FC2ブログ

M 囚われて

囚われて-35

男と別れたばかりで三連休の予定もなくなり一人寂しく過ごす事を覚悟していた詩織は、金曜日の退社後、食事のために立ち寄ったホテルで見知らぬ男と出会い予期するはずもない淫靡な時間を過ごす事になった。
初対面の男に好意を抱いたのだが、他人の目を意識しながら羞恥責めで胸を焦がし、SM器具が鎮座する部屋に閉じ込められて目の前で放尿させられたり、陰茎を口に含んで迸りを喉の奥深くで受け止めたりしてもバギナに挿入される事はなかった。
SMチェアに拘束されて胸や股間を隠す術もない状態で責められていたところに、両刀遣いと言う忍が参加した。
首に巻かれた犬用の首輪から伸びるリードを引かれて地下室から寝室まで犬歩きで移動し、忍から甘い責めを受けて快感が頂点に達する寸前で陰茎の侵入を受け入れた。
それは、詩織にとって待ち望んだ瞬間であり、忍に見られているのも構わずに歓喜に打ち震える。

男が詩織の腰と肩を抱いて根元まで押し込むと、詩織の口から、ウッウゥ~と甘い吐息が漏れ、腰を引くと愛液にまみれた怒張が血管を浮き上がらせて姿を現し、詩織は、アァァッ~と長く尾を引く喘ぎ声を漏らす。
結合部を見つめる忍の瞳は真っ赤に染まり、それを見た詩織は、
「私も見たい、チンチンが出入りする私のオマンコを見たい・・・犯されているアソコを見たい・・・」と声を上擦らす。

「ねぇ、可愛い詩織の頼みだよ。あなたのブットイので犯されている様子を見たいんだって・・・見せてあげて」
正常位から詩織の脚を抜いて背後に回り、左半身を下にした後側位に変化する。
「詩織、結合が浅くなって不満かもしれないけど、よく見えるはずだぞ・・・忍、スタンドミラーを用意してくれないか」
「忘れたの??スタンドミラーは下に置いたままだよ・・・待ってて、卓上ミラーを持ってくるから」

背後から詩織を抱きかかえた男は、髪の生え際から耳まで舌を這わせて息を吹きかけながら囁く。
「鏡が来るのを待てないだろう・・・手を伸ばして確かめてごらん」
男の言う通り結合は浅く、物足りなく思う詩織は片足を上げて尻を押し付け、満足の笑みを浮かべてバギナに指を伸ばす。
「アンッ、入ってる・・・チンチンが入ってる。すごい、オシッコの通り道がこんなに膨らんでる」
「クククッ、オシッコだけじゃないだろう??満足の証を子宮に向けて放出する通路にもなるんだよ。膨らんでるって事は詩織の身体に満足してるって事の証明だな・・・温かくて気持ち良いよ」

「楽しそうね、何を話してたの??・・・良いよ、気にしなくても。鏡を持ってきたからチンコを咥え込んでいるエロマンコを見なさい」
ハァハァッ、いやぁ~ン、すごい・・・後側位で背後から貫かれた詩織は両手を伸ばしてバギナに侵入するペニスに触れて息を荒げている。

鏡の中の痴態は結合が浅いために膨れ上がったペニスの裏筋がまがまがしく見えて、見つめる詩織は驚きの中で芽生える期待に胸が張り裂けそうな高まりを覚える。
「アァッ~ン、見える。すごいッ・・・ぶっといのが入ってる・・・オマンコが捲れ上がってる・・・アァ~ン、今度は巻き込みながらチンコが入っていく・・・クゥ~、来るくるっ・・・ウググッ」
ヌチャヌチャ、グチュグチュ・・・ングッ、ゴクッ・・・詩織、見ろ・・・いやぁ~ン、いいの・・・忍は卑猥な音を立てる結合部を見つめて唾を飲み、意識しないままに両手を自らの乳房に伸ばす。
「うっ、詩織を見ていると私も気持ち良くなっちゃう・・・気持ち良いの??チンチンを入れてもらうのが良いの??妬けちゃう・・・」
詩織の視線は鏡の中のペニスから乳房を揉む忍に移り、いやらしく唇に舌を這わせて注意を自らに引付け、目の動きで男とつながる股間に誘導する。
詩織は右足を跳ね上げて大きく開き、両手を大陰唇に添えて結合部を見せつける。
しどけなく開いた口から這い出た赤い舌が滑りを与え、グロスを塗ったように明かりに反射する唇に引き寄せられる忍は、そっと唇を重ねる。

「詩織は思っていたよりも、ずっといやらしい。清楚なお嬢様かと思っていたのにエロすぎ・・・でも、そんな詩織が好きだよ。見なさい・・・男を食べ尽くしてしまうオマンコを見なさい」
「いやらしい・・・私じゃないみたい。こんなスケベマンコガ私のものなの??ぶっといのが出たり入ったりすると入口が捲れたり引き込まれたり、チンチンと離れるのは嫌だって言ってるみたい・・・」
二人のやり取りを聞いていた男は身体を反らせて上半身を離し、詩織の右足を掴み股間を密着させて突き入れる。
「ウググッ、こんな・・・すごいっ・・・もっと・・・もう、どうにでもして」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ちっち

Author:ちっち
オサシンのワンコは可愛い娘です

アッチイのは嫌
さむいのも嫌
雨ふりはもっと嫌・・・ワガママワンコです

夜は同じベッドで一緒に眠る娘です

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード