FC2ブログ

M 囚われて

囚われて-55

ニュルニュル、グジュグジュ・・・アウッアワワッ、クゥッ~・・・ドロドロに蕩けきったバギナを出入りする忍の指は、溢れる蜜に絡んで淫靡な音を奏でる。指に押し付けるように腰を突き上げ、意味不明の喘ぎ声を漏らす詩織の目は吊り上がり、本来の清楚な美しさが姿を消して悦楽のためなら全てをかなぐり捨てる覚悟が芽生えたように見える。
「入れて・・・お尻に指を入れて、浣腸までされたのに、このままじゃ嫌っ・・・」
「クククッ・・・アナルを可愛がって欲しいの??ウンチを出す穴だよ、何かを入れるところじゃないよ。良いの、入れても??」
「いじわるっ、お尻の穴が気持ち良い事を教えたのは忍なのに・・・早く、早く入れて・・・」

バギナに右手を挿入したまま詩織の腰に枕を差し入れ、窄まりにローションを垂らして左手の指で馴染ませる。
クチュクチュ、ヌチャヌチャ・・・指先が割れ目を上下してローションを伸ばし、窄まりの周囲を這い回るとヒクヒクと息をするように蠢き、乳白色の下腹部を上下させながら息を荒くする。
「入れるよ、詩織・・・」
ニュルッ、グググッ・・・ニュルッといやらしい音をたてて指はアナルに吸い込まれていく。
膣口に沈めた右手とアナルに挿入した左手を互い違いに出入りさせるという単純な刺激を繰り返す。
「アウッ、ウッウッ・・・すごいの、やめて・・・ヒィッ、もっと奥まで・・・」
詩織は意味不明の言葉を漏らしながら身悶えて上半身を仰け反らせ、白い喉を見せて唇を噛む。
薄い膣壁を通じて二つの穴を出入りする指がこすれ合い、経験したことのない刺激に耐える術もなく禁断の快感に身を委ねる。

バギナに挿入した右手を抜き取った忍は、見せつけるようにしながら中指と人差し指の二本を重ねてローションを垂らす。
「分かるでしょう・・・この二本の指をどうすると思う??答えなさい」
「いやっ、こわい・・・許して、指は二本もお尻に入らない。壊れちゃう・・・」
答える声は上擦り、股間を覗き込もうと精一杯、顔を持ち上げる。
「ウフフッ・・・そうなの、オマンコを可愛がってあげようと思ったのに、詩織はアナルを犯して欲しいんだ、二本の指で・・・良いよ、息を吐いて力を抜きなさい」
ハァハァッ・・・フゥ~フゥッ~・・・グニュグニュ、ズブッ・・・アワワッ、ヒィッ~、壊れちゃう・・・期待と興奮で荒い息をする口を尖らせて息を吐くと身体の緊張が一瞬ほぐれ、二本の指が窄まりを押し広げてアナルに侵入する。
「ヒッ、ヒィッ~・・・ウググッ、そっ・・・そんな奥まで・・・アワワッ、壊れちゃう、裂けちゃうよぉ~・・・ウググッ」

忍はアナルに二本の指を飲み込んで動く事もままならず、ヒクヒク息をする窄まりに指が馴染むのをじっと待つ。
アナルの奥がうねり始めたのを感じた忍はゆっくりと指を蠢かす。ピストン運動をするわけではなく、重ねた指を開くのでもなく、動いているのが感じられない位ゆっくりと蠢かす。
「アッアッ、あぁ~ン・・・いやっ、動いてる。指なの??何だか分からないけど動いてる・・・いっ、いやぁ~ン・・・」

「詩織、嫌な事は嫌って言うんだよ。我慢する事はないからね・・・指を二本入れても大丈夫??・・・そう、大丈夫なのね。じゃぁ、これは??」
重ねて挿入した指先を僅かに動かしても平気なようなので、ほんの少し引き抜き、そのまま根元まで押し込む。
乳首を愛撫していた男がローターを手にしてクリトリスを刺激する。
ヴィ~ンヴィ~ン・・・「アウッ、アワワッ、なに、何??・・・だめっ、クゥッ~・・・気持ちいぃ」
クリトリスに与えられる快感で身悶える詩織にとどめを刺すようにアナルを犯す指が大胆に出入りする。
「詩織、どこが気持ち良いの??」
「ローターが・・・クリをローターで苛められるのが良いの・・・ウググッ、すごい」
クリトリスが気持ち良いと言う詩織に嫉妬した忍は指を引き抜いてしまう。
「アウッ、クゥ~・・・だめっ、どうして??・・・お尻、お尻が良いのに・・・」
「あら、そうなの??クリトリスが良いって言うからアナル苛めは嫌いかと思った・・・」
「あぁ~ん、いじわる・・・お尻を苛められながらクリを可愛がってくれるから良いの・・・お願い、お尻を苛めて・・・早くッ」
「詩織のお願いだから、苛めてあげる・・・想像してごらん。見知らぬ男や女たちに囲まれた中でアナルを責められて身悶える姿を・・・嫌らしい男や女の視線に恥ずかしい姿を晒して逝っちゃうんだよ・・・想像できる??」
「ハァハァッ・・・だめっ、そんな事は出来ない。恥ずかしすぎる・・・忍たちが相手だから気持ち良いの。知らない人になんか見られたくないし想像もしたくない」
言葉の罠にはまり、追い詰められている事を詩織は気付いていない。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ちっち

Author:ちっち
オサシンのワンコは可愛い娘です

アッチイのは嫌
さむいのも嫌
雨ふりはもっと嫌・・・ワガママワンコです

夜は同じベッドで一緒に眠る娘です

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード