FC2ブログ

代償

「ヒィィ~、すごい。奥まで入ってる」
「まだまだ、これからだよ。俺と旦那と、どっちがいい??」
「隆弘に決まってる・・・2度と言わないで、思い出したくもない。冷めちゃうよ」
「そうか、分かった。二度と言わないよ。温かいオマンコに包まれて気持ちいいよ」
「あっあんっ・・・また逝っちゃう・・・ウグッ、クゥッ~」
「可愛いよ、旦那のもとに帰したくない」
「嬉しいっ、もっと言って・・・愛してるって言って」
「ユカは俺のものだよ。愛してる・・・」

「逝くよ、中でいいの??中に出していいんだね??」
「いっぱい頂戴、奥に頂戴・・・クゥゥ~、いっくぅ~・・・」
「はぁはぁ・・・愛してるよ」
「あっ、漏れちゃう・・・すごい、濃いのがいっぱい・・・」

「大丈夫なの??中で??」
「今日はやばいかもしれない・・・」
「おい、そんな事を・・・出来ちゃったら、どうするんだよ??」
「もしもの時は・・・フフフッ」
「よせよ・・・まさか、だろ??」
「血液型は同じだから彼に育ててもらうわよ。隆弘は心配しなくてもいいの・・・」
「駄目だよ・・・そんなことは出来ないよ」
「女はね愛する男のためなら嘘も言えるし、鬼にもなれる・・・そうね、今日は彼にもやらせてあげなきゃね。抱かれてやらないと出来ないもんね・・・何も心配しなくていいよ」

「変な顔してどうしたの??」
「彼から・・・仕事が早く終わったから料理教室に迎えに行くって・・・面倒くさい男。帰んなきゃ」
「間に合うの??」
「大丈夫だと思うけど・・・送ってくれる」

「えっ・・・」
「どうしたの??」
「あの車、彼の車なのよ・・・まずいわね・・・」
「どうするんだよ??」
「・・・・・家へ帰る。メールを貰ったのは帰りのバスの中で、家に着いて気が付いたって言えば平気」
「大丈夫なのかよ??」
「帰ってきた彼の頬にキスの1つもしてやりゃ万々歳よ。男ってバカだから」
「よせよ、俺も男だよ」
「隆弘は特別。頬じゃなくチンコにキスしてあげてるでしょ。彼のなんか見るのも嫌」
「怖い女だな、ユカは・・・」
「フフフッ・・・そうだよ、私は怖い女。私を捨てようなどと考えないことね」

「着いたよ」
「ありがとう、お別れの挨拶・・・」
「なにしてんだよ??」
「チュッ・・・チンコにキスしてあげたのよ」
「ユカんちの前だよ。誰かに見つかったらどうするんだよ??」
「その時はその時ね・・・じゃぁ、また連絡するね・・・キスして・・・」
「チュッ・・・それじゃ、愛してるよ・・・バイバイ」


「お帰り。ごめんね・・・せっかく迎えに来てくれたのに・・・」
「ここに座れ。いつ終わったんだ??」
「いつもの時間だよ。すぐに教室を出ちゃったから・・・ごめんね」
「オレは終了時刻前に着いてたんだよ。メールするのは終了時刻まで待ったけど」
「裏口から出ちゃったから・・・」
「前に出口が1つしかないと言ったのはユカ、オマエだろ」
「私を疑ってるの??」
「疑う??疑う段階は過ぎたよ・・・」
「ごめんなさい。友達と・・・そう、友達と会ってたの。急に会いたいって言うから。勿論、女の友達だよ・・・信じて、あなたを愛してる」
「分かった、これ以上責めないから、これに署名してくれないか」
「えっ、これって・・・私と別れるの・・・お願い、許して。あなたを愛してるの。許してください・・・・・」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ちっち

Author:ちっち
オサシンのワンコは可愛い娘です

アッチイのは嫌
さむいのも嫌
雨ふりはもっと嫌・・・ワガママワンコです

夜は同じベッドで一緒に眠る娘です

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード