FC2ブログ

M 囚われて

囚われて-37

バギナを抉るペニスが与えてくれる快感に酔う詩織は、窄まりを蹂躙する指に抵抗する気も萎えてしまい、男に抱きかかえられたまま身を任す。
「アンッ、アウッ、いやっ・・・そんな所を・・・ウググッ、クゥッ~・・・」
アナルを嬲る指が気になって背中越しに手を伸ばすと男が下から突き上げ、足に力を込めて踏ん張ろうとするとアナルに挿入した指が壁越しにペニスを擦る。
「詩織、分かる??・・・指がチンチンと挨拶をしてるんだよ。分かる??」
「イヤァッ~、嬲っちゃ嫌だ・・・そんな事をされたら壁が破けちゃう・・・」
不安げな表情で男を見つめる詩織の頬に手を添えて、大丈夫、気持ち良くないの??と囁く男は頬に添えた手で唇を撫でる。
「お尻が・・・気持ち良いような、そうでないような変な感じ」
排泄器官を弄られる経験がそれほど多くない詩織は、アナルに与えられる甘い刺激に堪えようのない欲情が沸き上がり自然と下半身が艶めかしく蠢き始める。

「気持ち良いの??下半身がグニュグニュといやらしく動いてる・・・こんな風に動かすと好いの??それとも、これが好い??」
「あぁ~ン、変な感じ・・・気持ち良いのか悪いのか・・・良く分かんない。アンッ、そんな事をしないで・・・」
窄まりに没した忍の中指は焦らすように引くと見せかけては押し込み、挿入を深くすると思わせ指の腹が膣との境の壁を擦る。
「アワワッ、クゥッ~・・・お尻で指が動くとオチンポがピクピクする・・・イヤンッ、指を動かさないで・・・おかしい??変じゃない??お尻を弄られて気持ち良くなるなんて変じゃないよね??」
二人に弄ばれて被虐心を募らせ、アナルを弄られる羞恥心もなくなった詩織は前後の穴を刺激される悦びを堪えるため、唇を噛み眉間に皺を寄せる。

二つの穴をペニスと指で埋められ、唇を指先でなぞられるだけでは物足りなく思う詩織は、指に舌を絡ませて口の中を犯すように催促する。
潤んだ瞳で男を見つめ、唾液を飲み込んで乾いた口腔を温かい息で満たしてペニスに見立てた指を優しく包み込む。
「温かくて気持ち良いよ。すぐに舌を絡ませるのかと思ったけど、なかなかのテクニシャンだな、詩織は・・・」
「ふ~ん、フェラが上手なんだ・・・二度も口の中で爆ぜたんだもんね、上手なわけだ・・・ご褒美にお尻を気持ち良くしてあげるから・・・詩織、どうなの、気持ち良くなりたい??」
指を含んで舌を絡ませている口は言葉を発することが出来ず、小さく頷いて尻を艶めかしく揺すって返事に代える。

クチャクチャ、グチュグチュ・・・視線を逸らすことなく男を見つめたままでねっとり舌を絡ませ、乳首で男の胸を擦る余裕を見せる。
「詩織、二度も口の中に放出した私が言うのもなんだが、テクニシャンなんて言葉じゃ失礼だな・・・指を舐められて乳房の先端で胸を擦られるだけで逝きそうになっちゃうよ」
「えっ、本当なの??・・・詩織と二人きりで遊ぶのが楽しみ・・・チンチンって必要ないって教えてあげる・・・今日じゃないよ、この人が妬くといけないから明日ね・・・」

男は詩織の腰を掴み、押し付けた股間をグリグリ動かして恥骨を刺激しつつ挿入したペニスで膣壁を擦る。
「イヤンッ、激しくないのに身体が芯から熱くなってくる・・・もっと、お尻も苛めて・・・」
ウフフッ、そうなの??・・・忍は嬉しそうな声を漏らしてローションの容器を持ち詩織に見せつける。
「これを、もっともっと使おうね・・・お尻に垂らして私の指にもいっぱい塗るんだよ。1本だけではなく2本の指にね・・・どう??嬉しい??」
詩織の目の前で見せつけるように揃えた2本の指にローションを垂らす。
粘度の高いローションは垂れ落ちることなく指に絡み、見つめる詩織の瞳は期待で妖しく揺れる。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント