FC2ブログ

堕ちる

幸子の悲劇-25

手足の拘束を解かれた幸子は下着姿で立たされ、妖子の指が肌を這い回るのをハァハァ、ゼェゼェと喘ぐような息を漏らして堪える。
肩を撫で背中に這わせた指が自然な格好でブラジャーのホックを外し、ストラップを滑らせて抜き取り、蜜でグショグショに濡らしたショーツだけを残した格好にして再び後ろ手に縛る。
拘束を解いた縄が再び手を縛り胸の膨らみのボリュームと美しさを強調するように縄が上半身を這うと幸子の嬌声が響く。
「ウッウッ、クゥッ~、縛られちゃう・・・ハァハァッ、怖いけどゾクゾクする」

「私は女だけど、いずれ幸子を買ってくれるS男の立場から見るとM女は清楚で美しく理知的なのがいいんだよ。美しいモノを壊したいと思う破壊欲、好きなんだけど伝え方が分からなくてつい意地悪しちゃう男の子。幸子は嗜虐心のある男性には屈服させて思うさま嬲ってみたいと思わせる高貴な雰囲気がある」
後ろ手に縛られた幸子は妖子の言葉で一層混乱し、羞恥や不安、妖しい期待などが綯い交ぜになった平静ではいられない気持ちで、その場に崩れ落ちるように座り込む。
「ダメだよ、幸子。まだまだ、始まったばかりだよ」
男の一人が倒れることも許さないと口にして、犬用首輪をつける。
カチッ・・・ヒッ、アァ~・・・首輪のDカンにリードのナスカンが嵌まる音を聞くと見上げていた顔を伏せて悲嘆の声を漏らす。
犬用首輪をつけられ、立ちなさいと命令されて引っ張り上げられると抵抗する気持ちはなくなり易々と命令に従い始める。
首輪をつけられると気持ちも身体も自在に操られ、つながるリードは支配の象徴となり持つ者に抵抗することは許されないと思い込んでしまう。

立ちなさいの命令で立ち上がると、犬は四つん這いがお似合いよと言われて犬の格好にされて引き回される。
「膝をついちゃダメ。犬はそんな恰好で歩かないよ、前足と後ろ足で歩きなさい」
膝をつくことなく尻を上げて両手両足で犬歩きするのは肉体的にきつく、グルグルいつ終わるか教えられずに部屋中を引き回されて見守る妖子や男たちに、可愛いワンチャンとか尻が下がったとか嘲笑を浴びせられるのは精神的に辛い。
「ハァハァッ・・・きつい」
「大丈夫よ、幸子ワンチャンならできる・・・うん??どうしたの??」
「オシッコ、オシッコしたいの・・・トイレに行かせて」
「ここでしなさい。幸子ワンチャンのトイレを用意して」妖子の言葉で洗面器が用意され、
「使い方は分かるね??ワンチャンらしく片足を上げてジャァ~ってするのよ」
「ハァ~、惨め、惨めすぎます」と誰に聞かせるでもなく呟いた幸子は洗面器を跨いで右足を上げ、
「もう限界、我慢できない」と言い終わるや否や、幸子の股間からシャッ、シャァッ~と洗面器めがけて迸る。
羞恥で顔を真っ赤に染めた幸子が犬歩きで歩き始めようとすると、
「恥ずかしい場所から離れたいのは分かるけど、オシッコを吹かなきゃダメでしょう。幸子の剛毛はオシッコでヌレヌレだろうからね」

「両手両足をついたまま足を開いて尻を突き上げる・・・まだダメ、もっと尻を上げて、そうそれでいいよ、ヌレヌレの剛毛が丸見え。拭くよ」
「いやっ、恥ずかしい・・・こんな恰好で拭いてもらうなんて・・・お尻の穴も丸見えでしょう??」
「ほほう、よくわかったな。ヒクヒク息をする尻の穴が丸見えだよ、浣腸してほしいのか??そうか尻尾が欲しいのか」
ティッシュペーパーで剛毛を拭き、手近にあったアナルスティックを無造作に挿入した男は立ち上がり再び部屋の中を引き回す。

幸子は素っ裸で首輪をつけられ、リードを通じて伝わる命令に従う惨めな犬歩きに酔い始めていた。
女奴隷の幸子は妖子や男たちの命じる無理難題をこなせば良くやったと褒めてもらえる。
男の所有物に貶められて縛られ、尻を打たれて喉の奥深くにペニスを押し込まれて満足の証を吐き出すまで口腔を犯される。
そんな光景を想像するとオシッコを拭いてもらったばかりのアソコが新たに漏らした蜜で滑りを帯びる。
あぁ~ン、もっと苛めて・・・幸子はオレの奴隷だ、お前のすべて、命さえもオレの自由にできるんだと甚振ってほしい。

犬歩きを終えた幸子は再び後ろ手に縛られて乳房が歪になるほど締め上げられる。
縛ったり解かれたりを繰り返すと縛られることに抵抗がなくなり、それは目覚めた被虐の悦びを深くして支配する者とされる者の立場の違いを教え込まされているようで抗う気持ちは霧散してしまう。
縄尻を天井から下がるフックに掛けられて逃げることも出来なくなると、夫の作った借金のために我が身を投げ出したことも忘れて、肌にまとわりつく黒い縄が食い込む感触の心地良さに支配される安心感に酔いしれる。
「いぃ、気持ちいいの・・・肌に食い込む縄に愛撫されているような気がして善くなっちゃう」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ちっち

Author:ちっち
オサシンのワンコは可愛い娘です

アッチイのは嫌
さむいのも嫌
雨ふりはもっと嫌・・・ワガママワンコです

夜は同じベッドで一緒に眠る娘です

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード