FC2ブログ

彩―隠し事

バイキュリアス-2 

全身を這い回る栞の手が与えてくれる刺激で白い肌をさざ波のようにうねらせる優子は、胸と腹部を上下して息を弾ませ、シーツを掴んで顰めた顔を仰け反らせて唇を噛む。
そんな苦悶に似た悦びの表情を上目遣いに盗み見た栞は、優子の左足を右肩に担ぐようにして大きく足を開かせ、再び股間にむしゃぶりつく。
ピチャピチャ、クチュクチュッ……左手で身体を支えて右手で左乳房を揉みしだき、ピチャピチャと卑猥な音を立てて無毛の股間を舐めまわす。
「ハァハァッ、たまんない……栞とのエッチがこんなに気持ちいいなんて……」

「好き。大好きな優子に、もっと気持ちよくなってもらいたいの」
乳房を揉んでいた右手は脇腹から腰へと撫で下り、唇と舌は股間から内腿を経て膝裏に這わせて脹脛を足首に向かって舐めていく。
膝立ちになった栞は優子を見下ろして嫣然と微笑み、左足を捧げるように支えて足指を口に含む。
「イヤンッ、やめて、そんな処を……恥ずかしい……アァ~ン、ドキドキする」
「恥ずかしい事なんてないよ。唇も足指も優子のすべてが好き」
指を一本ずつ口に含んで舌を絡ませて指の間をベロリと舐める。
学生時代から密かに焦がれていた優子の足指を舐める行為に酔いしれる栞は子宮が熱くなるのを感じてオシャブリに熱が入り、反対の足を手に取り舐めたりしゃぶったりを繰り返して甘噛みする。

「栞のアソコを見せて、ねぇ、好いでしょう??」
身体を入れ替えた栞は、優子の顔の前に股間を晒し、
「舐めてくれるの??優子が私を気持ちよくしてくれるの??ねぇ、そうなの??」と、隠しきれない昂奮で声を上擦らせる栞は膝立ちになった身体をベッドのヘッドボードに両手をついて支える。
横たわったままの優子は頭上に左手を伸ばして割れ目に添え、舐めて滑りを与えた右手の親指でクリトリスを優しくこする。
「いやらしい、何もしてないのに栞のココは涎をダラダラ垂らして物欲しげ……クリちゃんをクチュクチュしちゃおう」
「あうっ、ヒッ、クゥッ~、上手……優子に大切なところをクチュクチュされて気持ちいいの」
優子の口を塞ぐように股間を押し付けた栞は自らの手を割れ目に添えて大きく開き、それに応える優子は舌を伸ばして膣口からクリトリスへと所かまわず舐めまくる。
「ハァハァッ……こんな風に優子の顔にアソコを押し付けてベロベロしてもらうのが夢だったの。アァ~ン、もう少し……」
アッアァ~ン、いぃ、気持ちいい……フグフグッ、いいの??気持ちよくなってね……割れ目に指を添えて大きく開いたままで腰をグラインドさせる栞はしどけなく開いた口から喘ぎ声を漏らし、舌を突き出したまま腰の動きに合わせて愛撫を続ける優子は腿に手を添えて息を弾ませる。

「ねぇ、優子。オモチャを持っているでしょう??こんなにスケベな身体なのに最近エッチしてないんでしょう??指だけじゃ我慢できないはず」
「えっ、そんな……」
「持っていないって言うの??……出しなさい」
叱声にも似た栞の声に優子の視線は宙を舞い、クローゼットを見ると同時に俯き、それを確かめた栞は口元を緩める。
「好い子で待っているのよ」
軽く唇を合わせて乳房を揉んだ栞は立ち上がりクローゼットに向かう。
「優子、こっちを見なさい」注意を促して、いくつかの小箱を順に指差し、優子が視線を躍らせて、アァッ~と諦めの声を漏らすと、ここにあるのと言葉をかけてベッドに戻る。

「いじわる、栞の事を嫌いになっちゃうよ」
「私の事を嫌いになる前にどんなオモチャを持っているか見せてもらうね」
箱を空けられまいとする優子の動きは言い訳含みのポーズに過ぎず、栞が両手を掴んで縛ろうとすると息を荒げて易々とされるがまま従う。
「ダメよ、今は優子と私だけ。優子の秘密は私の秘密、私の秘密は優子の秘密でもあるの……私が課長に抱かれたら、どんな風だったか教えてあげる」
「縛られちゃった……栞に弄ばれても抗うことも出来ない、可哀そうな私」
声は上擦って震え、昂奮で乾く唇にしきりに舌を這わせて滑りを与え、太腿を擦り合わせて自然と刺激を求めてしまう。

「あれっ、アナルグッズが多いようね、優子はお尻をクチュクチュするのが好きなんだ……ふ~ん??」
「お願い、今日はオチリを弄んないで、ネッ。独りでオチリ遊びするときも準備をしないと嫌なの。だからお願い、今日はやめて」
「分かった、バッチイのを見られると嫌だよね。その代わり二人で温泉にお泊りするときは、このオモチャたちを持っていくんだよ、約束できる??」
「えっ、うん、約束する……私は何を言っているんだろう。こんなにスケベな女だと思っていた??」
「クククッ、洋服の上からでも腰回りのムッチリ感を見るとね……その前にニップルクリップをつけようか……可愛い、もっと締めてあげる。痛いのが良いんでしょう??」
「うん、痛痒いのが気持ちいいの。アンッ、いぃ……栞はエス、私はMッコだから相性がいいのかなぁ」
「クククッ、どうだろうね。Sだなんて言われると課長のお尻を苛めたくなっちゃう……アァ~ン、どうしよう。優子のせいだよ」
「課長が可哀そう、真面目に仕事一筋で生きてきたはずなのに栞に目をつけられたばかりに……」
「そんな事はないよ。私はアゲマン女、私を抱いたら課長は出世するよ。課長が仕事で頼りにしている優子もね……お尻に入れないって約束するから四つん這いになって、ねっ」

四つん這いになって尻を突き出した優子の背後で膝立ちの栞は、同性であることも忘れて頬ずりしたくなるような柔らかな曲線に見入り手を伸ばす。
愛おしさのこもった手の平で腰を撫で、尻を擦って割れ目を開き、窄まりをベロリと舐めてスイッチを入れる前の電マで内腿を撫でる。
「アンッ、最初は優しくしてね」
ヴィ~ンヴィ~ン……アウッ、イィッ、笑っちゃ嫌だよ……優子が気持ち良くなってくれているんだよ、笑ったりしない……ヴィ~ンヴィ~ン……
電マは腿を擦り、ぷっくり膨らんで赤く腫れたような割れ目に沿って上下する。
腿の付け根に早くもキラキラ輝く水滴が滲み、縛られた両手で身体を支える優子は尻を突き上げてクネクネうねらせ、濡れそぼつバギナにバイブの挿入を待ちわびる。
ヒクヒクと息をしてバイブの挿入を期待するアナルを約束通り無視して、膣口の周囲を馴染ませるように撫でまわし、手に力を込めるとズブリと姿を消してしまう。

拘束を解かれた優子の手にするバイブが栞の身体を這い回り、いつ果てるともなく白い身体を絡み合わせて競うように喘ぎ声を漏らす。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ちっち

Author:ちっち
オサシンのワンコは可愛い娘です

アッチイのは嫌
さむいのも嫌
雨ふりはもっと嫌・・・ワガママワンコです

夜は同じベッドで一緒に眠る娘です

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード