FC2ブログ

お伽話

心花 -32

典哉は肘と膝を支えにして不必要に体重をかけることなく覆いかぶさり、ムッチリと張り出した腰や腿の外側を手の平が熱を感じるほど強く撫でて、柔らかな内腿を指先や爪の背で優しく擦り羽化登仙の境地に誘い込んでいく。
「ウッ、クゥッ~・・・いぃ、気持ちいぃ」
押し殺したように漏らす声は肌を刺激される快感だけではなく、心の内まで愛撫されているような心地良さを伴い身体の蠢きは手の動きに同調していく。

手による愛撫に唇が加わり、両手が脇腹を撫でるとベビードール越しに舌と唇を下腹部から鳩尾を経て胸の谷間まで這わせる。
「ベビードール越しの愛撫もいい感じ。物足りなさが心も身体も敏感になるような気がする」
「クククッ、赤いベビードールが赤褐色に見えるまでベチョベチョに舐めちゃおう・・・ミカが気持ち悪い変態は嫌いって言うまで」
「アンッ、フミヤなら気持ち悪い変態でもいいよ。グチャグチャッ、ヌチャヌチャに舐めて、私もエッチなスケベになりたい」

乳房の麓を鷲掴みにして先端に向かって揉みしだき、ピンクの突起物を甘噛みすると典哉の髪を掴んで襲い来る快感を堪える。
アウッ、クゥッ~・・・悲鳴のような喘ぎ声を漏らした心花は髪を掴んでいた手を典哉の興奮の証を求めて股間に伸ばす。
「ダメだよ、ミカ。変態のオレのモノを触ろうとしちゃ・・・罰を与えなきゃいけないな」
「そうなの??久しぶりに男の肌に触れてるのに触っちゃダメなの??かわいそう・・・痛いことはしないでね、慣れてないから」
慣れればどんなことをしたくなるのだという言葉を飲み込んで、
「痛いことはしないよ。ミカの視覚を奪っちゃうだけ」
ベビードールを引き剥がすように脱がせて目隠しする。
「怖い・・・Tバック一枚にされた上に見えない、何も見えないの」
「そうだよ、視覚を奪われたミカは状況を理解しようとして視覚以外の感覚が鋭敏になる、いずれ分かるからね。ミカ、ベッドを降りるよ・・・いいね??」
ハァハァッ・・・息を荒げる心花は苦しそうに肩と腹部を上下し、典哉の手が導くままベッドを降りて数歩移動する。
「まさか・・・また窓際に立たせるの??今日は日曜日で今は朝、絶対に公園に人がいるはず。オッパイを見られちゃう、いや・・・許して、ハァハァッ、息をするのが苦しい」
「大丈夫だよ、オレがミカに変なことをするわけがないだろ・・・手を伸ばしてごらん」
目隠しをされた心花は典哉に握られた右手を恐る恐る伸ばしていく。
「ヒィッ~、いや、窓のそばにいる。窓ガラスに触れた。いや、いやっ、見られちゃう・・・」
「分かるだろ、感覚が敏感になって指先に触れたモノが何か見なくても理解できる。恥ずかしいな・・・大きな声を出すと誰かに聞かれちゃうよ」
ハァハァッ、怖い・・・ますます息遣いが荒くなり、倒れこみそうになる心花を背後から抱きしめ、逃れようと抗う胸を揉みしだきながら二本の指の間に乳首を挟んで乳房と先端のすべてに刺激を与える。

「ミカはスケベだな。尻をクチュクチュ動かすからオレのモノが気持ちよくて大きくなっちゃうよ」
抗うのをやめて下半身を典哉に押し付けると熱くて硬い棒が尻の割れ目に嵌まり、ヒッ、いやンと艶めかしい声を漏らす。
「イヤッ、フミヤはスケベ。熱い棒が尻の割れ目に挟まってる・・・あんっ、オッパイをそんな風にされたら我慢できなくなっちゃう」
ここはどうなっていると言って伸ばした指はTバックに忍び込み、火傷しそうなほど熱いぬかるみに没して、クチュクチュッ、ヌチャヌチャと卑猥な音を奏でる。
「いやン、やめて。恥ずかしい音がする・・・独りエッチの時だって嬉し涙を流すだけでこんなに恥ずかしい音は立てないのに」
「ほう、そうなのか。ミカは毎日毎晩オナニーで独り寝の寂しさを紛らしていたのか・・・そうか、スケベだと感じてたけど、オナニーのせいだな、ふ~ン、そうなんだ」
「そんな事より本当に見えない??独りエッチをフミヤに見られるより恥ずかしいし気になる」
「本当か??ミカは好い女だし仕事もできる。後ろ姿の凛とした様子を見ると身体のケアも気遣ってる。本当は知らない人に見せたいほど自慢なんじゃないか??」
「いやっ、そんなことを言わないで。そんなことを思った事はないもん、ねぇ、恥ずかしいからベッドで・・・ねっ」
「まだだめだ、ミカのことを誰かに見せたりしないよ。ミカはオレだけのモノだからね」
「そうなの??私はフミヤの女なの??信じる、フミヤの言葉を信じる」

「ヒィッ~・・・脱がせちゃ嫌っ、窓際でスッポンポンになりたくない」
Tバックショーツに指をかけて尻を滑らせるように引き下ろすと心花は悲鳴を上げてその場で蹲ろうとする。
ミカ・・・厳しく叱声すると諦めたように抗うことをやめて典哉の手に縋って立ち上がる。
「ごめん・・・目隠しを外すよ・・・どう??大丈夫??見える??」
「えっ・・・心臓が爆発してしまうかと思うほどハラハラドキドキしたんだから・・・私は鏡の前で公園にいる人に見られないかと心配してたの??ウフフッ・・・涙が出てきちゃう、どうしてだろう??」

昨晩、目隠しをされて痴態を曝したことが思い出される。
羞恥と快感が混然となって自分が何をしているのかも分からないほど劣情を滾らせた。
これまで付き合った男たちとの事は思い出すのも癪だし、友人や知人が男たちの噂を楽しそうに話すのを聞くのも時間の無駄だと思っていた。
典哉に惚れたと確信が持てないものの惹かれていくのを自覚する。
このまま付き合うことになれば仕事よりも大切な存在になるかもしれない、それでいいのかどうか心が騒ぐ。

そんな心花の気持ちを知ってか知らずにか典哉はわずかに頬を伝う涙を唇で拭い、
「バカだな、オレがミカを苛めるはずがないだろう」と囁いて唇を重ねる。
典哉の髪に指を絡ませてクシャクシャにしながらむさぼるようにキスをする。
「ベッドに行くよ」
典哉に抱きかかえられてベッドに運ばれ、優しさを滲ませた瞳に見つめられると恥ずかしくて目を閉じる。
「フミヤが好き・・・優しくしてね」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ちっち

Author:ちっち
オサシンのワンコは可愛い娘です

アッチイのは嫌
さむいのも嫌
雨ふりはもっと嫌・・・ワガママワンコです

夜は同じベッドで一緒に眠る娘です

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード