥を宿してぎこちなく、自然と視線を外して顔を背けて目を閉じる。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ちっち

Author:ちっち
オサシンのワンコは可愛い娘です

アッチイのは嫌
さむいのも嫌
雨ふりはもっと嫌・・・ワガママワンコです

夜は同じベッドで一緒に眠る娘です

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード