FC2ブログ

彩―隠し事

性癖  

人見知りする質で自分から能動的に動くことは少ないけれど何かの拍子でスイッチが入ると自分でも驚くほどの行動力を見せることがあり、仕事ぶりを課長に褒められた今日はそのスイッチが入った。

「いらっしゃいませ、彩さん。今日はお一人ですか??」
「はい。次回は私一人でも会員として迎えて頂けると聞いたので来ました」
「ありがとうございます。どうぞ、お入りください・・・この者がご案内いたします」
彩と仮名で登録した優子がドアの前に立つと待たされることなく、カマーバンドと蝶ネクタイを着けた黒タキシード姿の男が招き入れてくれた。
脇から裾までメッシュになったレザーのミニドレス姿で背中の中ほどまでの黒髪と切れ長の目が印象的な女性に案内された席に着く。

友人に連れられて初めて来た時よりも落ち着いているものの店内の様子や内装が気になり、彼方此方見回すのを邪魔することなく優子を値踏みするようなホステスさんの視線が熱い。
フルートグラスに注がれたキールロワイヤルが届くと、
「乾杯しようか・・・お姉さんは私のタイプ。あっ、私はカヲル。好物は可愛い女性」
えっ・・・予期せぬ成り行きで一瞬、頭の中は真っ白になり手に持ったフルートグラスをテーブルに戻す。
「脅かしちゃった??ごめんね。お客様に合わせてMにもSにもなるけど、お姉さんはMでしょう??そんな匂いがする」
「そんな事を・・・突然、言われても・・・ハァハァッ・・・」
不快と思わないものの秘めた思いを見透かされたようで息をするのが苦しくなり、自然と息が荒くなって口が開いてしまう。
「隣に座ってもいい??」
優子の返事も聞かずに身体を寄せて左手で太腿をサワサワと撫で、ミニワンピがずり上がって黒い下着がチラチラ見えても気にする様子もない。
乾杯しようよ・・・フルートグラスを持つ手は震え、カヲルの言葉に抗うことも出来ずに催眠術にかかったかのように意のまま操られる。

可愛い・・・微笑と共に一言囁き、優子の持つフルートグラスを引き寄せてキールロワイヤルを口に含み、何も言わずに唇を重ねて流し込む。
ゴクッ・・・それほどアルコール度数が高いはずもないのに喉を通過すると火傷しそうなほど熱く身体が燃える。
いやっ・・・重ねられたままの唇が優子の嚥下したことを確かめると妖しく蠢き始め、同性の柔らかい唇と舌の動きに翻弄されて全身がカァッ~と熱くなる。
ウグッ、アンッアウッ・・・舌を吸われてなすすべなくカヲルの技巧に喘ぎ声を漏らすと乳房を揉まれて全身の力が抜けていく。
「ウフフッ、感度がいいね・・・ねぇ、名前を聞いてもいい??」
「えっ、そうね・・・彩。彩と呼んで」
「彩。名前も可愛いね・・・彩りのアヤでしょう??・・・華やかに変化するって意味もあるよね。清楚で上品な彩が奔放で淫らな女に変化する。名は体を表す・・・彩、いい名前だよ」
「いや、初めて会ったカヲルさんにそんな事を言われるのは恥ずかしい」
「恥ずかしい・・・そうね。でも、気持ちに正直にならないと彩の求める世界に入ることはできないよ」

「ヒィッ~、いやぁ~ン、そんな事をされたら狂ってしまう・・・逝く、逝っちゃう、いいの、ダメェ~」
カヲルの行為に驚くばかりでSMショーを見る余裕もなかった彩は女性の悦びの声でステージに視線を向ける。
ショーツ1枚だけ残して乳房を剥き出しの女性が後ろ手に縛られて縄尻を天井から下がる鎖に繋がれ、男性と女性の二人にバイブ責めされている。
豊満な乳房は上下を這う縄が大きさを強調し、左右の乳首はクリップが挟んで錘が垂れ下がっている。
女は手に持つバイブで執拗に股間を責め、男は縛られた女を所かまわずバイブを這わせて思うさま嬲る。
二人に責められる快感で身悶えると乳房の先端からぶら下がる錘が揺れて苦痛に変わり、顔を歪めるのがなんとも艶っぽい。

「本当に逝っちゃいそうだね。足指や手の指の動きを見てごらん。快感を隠しきれないよね、唇を噛んで切ない表情で堪えているでしょう??あんなエロっぽい表情を見ると苛めたくなっちゃう・・・彩を啼かせてみたい」
カヲルの指が首筋から耳の裏を撫で、顔を近付けて息を吹きかけながら囁く。
ヒィッ~・・・どうしたの??・・・私を啼かせたいなんて急に言うんだもん。
暗くて分かりにくいものの彩の顔は朱に染まり、動悸が激しくなって息をするのが辛い。

ヒィッ~、逝く、ダメダメッ、クゥッ~、逝っちゃウゥッ~・・・ひと際長く尾を引く喘ぎ声と共にがっくりと頭を垂れた女は鎖に繋がる縄に体重を預けてぐったりとなる。
縛られたままの女を労わるように抱きかかえた男は鎖から降ろして髪を撫でて何か話しかけている。
「あの二人はご夫婦なの。来るといつもご主人と女王様の二人で奥様を責めてあげるんだよ。私も参加したことがあるけど、見ず知らずの他人の前でご主人に責めてもらう時間に幸せを感じるんだって・・・」

ハァハァッ・・・ゴクッ・・・後ろ手に縛られたまま、男の腕の中でぐったりする女から視線を外すことも出来ずに唾を飲む彩にカヲルは声をかける。
「彩、どうしたの、大丈夫??苦しそうね・・・上着を脱ごうか、楽になるよ」
仕事帰りでパンツスーツ姿の彩に声をかけ、上着を脱がせてパンツまで脱がそうとする。
ステージを見つめたまま、意思を無くしたかのようにカヲルの行為に異を唱えることもできず、スーツの上下を脱がされて唇を奪われる。
それで終わるはずもなくキスをしたまま乳房を揉まれてブラウスのボタンを外され、気が付くと下着姿にされてしまった。
「えっ、いや。こんなところで、恥ずかしい」
「大丈夫よ、まわりを見てごらん。この席は衝立や壁で見えないようになっているでしょう??・・・私に任せなさい。本当の彩の姿を見せてあげる。独りで来た理由があるんでしょう??正直になりなさい」
淫靡な欲求を湛えた瞳でカヲルを見つめる彩は操られたようにコクンと頷いてしまう。

「行くわよ。みんなに見られながら縛ってあげる」
「ハァハァッ~、顔を隠してくれる??全てを見られるのは恥ずかしいの」
「大丈夫、私を信じなさい。誰にもばれないようにしてあげる・・・」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ちっち

Author:ちっち
オサシンのワンコは可愛い娘です

アッチイのは嫌
さむいのも嫌
雨ふりはもっと嫌・・・ワガママワンコです

夜は同じベッドで一緒に眠る娘です

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード