FC2ブログ

M 囚われて

囚われて-45

ウッウッ、イヤッ、アウッ、アァ~ン・・・忍の手と唇が肌を撫で、舌が産毛を逆立てるような精細なタッチで這い回ると、詩織は手で口を覆って押し殺した喘ぎ声を漏らす。
視線は眠ったままに見える男に注がれ、声を漏らすまいと手を噛んで耐える。
「気になるの??この人に聞かれないようにベッドルームに行く??・・それとも地下へ行く??声を聞かれないのは地下室だけど、どうする??」
「いじわる・・・どうせ、忍は私を苛めてよがり声を出させたいんでしょう??・・・地下室へ連れて行きたいなら、そう言いなさいよ」
開き直ったような蓮っ葉な言葉遣いになっても瞳は熱を帯びて爛々と輝き、しきりに唾を飲み、舌を唇に這わせる。
「クククッ、なんか勘違いしているようね、私が詩織を苛めるわけはないでしょう。地下室に行くのは止めとこうか・・・」
焦る様子もなくワインクーラーからボトルを取り出し、ワインをグラスに注いだ忍は、詩織も飲む??と、問いかける。
「喉が渇いたから飲みたい」
飲ましてあげると言い、口移しに飲ませて、舌を挿入しながら乳房を揉む。
「アンッ、そんな事・・・気持ち良くなっちゃう」
「そうなの??じゃぁ、止めてあげる・・・私も飲むね。グラス代わりに詩織の肌を借りるよ」

シャツを大きく開いて胸と腹を露わに晒し、忍の指が胸の谷間から鳩尾を経て下腹部へと撫で下ろす。
「せっかくの美味しいワイン、飲むなら相応しいグラスを使わなきゃね・・・詩織、動いちゃダメよ」
ハァハァッ・・・期待と興奮で息を荒げる詩織は胸と腹部を激しく上下させる。「ダメッ、自然と身体が・・・勝手に動いちゃう」
「そうなの、しょうがないね・・・大きく息を吸って、そう・・・吐いて・・・吸って・・・吐いて、どう??少しは落ち着いた??」
うん・・・ワインのせいだけではなく朱に染めた顔でコクンと頷き目元を緩めて見せる。
グラスを傾けてワインを胸の谷間に滴らす。
「イヤンッ・・・冷たい。ウフフッ・・・舐めて、私の身体にワインは似合う??」
「似合うよ。濃厚な赤が熟女の色気なら、良く冷えた辛口の白はエレガントな詩織のようだよ」
チュルチュルッ・・・胸の谷間に垂らしたワインは臍の窪みに水たまりを作り、忍は音を立てて舐め取る。
ナメクジが這った後のようなワインの跡を舌は舐めあがる。
クククッ、くすぐったい・・・我慢しなさい

グラスのワインを詩織の身体に垂らして飲み干した忍はボトルを手に取って詩織の目の前にかざす。
「少しだけ残ってるでしょう・・・オマンコグラスで飲んでみようかな??」
「えっ・・・大丈夫なの??酔っぱらわない??」
「大丈夫だよ。アナルは吸収するかもしれないけど、オマンコはそんな事はないでしょう・・・飲んでも良い??」
「う~ん・・・怖い・・・良いよ、いやだって言えばすぐに止めてよ」
「分かった・・・じゃぁね、ソファの肘掛を支えにしてオマンコを天井に向けてみて・・・」
これで良いの??・・・と言う詩織は肘掛で腰を支えて手を添え、足と共に股間を宙に向けて顔を赤く染める。
それは羞恥のためなのか、興奮からなのか、あるいは足よりも頭を下げているためなのか詩織本人にも分からない。
「クククッ、恥ずかしい恰好を平気でするんだね、詩織は・・・私が思っているよりも、もっとエッチでスケベ」
「イヤンッ、苦しいんだから早くして・・・からかってばかりだと、止めちゃうよ」

前日、恥毛を剃ったばかりの股間は薄っすらと無精ひげのような黒いものが見え、指先を這わせるとチクチクするような感触がある。
「ここをきれいなツルツルしなきゃね。だらしなく思われるのは嫌でしょう??」
ソファのそばに蹲った忍は割れ目の上部にワインを垂らし、流れ落ちてくるのを鳩尾の辺りで舐め取る。
「ねぇ、美味しい??グラスで飲むより美味しいの??」
抑えきれない好奇心と興奮で上擦った声を忍に向ける。
「美味しいよ・・・詩織グラスでワインを売れば大儲けできそう・・・」
ボトルの底にわずかに残ったワインは、指を添えて開いたバギナに流し込む。
「全部、一滴残らず飲んでくれなきゃ嫌だよ」
ソファの背と忍の肩に手を突いて支えとする詩織は、ゆっくりと身体を起こし立ち上がる。
膝を閉めて太腿をこすり合わせるようにしてワインが滴り落ちないように気遣う様は滑稽に見えるが、詩織は唇を噛んで必死の形相になり、薄目を開けて見る男は笑いたくなるのを必死に我慢する。

忍は仰向けに寝転び、詩織はワインを零さないように内股になって顔を跨ぐ。
「飲んで・・・」羞恥と興奮で詩織の声は裏返る。
「うん・・・飲んだ後はマンコグラスの中を舌できれいにしてあげる」
ハァハァッ・・・チュルチュルッ、ジュルジュル・・・アンッ、アワワッ、気持ちいぃ・・・・・
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント