FC2ブログ

M 囚われて

囚われて-33

「ウッ、クゥッ・・・クリップを付けられていたからオッパイの先がヒリヒリする」
男の手が乳房に伸びると足を突っ張り、顎を上げて仰け反るように悦びを現した詩織も、乳首を摘ままれるとニップルクリップの痕が疼き顔を顰める。
「ウフフッ・・・じゃ、お薬つけてあげる。差し入れのフランクフルトソーセージだけど、詩織ジュース味で食べたからケチャップとマスタードが残っているからね・・・どっちが良いの??」
「イヤンッ、そんなのは、お薬じゃない」
「そう、両方試したいの??分かった・・・右の乳首にケチャップ、左にはマスタードを塗ってあげる。動いちゃダメよ」
作り笑いを浮かべた忍はケチャップを乳首に塗り拡げて舐め取り、反対側の乳首にマスタードを付けて指で塗り込める。
ウグッ、ウ~ン・・・マスタードを塗り込められる乳首を見つめる詩織は眉間に皺を寄せ、苦痛とも好奇心とも取れる表情をする。
「痛くない・・・マスタードが沁みて痛いかと思ったけど平気・・・ウッ、いやぁ~ン、そんな・・・クリが気持ちいぃ」
詩織と忍の掛け合いを気にする様子もなく、男の舌はクリトリスを一時も休むことなくソフトに刺激し、リズミカルな動きに詩織の身体が同調し始める。

勃起したクリトリスを温かい口腔に含まれ、柔らかい舌に擦られて根元を舌がなぞると、そばに居る忍の腕を掴んで切なげに首を振る。
どうしたらいいの??このまま気持ち良く昇りつめてもいいのと聞かれているように感じた忍は、腕を掴む詩織の手に添えた手で髪を撫でる。
「好いのよ、気持ち良くなりなさい・・・詩織が悦ぶのは私の悦びでもあるの。見ていてあげるから安心していいのよ・・・」

男は指を割れ目の縁に添えて大きく開き、真っ赤に濡れそぼつ秘唇を覗き込む。
露にされた下腹部に感じる淫らな視線に平静ではいられないほど高ぶり、唇を半開きに陶然とする。
クリトリスへの刺激から解放された詩織は物足りなさから下半身を妖しく蠢かし、両手は乳首を摘まんでコリコリと刺激する。
男の手が恥骨を圧迫して新たな刺激を加えると詩織は一瞬顔を顰め、下半身を弛緩させてされるがままに目を閉じる。
ウゥッ~、いぃ、気持ちいぃの・・・恥丘を圧迫して恥骨に与えられる刺激はクリトリスに与えられる直接的な快感とは違い、女であることを意識させるような身体の奥深くに与えられる緩慢な快感で全身が蕩けてくるのを感じる。
男が触れる箇所は何処でもドクドクと脈打ち、忍に見つめられて吐く息を感じると胸を締め付けられるような思いに苛まれる。
「もう入れて・・・オチンチンが欲しい。嬲られてお口に出してもらったけどアソコは寂しいって言ってる・・・入れて、早くっ」
最後は哀願と願望が混じった叫び声になる。

「どうかな??使い物に成るかどうか確かめてみたら??」
「あぁ~ン、どうして??チンチンガ大きくなってない。どうしてなの??」
「悪いね。知らないわけでもないだろうが、男のモノは使用回数に限度があるんだよ」
「イヤッ、大きくする。オシャブリするの・・・」
詩織は覆いかぶさる男から這い出て股間にむしゃぶりつく。
その様子を見た忍は男に視線を送って、大きくしてあげたら・・・と、声は出さず口の動きだけで伝える。
フグフグッ、ビチャビチャ・・・大きくなってきた、もう少し・・・フンフンッ、ピチャピチャッ・・・・・
あっけにとられた表情の忍は唾液と先走り汁にまみれたペニスが詩織の口元を出入りする淫靡な様子に見入り、男は必死にしゃぶる姿に感動すらして協力しようと腰を突き上げる。
「ウッ、ウググッ、ゲボッ・・・苦しい・・・ハァハァッ・・・」
「ごめん、苦しかった??つい、突き上げちゃった・・・大きくしてくれたから、入れるね」
男は股間で噎せる詩織の脇に手を入れて仰向けに寝かせ、両足の間に入り込んで腰を抱くようにして角度を調節してペニスをゆっくりと侵入させる。
「うっうっ、アァ~ん、好いの・・・これが欲しかったの・・・」
口腔を犯されてもバギナへ侵入してくれなかったペニスをやっと受け入れた詩織は、両手を男の背中に回して抱きしめ、堪えがたい悦びを逃すまいと足を絡める。

「いぃ、気持ち良い。やっと、入れてくれた・・・」
「好いの??気持ち好くて良かったね・・・でも、妬ける・・・どんな風に好いの??教えて・・・」
男はペニスとバギナが馴染むのを待つように決して焦らず、奥まで突き入れたり、激しい出入りをしたりせずに膣壁が蠢く感触を楽しむ。
「アァ~ン、最初から激しく突かれたり体位を変化せたりするのは好きじゃないの・・・ゆっくり身体が馴染むのを待って、身体が激しい刺激を求めるまで我慢してくれるのが好いの・・・いやぁ~ン、アソコが独りでにグニュグニュする・・・」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント