FC2ブログ

ホテル -19

ベッド -7   

再び正常位に戻ったアユの身体は愛する男のペニスを奥深くまで受け入れて絶頂を迎える準備を整えている。
両足の間に入り込んだ男は腰に手を添え、持ち上げるようにして突き入れても子宮口を突く感触がない。
「ウッ、アゥウゥッ~、すごい……クゥッ~」
両手の指先が白くなるほど力を込めてシーツを掴み、十本の足指を深く折り曲げて手足の先から快感が逃げていくのを防ごうとする。

ペニスが子宮の裏に潜り込むような快感で背中が弓のようにせり上がり、乳白色に輝く身体は仰け反って白い喉を見せる。
そんなアユに覆いかぶさる男は髪を撫でて口に含み、ハムハム噛んで引っ張り離れ際にキスをする。
「アンッ、いやんっ、気持ちいぃ……好き」
セックスの最中に女の命と言われる髪を撫でられ、顔を埋めて匂いを嗅がれると大切に思われていると実感することが出来る。
好きな人に与えられる髪への刺激は指先がほんの少し触れるだけでも感じられ、優しくゆっくりと撫でられると性感が昂ぶり、強い刺激が欲しくなる頃に噛んでくれる男に離れがたい魅力を感じる。

心地良さでアユが目を閉じると男は瞼に唇を合わせて舌先でそっと刷く。
「瞼にキスされて舌先でチロチロされるのが好き。穏やかな気持ちになれる……幸せ」
「瞼にキスするのと、これを比較するとどうだ??アユは瞼キスがいいのか??」
ペニスを奥深くまで挿入したまま腰を揺すって突き出し、恥骨をぶつけるように刺激すると笑みを浮かべていた表情が一瞬、苦悶を浮かべ、ウグッ、クゥッ~……と声を漏らして手の甲で口を押えて漏れそうになる声を我慢する。

「ウグッ、グゥッ~、こんな事って……すごい、あなたのモノに内臓を掻きまわされて口から飛び出ちゃいそう……クゥッ~」
両手を添えて腰を引き付け、股間を押し付けると苦悶の表情が一層深くなり男を見上げる瞳に薄っすら涙が滲む。
舌を這わせて涙を舐めとり、
「ごめん、愛おしくて興奮が過ぎた、ゴメン」
「勘違いしないで、嬉しいの。涙は嬉し涙だよ。何度も言うけど時間を気にすることなく、あなたとつながったままで話をしたり激しく突かれたり……こんな日があると思っていなかったんだもん」

二人が住む街では人目が気になるし、男の帰宅時刻を忘れて睦み合うことはできない。
今日は人目も時間も気にする必要がない。
それがアユの気持ちを開放して性感を敏感にする。
髪を撫でて匂いを感じてくれる。
瞼にキスして舌を這わせ、頬を撫でる手の平で体温を感じ、鼻梁に沿って指先を撫でて唇の感触を楽しんでくれる。
以前、男が口にした言葉が蘇る。水商売の女性が高い報酬を得るのは、好きでもない客に距離を売るからだと言った。
普段は好きでもない男が近付いてくると自然と身構えたり、遠ざかったりする。満員電車では、しょうがないから我慢する。
お店で好みではない客が近付いてきても嫌な顔をできないし、店の形態によっては苦痛を隠して笑顔で触らせる必要があるかもしれない。
私は店で出会った、この人が好き。

「抱いて、痛いって言うまで強く抱きしめて」
首に手を回して抱き寄せた男に呟くアユの瞳は真っ赤に燃える。
左手を首に回した男は頬を撫でていた右手で脇腹を擦りながら腰を抱き、
「今日のアユはいつもより可愛いな」
視線を逸らすことなく見つめて強く抱きしめる。
「アンッ、恥骨がゴリゴリする……もっと、もっと強く……幸せ……ウッ、クゥッ~、痛い、もっと強く……ヒィッ~」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ちっち

Author:ちっち
オサシンのワンコは可愛い娘です

アッチイのは嫌
さむいのも嫌
雨ふりはもっと嫌・・・ワガママワンコです

夜は同じベッドで一緒に眠る娘です

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード