FC2ブログ

M 囚われて

囚われて-54

同性の身体を扱い慣れた忍の愛撫はツボを外すことなく執拗に続く。
詩織の反応を確かめるように指先がゆっくりと這い回り、その後を温かくて柔らかい舌と唇がネットリと愛撫する。
忍の手は肌から離れることなく刺激を続け、詩織が喘ぎ声を漏らすと同じ場所を焦ることなく、意識してゆっくり優しく愛撫する。別れたばかりの男は、詩織が反応すると刺激が強くせっかちになり、そうじゃない、今までと同じく優しく愛撫を続けて欲しいと思った事が何度もあった。
男性と違い細くて柔らかな手の平や指が肌を這う感触が心地良い。
女性に愛されるのが初めての経験で不安も残っていたが、今は芽生え始めた妖しいときめきに身体の火照りを止めることが出来ない。

焦らすのではなく、詩織の反応に合わせてゆっくりと這い回る指や舌に与えられる刺激で身体の芯が熱くなってくる。
一度火が点いた身体は些細な愛撫にも反応し、地下室でのような痴態を晒すまいとする詩織は指を噛んで堪え忍ぶ。
ウッウッ、アンッ、いやっ・・・心が拒否しようとしても、疼きが限界に達した身体は愛撫に屈服し、口に含んだ指の間から自然と甘い吐息が漏れる。
ンッンッ、クゥ~、いいの、そこ、そこッ・・・気持ちいぃ~・・・抵抗しながらも快感の淵に追いやられると、堰が切れたように間断なく喘ぎ声が漏れ始めて白い肌が朱に染まる。

優しさを込めた視線が近付いてくる。
興奮で乾いた唇に舌を這わせて滑りを与え、胸が張り裂けそうなほどドキドキする鼓動を隠して見つめ返すものの、心の内を探るような視線に気圧されて顔を背けて瞳を閉じてしまう。
「どうしたの??恥ずかしいの??・・・怖くはないでしょう??」
静かな声が心に染み入る。
忍の手が頬を撫で、額に掛かる乱れ髪を整えてくれる。
見つめられる瞳の眩しさに耐えられなくなり、顔を背けると男の視線が絡んで気持ち良いかいと問いたげに眉をそびやかす。
男に焦点の合わない視線を向けたままの詩織は口がしどけなく開き、アッ、アンッ、と男の股間をくすぐる艶めかしい吐息を漏らす。
覆い被さった忍は脇腹を撫でながら耳元で、
「感じてる姿を見てもらって嬉しいの??詩織の身悶える姿を見れば、この人も興奮する・・・これ以上はないほど大きくなったチンチンでお尻の穴を可愛がってもらえるわよ・・・嬉しい??興奮するでしょう??」
「アウッ、うそ・・・そんな事・・・そんな事は期待してないのに・・・」
やっとの思いで言葉を絞り出してアナルを犯される姿を想像し、瞳を閉じて半開きの唇から、アァッ~ン・・・と、甘く切ない吐息が長く尾を引く。

糸屑1本とて身に着けずに白い肌を晒す忍は股間の陰りで詩織の腿を擦る。
「気持ち良いでしょう??・・・女の身体は指や舌、オマンコだけじゃなくマン毛や髪の毛一本に至るまで武器になるし性感帯にもなる・・・詩織は私の前で全身が性感帯となるの」
耳元で囁く忍の声が頭の中で響く。
言葉の愛撫が全身を熱くさせ、手の平や指、唇や舌、忍の身体が上下すると垂れた髪の毛さえもが肌を撫でて得も言われぬ快感を与えてくれる。
アッアッ、イヤッ、アッアァ~ン・・・男に与えられる愛撫と違い、どこまでも優しく柔らかな感触に蚊の泣くような切ない吐息を漏らす。

アンッアンッ、ウッ、クゥゥッ~、もっとぉ~・・・決して急ぐことのない優しい愛撫に詩織はじわじわと昇りつめていき、手と足が忍の身体に艶めかしく絡みつく。
それは見つめる男の視覚を刺激し、思わず窓外の景色に目をやると淫靡な喘ぎ声が聴覚をくすぐり、我慢が限界に達して忍に確かめる事もせずにベッドに上がる。
「クククッ・・・詩織。詩織のエロッポさに我慢できなくなったようよ。二人で可愛がってもらえるなんて幸せな女ね、詩織は・・・」
「あぁ~ン、色っぽいの??私はエロいの??・・・二人に責めてもらえるなんて・・・ねぇ、キスして」
静かに目を閉じると男が覆い被さり、温かい唇を押し付けられて、やがて舌が口腔で蠢き始める。
アンッ、ウッウッ~・・・二人の舌が絡み、口の中でダンスを始めると下腹部を撫でていた忍の指が割れ目の周囲を擦り、唐突に膣口に侵入する。
ウグッ、アワワッ、クゥッ~・・・ヒィッ~・・・キスをしながら侵入した指に秘部を掻き回され、くぐもった声を漏らした詩織は男の指が乳首を摘まむと悲鳴にも似た歓喜の声を漏らす。

忍は秘部に挿入した指をピストン運動させたり膣壁を掻いたりと、先ほどまでの優しくゆっくりとした愛撫を忘れたかのように激しく刺激する。
「ウググッ、きついっ・・・二人で責められると・・・ヒィッ~、いやっ、すごいの・・・イヤッ、イヤッ、やめて、そこは、イヤッ・・・」
「詩織、本当に止めても良いの??・・・答えなさい」
「・・・アンッ、弄って欲しい・・・後ろの穴も苛められたい」
「後ろの穴じゃ解らないでしょう・・・何の事なの??」
「忍は意地悪・・・お尻を、お尻の穴を苛められたいの・・・」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ちっち

Author:ちっち
オサシンのワンコは可愛い娘です

アッチイのは嫌
さむいのも嫌
雨ふりはもっと嫌・・・ワガママワンコです

夜は同じベッドで一緒に眠る娘です

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード