FC2ブログ

おとぎ話

膝枕-6

指を添えて大陰唇を開くとオレを誘う妖花の奥から花蜜がしとどに溢れ、ズズズッと音を立てて吸うと快感を耐えきれずに両方の腿で上半身を締め付ける。
「気持ち良くなってくれているんだよね・・・ここを舐めると、どうかな・・・」
小陰唇が作る溝を舐めて甘噛みし、顔を左右にブルブル振る。
「イヤンッ、ビラビラをブルブルされると千切れちゃうよ・・・気持ち良いけど・・・」
指を添えて溢れ出る蜜で濡れそぼつ膣口を開き、舌を挿入する。
「ウッ、ウッ・・・どうして??舌が出入りすると鼻がクリをクチュクチュする・・・アンッ、中もクリも良いの・・・」
「美緒の感度が良いからだよ・・・気持ち良くなってくれて嬉しいよ」
舌を二度三度と出入りさせ、膣壁を擦るように舐め上げてそのままクリトリスまでベロっと舌を這わせる。
クリトリスは包皮を押しのけて固く尖り、オレの口の中でますます勃起する。
クリトリスの周囲を舌がなぞり、舌先がツンツンと先端を叩く。
甘噛みすると美緒は白い喉を見せて仰け反り、温かい息を吹きかけるとオレの髪を精一杯の力で掴む。
アウッ、アンッ、いいの・・・ンッ、クゥッ~、いやぁ~ン、気持ちいぃ・・・喘ぎ声が間断なく漏れ、美緒の上半身は薄っすらと滲む汗で滑りを帯びる。
「もうダメ、入れて・・・我慢できない・・・」

「入れるよ・・・力を抜いて」
仰向けで横たわる美緒の両脚を開いて立てさせ、オレはペニスを掴んでバギナに押し当てて擦り、十分に馴染ませてゆっくりと腰を突き出していく。
「ウッ、ウゥゥッ~・・・アワワッ、くるくる、入って来る・・・ウッ、きつい・・・」
美緒の首に手を回して抱きかかえ、唇を重ねる。
二人の唇の間を唾液がつなぐほど濃厚なキスをして離れると上気した表情で、
「優しくして・・・久しぶりだから」
好きという事も出来ずに優柔不断に時を過ごし、ようやく思いを遂げたオレは激しく動きたくなる衝動を抑えて股間を押し付け、円を描くようにゆっくり腰を動かす。
「美緒のここは温かくて気持ち良い・・・んっ??美緒、動かしてる??」
「何もしてないよ・・・気持ち良いの。私のアソコがあなたを包み込むようにしているのを感じる」
「そうだよ、包み込むだけでなく、壁がヤワヤワと蠢いてオレのを刺激するんだよ・・・たまんないよ」
「ウソ・・・何もしてないよ・・・アワワッ、また・・・いぃの」

正常位で美緒に挿入したオレは右手で左腿を抱きかかえ、恥骨をぶつけるようにして結合を深くしながらゴリゴリと擦りたてる。
「クゥッ~、すごい・・・激しくされてないのにすごいの・・・こんなの初めて・・・キスして、キスしたい」
腿を抱いていた右手で乱れ髪を整え、じっと見つめて唇を近付ける。
今にも泣きそうな顔でオレを見つめ返した美緒は、唇が近付くと目を閉じ両手をオレの背中に回して抱き寄せ、足はオレの胴に絡みつく。

美緒の両脚を伸ばしてオレの両脚で包むようにし、股間を押し付ける。クリトリスを刺激される美緒は表情を歪め、
「アウッ、アワワッ・・・逝っちゃう、逝ってもいぃ??・・・クゥッ~、我慢できない・・・」
「オレも逝くよ・・・出ちゃうよ・・・逝くよ」
「いいよ・・・一緒だよ、イックゥ~・・・」

満足してぐったりと弛緩した美緒は力なく横たわり、恥ずかしそうに顔を背ける。
美緒の顔にかかる乱れ髪に手櫛を入れて軽くキスをしたオレは、意識して飛びっきりの笑みを浮かべる。
「いやだ、余裕綽々に見えて感じ悪い・・・お前を逝かせてやったぞ、気持ち良かったかって・・・」
「えっ、誤解だよ。そんなこと思ってもないよ・・・本当に気持ち良くて、満足したんだから」
「ウフフッ、冗談。ごめんね・・・あなたに抱かれるのが夢だったけど、間違いじゃなかった・・・ねぇ、いつでもいいから、また・・・ねっ、いいでしょう??」
「いつでもって、そんなで良いの??オレなんか毎日ベッドを共にしたいと思ってるのに」
「えっ・・・うん、私も・・・幸せ。もう少しこのままで居て。キスして・・・キスが大好きなの」
「あぁ、何度でも・・・美緒が勘弁してって言うまでキスをするよ」

クククッ・・・突然、顔をくしゃくしゃにして美緒は笑い出す。
「どうした、感じ悪いよ。思い出し笑いなんかして・・・」
「ごめん、満足したら突然、アキちゃんの言葉を思い出しちゃったの・・・おかしくて我慢できない・・・ねぇ、聞いて」
「あぁ、いいよ・・・何だって??」
「アキちゃんが付き合ってる人なんだけど、セックスの途中、愛撫でも挿入した後でも気持ち良くなって、もう少しって思うと突然激しくなったり体位を替えたり落ち着かないんだって・・・傷付けちゃ悪いから、激しいのが好きだって言うと、最近ますます酷くなったんだって」
「何か分かるような気がするな・・・精一杯の優しさの積りなんだろうな??」
「そうらしいの、それが困るって・・・セックスの行き違い以外は理想の男なんだけどって悩んでるみたい・・・どうしたらいいと思う??」
「分かんないよ、そんな事・・・激しくなるとか体位を変えるなって思った時に、これが好い、ゆっくり続けてって言えばどうなんだろう??」
「そうだね、今度、愚痴ったら、そう言ってみる」
「責任持たねぇぞ・・・」
「うん、分かってる・・・私が久しぶりだって言ったから静かに抱いてくれたんでしょう??次は、バスルームで私の手を掴んで壁に押さえつけたでしょう。あんな激しいのをして・・・ダメッ??」
「好いよ、激しくって腰が抜けても知らねぇぞ」
「いやぁ~ん、そんな事を言うから濡れてきちゃった・・・終わったばかりなのに・・・ねぇ、舐めても良い??」


                                                            <<おしまい>>
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント