FC2ブログ

M 囚われて

囚われて-30

ヴィ~ンヴィ~ン・・・挿入されたままのバイブの振動を強くされた詩織は四つん這いの手を握って眉間に皺を寄せ、内腿をこすり合わせて襲い来る快感を必死に耐える。
ピシッ・・・忍は叩かれるのは嫌だと言ったばかりの詩織の尻を容赦なく打つ。手の痕がピンク色で残り、男は大げさに顔を歪める。
「アンッ・・・ごめんなさい、階段を上がるから叩かないで・・・」
二段目で揃えていた右手を三段目に伸ばし続いて右足を一段目に上げる。左手足も同じように動かし、それを繰り返して頂上を目指す。
薄っすらと紅潮した尻をプリプリ揺すって上がる様は色っぽい事、この上ない。
尻をくねらせて階段を上がっても股間のバイブは抜け落ちることなく、バギナの刺激を続ける。

階段を這うように上る詩織を見上げる二人の目に、内腿を滴る蜜が見える。
ヴィ~ンヴィ~ン・・・カサカサッ・・・ウッ、ククゥッ~・・・バイブがバギナを刺激する振動音に交じり、這うように階段を上る詩織が床を擦る音や悦んでいるとしか思えない吐息が混じる。
バイブと膣口で擦れたそれは白濁し、やがて小さな泡となって淫靡な景色を作る。
「ハァハァッ・・・だめっ、進めない。休ませてください・・・」
「休みたいって言ってるけどどうする??私は休ませてあげても良いと思ってるんだけど・・・あなたの意見を聞きたいわ」
「詩織は忍のワンコペットだろう、私は忍の意見に従うよ」
「そう・・・良かった。詩織、喉が渇いてない??」
唾を飲み込み黙って頷いた詩織を見る忍は、男の股間に視線を移して、大丈夫??と聞く。
忍の意図を察した男は、もう一度くらいなら大丈夫だろうと、投げやりに返事する。
「クククッ、下ろしてあげる・・・詩織、喉が渇いているんでしょう。分かるわね??」

男の股間の膨らみに手を添えた忍は、
「可愛い詩織相手に見るだけでよく我慢できたわね、えらいよ。おしゃぶりしてもらっても良いよ・・・しゃぶってもらいたいでしょう??」
股間の膨らみに話しかけ、次いで男に視線を合わせて口元を緩め、そのまま唇を合わせる。
アンッ、アウッ・・・ハァハァッ・・・
「ふぅ~・・・相変わらず、キスが上手・・・女の子が相手だと私がリードするんだけど、あなたが相手だと任せられるから好き」
「イヤッ、二人とも私の存在を忘れてる」
羨ましそうに二人の濃厚なキスを見上げていた詩織は我慢の限界に達し、知らず知らずのうちに指を股間に伸ばす。
「ダメでしょう、詩織。自分の指で慰めるワンちゃんを見たことがある??ワンちゃんは自分のマンマンをペロペロ舐めるだけ。舐めるなら良いよ、指を遣っちゃダメ」
詩織は犬の真似をしようと身体を丸めて股間に舌を伸ばすふりをする。
「クククッ・・・出来ないでしょう。マンマンをナメナメ出来ないなら、チンチンを舐めても良いよ・・・舐めたい??」
紅潮させた顔で頷くのを見た男は階段の最上段に腰を下ろす。

詩織は男に這い寄りズボンの上から股間の膨らみに手の平を添えて上下させる。
「スゴイッ、熱くて大きい・・・忍はこの人と唇を合わせてキスしたから、これは私のもの・・・邪魔しないで・・・」
「ウフフッ、好いよ、邪魔しない。このチンチンをフェラで逝かせたんでしょう??・・・しゃぶり尽すところを見てあげる・・・クククッ、喉が渇いたんだよね、ゴックンしても良いからね」
ウン・・・無言で頷いた詩織は躊躇することなく目の前のベルトを緩めてズボンを下ろし始める。男が腰を上げて協力したために直ぐに下着姿になり、詩織は下着に唾液を垂らして膨らみに舌を這わせ、形が露わになるとゴクンッと唾を飲み込み上目遣いに男を見上げる。
「いやらしい事をするわね・・・詩織の事は清楚なお嬢様と思っていたから、がっかりだな」
嘲笑のこもった事を言う忍に視線を移した詩織は、
「忍がしろって言うから精一杯頑張っているのに・・・そんな事を言われるなんて・・・」
詩織の色っぽさを妬いているんだよ、と言う言葉と共に優しく髪を撫でられた詩織は忍を見つめたままで、本当、妬いてくれているの??と問いかける。
「そうだよ、妬いてるよ・・・詩織は私のペットだと思っていたのに男のチンチンを目の前にして嬉しそうにするんだから・・・フフフッ、冗談。爆発しちゃ可哀そうだから、オシャブリしてあげなさい」
忍と話す間も唾液まみれの下着から手を離すことなく擦っていたために、ペニスは下着を突き破らんばかりに膨張する。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント