FC2ブログ

偽者 ~PRETENDER~ -40

佐緒里と内藤 -12

髪を掴んだ両手を振り回されても抗うことなく乳首の甘噛みに力を込めると、クゥッ~と苦痛とも快感とも取れる声を漏らして髪を掴んだ佐緒里の手から力が抜ける。

内藤の舌と唇が胸の膨らみから鳩尾を経て下腹部に移り、臍の周囲を舌がなぞり十本の指が飾り毛を刈り取られた恥丘を擦る。
「ゾワゾワする恥毛をハムハムするのも好いけど、ツルツルして気持ちいいよ。涼しげだし、何より毛切れの心配がないから激しくしても平気」
「クククッ、激しいのを期待するよ。本当に涼しいし何より清潔だよ」
「こんな時にあれだけど、どうして剃ってるの??別れた旦那の影響??」
「違うよ、元亭主の影響なら早く忘れたいからボウボウに伸ばすよ……聞きたい??……フフフッ、男の肌の温もりを知っているから抱いてほしいんだけど信じられない。一夜限りってのは性に合わないから独りエッチで間に合わす」
「うん、分かる気がする。それで……」
「イヤンッ、真面目に話しているのに、そんな事をされたら……ウフフッ」
佐緒里の話に相槌を打ちながら指が恥丘を擦り軽く押しこんで震わせると、その刺激はクリトリスに通じて身体の芯をジンジン熱くする。

「気持ちいい……アンッ、男が欲しいけど信じられない、欲求不満が昂じるとオナニーに刺激を求める。指じゃ満足できなくなって、それらしいモノをアソコに入れたり、お尻にも……もっと、刺激が欲しいって股間に紐を通してクリやアソコを擦りつけたり、マン毛をショリショリしたり……クククッ、こんな事、あなたにしか言えない」
「オレには平気なんだ??」
「あなたを一目見た時に思ったの。子宮がビリビリ震えて、この人が満足させてくれる人だって……ワンちゃんの首輪とリードで犬歩きさせられて、仁王立ちのあなたのモノを跪いた私がオシャブリする。ウフフッ、あなただけ……」

恥丘を撫でる四本の指から離れた親指が割れ目の縁を撫でると佐緒里の昂奮は限界近くに達し、顔を背けて両眼を閉じ、再び両手でシーツを掴んで顔を歪める。
ウッウッ、クゥッ~……歪んだ表情は決して苦痛からではなく、悦びの境地にいることは甘い吐息が長く尾を引くことで証明する。
心地良さの証は悦びの吐息だけではなく、綻んだ割れ目から蜜が滲み出る。
大陰唇を擦られるとバギナの奥深く子宮にまで刺激が届き、身体が芯から厚くなる。
佐緒里は髪を掴みそうになる両手を止めおくために指先が白くなるほどシーツを掴み、快感が漏らす声と共に身体の外に出てしまうような気がして、与えられる愛撫の気持ち良さを奥歯を噛みしめて懸命に堪える。
内藤の舌が綻びの中に入り込まないようにそっと舐め上がると、ついに我慢の堰に小さな穴が開き、悦びの声が漏れてしまう。
「ウグッ、ウググッ、クゥッ~、いやぁ~ン、たまんない。いぃの、もっと……」
綻びから忍び込んで花弁を摘んでくれると思った指は鼠径部を撫でて腿の付け根を擦り、焦らされる佐緒里は我慢の限界を超えてしまう。
「ダメ、やめて、気持ちいぃ、そこ、そこがいいの……ねぇ、おねがい。直接、ねっ、わかるでしょう??」
途切れ途切れに甘く切ない声を漏らして眉間に皴を寄せる佐緒里を愛おしいと思う内藤は、割れ目の縁に添えた指で左右に開き、真っ赤に濡れそぼつ薔薇の花弁をあからさまにする。
妖艶な芳香と美しさで獲物を誘う食虫植物のようなそれは、淫らで内藤の欲情を刺激する。
「赤ちゃんのようにスベスベでクスミも少ない姿に騙されるところだったよ。淫らで卑猥、これは佐緒里のマンコだって思えば騙されそうになることもなかったのに……クククッ」
「そうだよ、私はスケベでセックスに貪欲な女。あなたなら私を満足させてくれるはず……思った通りの嫌な男」

大きく開いた割れ目の上部で尖り切ったクリトリスに温かい息を吹きかけてじっと見つめると、粘り気のある愛液が会陰部にまで滴り曲げたり伸ばしたりを繰り返していた足指や太腿の緊張が解けて弛緩する。
「佐緒里のマンコは見るだけでも昂奮する。真っ赤に濡れて男を誘う甘い香りを撒き散らす食虫植物のようだよ。オレは妖艶な花に吸い寄せられた哀れな虫」
「虫がモゾモゾ這い回るのも気持ち良さそう。早くなんとかして……ダメッ、焦らされるのは嫌い」

丸めた舌を膣口に捻じ込んで出入りさせると佐緒里は内藤の髪を掴んで股間を押し付けようとする。
内藤は抗うことなく、鼻頭でクリトリスを擦ると気持ち良さで佐緒里の手からあっけなく力が抜ける。
膣口で戯れていた舌がベロリとクリトリスまで舐め上げ、小陰唇が作る溝を掃除でもするかのようにベロッと舐めると、ヒィッ~と悲鳴のような喘ぎ声を漏らして手で口を覆う。
片方ずつ、小陰唇を口に含んで甘噛みして顔を左右に振ると、
「いやぁ~ン、私はあなたのオモチャ。もっと、遊んで、二人でいるときの私はあなたのモノ、めちゃくちゃにされたい」
勃起したクリトリスのせいで存在が薄れた包皮ごと口に含んでキュッと吸い込み、先端を舌先でトントン叩くと、ウググッ、クゥッ~と悦びの声を漏らし、襲い来る快感から逃れようとして奥歯を噛みしめる。
「佐緒里、すべてを解き放つんだよ。オレの前では隠し事は必要ない。すべてを曝け出していいんだよ」
「いやぁ~ン、そんな事は出来ない……美香ちゃんにも知られたくない。本当の私の姿を見せるのはあなただけ」
「そうだよ、オレには佐緒里のすべてを見せてくれるんだろう??」

クリトリスを唇と舌で愛撫しながら右手中指をバギナに侵入させて出し入れし、気付かれないように溢れる蜜を掻き出そうとする。
滴る蜜が会陰部の中ほどまで達すると挿入していた指がその後を追い、アナルにまで塗り進んでクリクリと窄まりの中心に塗り付ける。
「お尻で遊んでくれるの??恥ずかしいから今日は嫌って言ったのに……」
「オレに尻の穴を嬲られたくて浣腸してきたんだろ??違うのか??やめようか??」
「やめちゃ嫌。遊んでほしい……離婚後、初めてのエッチはあなた。オナニーではあるけど、男の人にアナルに捧げたことはないの、アナル処女をあなたにあげる」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ちっち

Author:ちっち
オサシンのワンコは可愛い娘です

アッチイのは嫌
さむいのも嫌
雨ふりはもっと嫌・・・ワガママワンコです

夜は同じベッドで一緒に眠る娘です

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード