FC2ブログ

キャバ嬢

部屋―2

「お帰り、疲れたろう」
「ただいま。遅くなっちゃってごめんね。部屋はすぐに判った??」
「判ったよ」
「沙織ちゃんから、柏木さんが部屋で待っているって聞いたから今日はぜんぜん疲れなかったよ。早く帰りたいって、それだけ」
「クククッ、今日の客は可哀想だね」
「ほんとに、接客は上の空・・・シャワーを浴びても良い??汗を流したいの」
「どうぞ」
「違うでしょ。麻里の部屋まで来たんだから、紳士はやめて狼になってくれなきゃ」
「よしっ、オレが先に入るからマリッペは後からおいで」
「うんっ・・・恥ずかしいな・・・」

「入るから目を閉じて・・・お願い。裸を見られるのは恥ずかしい」
「おあずけか??我慢したほうが喜びも大きくなるかな。瞑ったよ」
「入るね・・・麻里はどこに入れば良いの??」
「オレの腿を跨ぐんだよ・・・大木に気をつけてね」
「ほんとだ・・・ウフフッ、もっと早く麻里のことを誘えば良かったと思ってる??」
「素直になれないんだよ、惚れた女には・・・時間の経過とともに、マリッペを誘う切っ掛けもなくしちゃったしね」
「本当に・・・結構長かったもんね。麻里は我慢が出来なくなって・・・誘っちゃった。はしたない女は嫌い??」
「いや、ごめんね。オレが優柔不断だから沙織ちゃんまで煩わせる事になって」
「あっ、ごめん。目を開けても良いよ・・・恥ずかしい」
「可愛いよ。マリッペをこういう風に抱っこしたいと思ってた」
「ねぇ、麻里のことをマリッペって呼ぶのは柏木さんだけ、どうしてそう呼ぶようになったんだっけ??」
「どうしてだったかな、多分・・・誘う勇気はなかったけど、心の中ではオレだけのものって思いたかったんだよ・・・オレだけの呼び方」
「ほんとに??・・・イヤンッ、そんな事をされたら・・・気持ち良くなっちゃう」
「オッパイが手の平に馴染んで吸い込まれそうな気持ちになる」
「今までと違う・・・気持ちが良いのに、揉まれてるって気にならないほどしっくり感じる。これまでとは違う心の落ち着きを感じる」
「想い出の中に大切な人がいるんだ??」
「ごめんなさい。そういう意味じゃない・・・でも、私だってこの年まで誰とも付き合わなかったわけじゃないから・・・」
「ごめん。つまんない事を言っちゃったね」

「・・・・・アウッ・・・上手、キスだけで私のアソコはグチュグチュになっちゃった」
「可愛いよ・・・こんな時に聞いてもいぃ??」
「うん、分かってる。自分のことを麻里って言ってたのが、私になった理由でしょ??」
「そう、聞きたいな」

「あのね、麻里の本名は美里って言うの、里の字はそのままでマミムメモのミの字をマに変えたの、そしたら読み方がミサトからマリになっちゃった・・・嫌じゃなかったら、美里って呼んでくれる」
「分かった。オレは頭が固いから急に呼び名を変えてくれって言われても出来るかどうか分からないけど、ハダカンボの時は美里って呼ぶよ」
「ウフフッ・・・じゃ、二人っきりの時はいつもハダカンボで居ることにする。柏木さんのことは何て呼べばいいの??」
「オレの名前は健。友人は皆、ケンって呼ぶけど本当はタケルって言うんだよ」
「そうなの。じゃ、私はタケって呼ぶことにする」

「美里・・・大好きだよ」
「あんっ、力が抜けてく。ギュッと抱いて、身動きできないほど・・・アァ~、この瞬間を待ってたの」
「美里とオレの肌がしっとりと馴染んだように抱き心地が良い」
「うん、私も。何か懐かしいような気がして安心できる。もう離しちゃ嫌だよ・・・だめっ、そんな・・・アウッ、オッパイを揉まれたら・・・気持ち良くなっちゃう」
「美里は敏感だね。これだけの刺激で気持ち良くなってくれるんだから」
「もう止めて。きれいになってからベッドで可愛がって・・・タケとの初めては・・・ねっ、お願い」
「判った。ボディシャンプーを二人の間に垂らして擦りっこして洗おうか」
「・・・これでいいの??・・・うっ、タケが触れる場所は全部、気持ちが良いの」
「美里のオッパイがポニョポニョして気持ち良い」
「男の人は、もっと大きいほうが良いんでしょう・・・」
「オレにはこれ位がちょうどいいよ。手の平で包み込めるくらいの大きさが安心できる」
「イヤンッ、私の中に入ろうとしてるみたい」
「ムスコも美里と仲良くしたいと思ってるんだよ」
「早く出ようよ。ムスメも我慢できないって言ってる」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント