FC2ブログ

おとぎ話

膝枕-5

唇を合わせて何度もつつき合い、互いの気持ちがこれ以上ないほど昂ぶったのを確かめて舌を絡め唾液を交換するような濃厚なキスをする。
舌が出入りして重なり合い、相手の舌の周りを踊るように擦り合う。
ハァハァッ・・・ブチュブチュッ・・・ウッウゥ~ン・・・ほんの少し離れて見つめ合い、瞳の奥に潜む愛を確かめて再び唇を重ねる。
「ハァハァッ・・・だめっ、逝っちゃいそう・・・あなたに抱かれるのを待ち過ぎたみたい、どこに触れても気持ち良いの・・・」
「オレもだ・・・舌が柔らかな唇を割って押し入る時は、オマンコに挿入する時はこんな感じかなぁって想像するよ」
「クククッ、エッチ・・・いやらしいあなたが好きよ・・・もっと、可愛がって・・・おねがい」
赤く染まった瞳が挑むようにオレを見つめ、喘ぐように話しかけてくる。

片方の乳首を口に含んで舌先で弾いたり転がしたりしながら、もう片方の乳輪を指でなぞり焦れた美緒が突き上げるように催促するのを待って二本の指の間に挟む。
アウッ、イィ・・・乳首を挟んだまま乳房を揉みしだき、口に含んだ乳首を甘噛みする。
「クゥッ~・・・気持ちいぃ、痛痒いのが良いの。アソコが寂しがってる、可愛がってって言ってるよ・・・」
焦れたように下半身を蠢かして股間への愛撫を催促する。

乳首を摘まんでいた手は脇腹を撫で下りて成熟した女性らしく張り出した腰から腿を撫で、唇と舌は舐めたり息を吹きかけたりしながら恥丘に至り、開いた口に頬張って甘噛みし、恥毛を噛んで引っ張る。
「アンッ、遊ばれてる、そんなに強く引っ張られたら抜けちゃうよ・・・そこを噛まれても気持ち良い、どこでもあなたが触れたところが私の性感帯」
「フフフッ、すごいね。美緒は全身が性感帯なんだ・・・どこを愛撫しても感じてくれるから嬉しくなっちゃうよ」
「イヤンッ、知ってるくせに。あなたが上手なの、私の身体はあなたをずっと待っていたんだから・・・」

鼠蹊部を撫でるとバギナへの愛撫を期待する美緒は自らの手を腹部に伸ばし、その手がおずおずと股間に向かおうとする。
手を見つめて視線を合わせると、手が勝手に動いちゃったのと可愛い事を言って腰の下に入れて身体で押さえ動かないようにする。
「美緒は良い子だよ、邪魔しないように手をどけてくれたんだ・・・」

アウッアンッ、ウッウッ・・・手の平で膝裏を撫で、指が脹脛からアキレス腱の辺りを揉むと美緒の口から気持ち良さげな吐息が漏れる。
足指の付け根を揉み。指の間にオレの指を絡ませて内腿に舌を這わせると、
「アンッ、くすぐったい・・・アハッ、気持ち良くなってきた」
予期せぬ快感を堪える美緒は足首を蠢かして、腰の下に入れていた手でオレの髪を掴む。
足指を揉み甲も揉む。脹脛から膝裏を経て内腿に指や爪を這わせながら時に強く摘まみ、唇と舌は腿の付け根から鼠蹊部を刺激する。
鼠蹊部を伸ばした舌でベロ~ンと舐め上げて指を会陰部に伸ばし、何度か行き来させて窄まりに近付くと尻の割れ目を窄めて触られるのを嫌がる素振りを見せる。

再び内腿の付け根付近をサワサワと擦り、鼠蹊部に指を這わせて舌がなぞりチュッと音を立てて吸ってみる。
「うぅ~ン、気持ちいぃ・・・もっと強く吸って・・・あなたが私を可愛がったっていう印をつけて・・・」
「どこに付けようか??・・・腿の付け根に付けちゃおうか??」
内腿の付け根付近に吸い付き、チュッ~と音を立ててキスマークを付ける。
「しばらく、オレ以外の男に身体を開けないな・・・」
「えっ、怒るよ、そんな事を言うと・・・あなた以外の男に気を惹かれる事なんてないよ」
「ごめんね、つい・・・言っちゃいけない事を口にした、本当にゴメン」
「うん・・・むきになってゴメンネ。あのね・・・いぃ、今は何も言わない」

「美緒、すごい事になってるよ・・・気付いてるだろう??」
「イヤンッ、そんな事は言えない・・・恥ずかしい」
股間で上下に伸びる1本の筋。綻びはしどけなく開いて朝露に濡れた薔薇のように華やかに咲き誇り、妖しい香りの蜜を滴らせてオレを誘う。
真っ赤な花弁で視覚を刺激され、魅惑の匂いで臭覚を刺激されるオレは溢れ出る蜜を味わいたくなるのを耐えて、大陰唇に指を添えてパクパクと開いたり閉じたりを繰り返す。
「イヤンッ、遊んじゃ嫌だ・・・舐めて・・・グチャグチャといやらしい音がするほど舐めて欲しい」
割れ目を大きく開き、芳しい香りと妖しく華やかな花弁に我慢できず、むしゃぶりつくように口に含むと、ウッと言う声と共に身体を硬直させてオレの髪を引っ張る。
「ごめん、痛かった??・・・つい興奮しちゃった」
「いいの。愛撫ロボットに相手されているんじゃないから、感情をさらけ出されると嬉しい」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

ちっち

Author:ちっち
オサシンのワンコは可愛い娘です

アッチイのは嫌
さむいのも嫌
雨ふりはもっと嫌・・・ワガママワンコです

夜は同じベッドで一緒に眠る娘です

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード