FC2ブログ

おとぎ話

膝枕-2

そうだ、そんな事があった・・・
仰向けの姿勢を反転し、ママの太腿に顔を擦りつけた。
「いい匂いがする・・・なんか懐かしい」
「くくくっ・・・そりゃそうよ、懐かしいはず。柏木さんの頭の匂いよ」
そうか、オレは自分の頭の匂いに催しそうになったのか。

オレはソファに座りママを立たせる。
上半身をプレスの効いた白いブラウスで包み、真っ赤なキャミソールとレースショーツ、黒いバックシームのストッキングを赤いガーターで留めている。
「そんな色っぽい恰好をスカートで隠していたの??」
「フフフッ、ばかね・・・膝枕をするためにショーツとストッキングのお色直しをしたのよ・・・」
「ウッ・・・それはどうも」
相変わらず、好きな女を前にして間の抜けたことしか言えない自分が歯がゆい。
「何か飲む??」
「いや、止めとく。今日こそ自分に正直になりたいから・・・」
「えっ・・・どう言う事??・・・そうなの??そう言う事・・・なの??」
「ダメかい??」
「バカッ・・・そんな事を確かめたりしないでよ。好きな女は押し倒しちゃえば好いじゃない」
「そうか・・・そうだな」
「ウフフッ・・・念のため言っとくけど、私の住まいはこの二階だって知ってるよね??それと・・・私には、美緒って名前がある」

「男が好きとは思わなかったけど童貞かと思っていた・・・ウフフッ、冗談よ」
「この歳で初めてだったらどうする??」
「う~ン・・・色々教えてあげる。私好みに・・・お風呂は狭いから先に入って、私は後でシャワーを使うから・・・」
「シャワーなら二人でも大丈夫だろう??先に行ってるよ・・・」

ボディシャンプーにまみれて自然と鼻歌が出るのは、誘いたくても声すら掛けられなかった美緒が肌も露わに近付くのを待っているからなのか、それとも単に肌を叩く湯が気持ち良いだけなのか。
好きな女は押し倒しちゃえば好いじゃない、美緒の言葉が頭をよぎる。
「入っても良い??・・・入るわよ」
シャワーキャップを被り、胸と股間を手で隠した美緒が俯き加減に入ってくる。
かすかに頬が紅潮しているのはバスルームの熱気がすべての原因と思いたくない。

有無を言わせず、両手首を掴んで頭上の壁に押し付けシャワーキャップを引き剥がす。
「イヤンッ、押し倒されちゃうの??・・・オオカミを部屋に入れちゃったの??可哀そうな私、助けてくれる人がいない部屋で襲われちゃう・・・ハァハァッ」
両手を頭上で押し付けられて真っ赤に染めた瞳を挑むようにオレに向けていた美緒が息を荒げて顔を背ける。
シャワーが二人に降り注ぎ、美緒は顔に張り付いた髪を剥がそうとして頭を振り、オレは無言のままで唇を重ねる。
ムフッ、ウググッ・・・ウッ、ウゥゥ~・・・美緒の両脚が震えを帯びて立っているのが辛そうに顔を顰める。
掴んでいた手首を離して背後から美緒を抱きしめて首筋に唇と舌を這わせ、こんな風にしたかったと囁く。
「あなたが、こんなに激しいと思わなかった・・・いつまで待っても誘ってくれないから私に気がないのか、あるいは優しすぎるのかって思ってた・・・」
「オレは好きな女性には臆病になる・・・」
「ただ抱きたいだけなら、すぐに誘えるのに??・・・離れられなくなるくらい、いっぱい可愛がってね・・・待ちくたびれたんだから」

ボディシャンプーを手に取り美緒の肩に垂らして肩から鎖骨に塗り広げ、乳房の麓を掬うようにしながら頂上に撫で上がる。
「ちっちゃくない??物足りない??」
「オレには丁度いいよ。すっぽり手に馴染む感じが好いよ」
「ほんとう??アキちゃんのオッパイを見ていると羨ましくって・・・直に見た事はないけどね。男ならそそられそうな谷間が出来てるでしょう・・・」
「うん、確かに気になるな・・・でも、オレには美緒のオッパイが好いよ」
「嬉しい、美緒って名前を呼んでくれた・・・イヤンッ、そんなとこ・・・そこは自分で洗う・・・」
オレの手を掴んだ美緒は身体を入れ替えて向き合い、胸に顔を埋める。
「どうした??」
「嬉しいの・・・私の事を好きじゃないのかって思い始めていたから・・・いぃ、何も言わなくていいの。今は何も聞きたくない」
美緒はオレの唇に人差し指を当てて何も言わなくていいと言う。

肌を密着させた二人の間にボディシャンプーを垂らす。
立ったままする風俗遊びは美緒も気に入ったようで口元をゆるめ、オレの背中に回した手を支えにして膝を上手に使い、ソープ嬢のボディ洗いのように身体を擦り合わせる。
息を荒げて互いの肌を擦り合わせて洗った二人の間には、待ちわびた時間を埋める親密さが沸き上がり何度もベッドを共にしたような安心感が生まれる。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ちっち

Author:ちっち
オサシンのワンコは可愛い娘です

アッチイのは嫌
さむいのも嫌
雨ふりはもっと嫌・・・ワガママワンコです

夜は同じベッドで一緒に眠る娘です

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード