FC2ブログ

堕ちる

幸子の悲劇-3

ボタンを外して露になった乳房を隠すためにシャツを掻き合わせていた瑞樹は、その手を放して新田の前で立ち尽くす。
「自分で脱ぐのは恥ずかしい・・・」
紗耶香の調教に加わった瑞樹が言葉に出来ないわだかまりを抱えているのを理解する新田は余計なことは口にせずに手を伸ばす。
その手に重ねた瑞樹の手を掴んで引き寄せて唇を合わせ、身体中をまさぐると、感に堪えぬ風で吐息を漏らして唾液を啜る。
シャツの前はしどけなく開いて剥き出しになった乳房は新田の手の中で歪に変形する。
「もっと、強く・・・壊れちゃうくらい強くして」

均整がとれた身体の瑞樹が歩く時は腰の位置が高く膝下が伸びて颯爽とした魅力に溢れ、二人で歩くとすれ違う男たちは瑞樹を見た後、新田に羨望の眼差しを向ける。
今、新田の腕の中で身悶える瑞樹は見かけと違って要所をムッチリとした柔らかみで包み、触れた手が肌に吸い付くように馴染んでいく。
「瑞樹の肌はオレを意地悪にする・・・誰にも触れられたくない嫉妬心が湧いてくる」
「嬉しい・・・滅茶苦茶にして、貴男以外の男性に目もくれない女になりたい。好き、大好き」
何かを思い出して自分に言い聞かせるように切羽詰まった声を漏らす。

ついばむように唇をつつき合い、舌先が唇を刷いて互いの手が肌をまさぐり合う。
「大好きだよ。瑞樹の肌に触れると離れられなくなる」
「私も大好き・・・アンッ、脱がされちゃうの??私は身体も心も貴男のモノ。脱がせて・・・」
ブルーのシャツを脱がすと身に着けるのは真っ赤な紐パンだけとなり、脱がせてと言った瑞樹は羞恥で肩をすぼめるものの健気にも剥き出しの乳房や股間を隠すことなく立ち尽くす。
「ハァハァッ・・・舐めさせて、貴男のモノを舐めて恥ずかしさから逃れたい」
ソファに座る新田の前でうずくまった瑞樹は、
「脱がせてもいいでしょう??私だけハダカンボなのは恥ずかしい・・・」

白い指がナイトガウンをはだけると宙を睨むペニスが姿を現し、見つめる瑞樹は驚きの表情で目を見張り直ぐに笑みが浮かぶ。
「私のオッパイを見てこんなになっちゃったの??まさか、エロチックな香りのせいだって言わないでしょう??」
「オッパイだけじゃないよ。さっきも言ったけど、嗅覚や視覚など瑞樹と一緒に五感を刺激されているんだから萎んだままだったらおかしいだろう」
「ウフフッ、我慢できるかな??」
亀頭を指でなぞり僅かに滲んでいた先走り汁を塗り広げて嬉しそうに笑みを浮かべ、上目遣いで見上げる色っぽさにペニスはピクンッと反応する。
見てはいないものの指に伝わる感触でペニスの興奮を悟った瑞樹は、オシャブリする前から昂奮して、すぐに発射したりしないでよと憎らしい事を言う。

付け根に指を添えて口に含んでも怒張は宙を睨んで上顎をつつき瑞樹はウェッと苦しそうな声を漏らす。
「大丈夫??苦しかったか??」
「平気だよ、この子が元気だからびっくりしたの。私の口の中で跳ねるほど元気なのは嬉しい・・・オシャブリを続けるね」

左手を付け根に添えて右手は陰嚢をヤワヤワと擦りながら顔を上下する。
ジュボジュボ、ジュルジュルッ・・・ウグウグッ、フグフグッ・・・顔の上下の度に唇が亀頭を刺激して得も言われぬ快感に表情を緩め、温かい口腔で柔らかな舌が絡みつく心地良さに我慢の限界を感じた新田は瑞樹の髪を掴む。
瑞樹を抱き起してベッドに運び、両手で腰のあたりを擦りながらショーツ越しに股間をベロベロと舐めまわす。
「ねぇ、どうしたの??いつもの貴男と違ってせっかちで乱暴・・・ありがとう。私の気持ちを分かってくれているんだよね・・・紗耶香さんはもっと恥ずかしい事をされたし私も参加したの」
「忘れろ」
「うん・・・入れて。忘れさせて」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント