FC2ブログ

お伽話

心花 -31

俯せの心花はゴクッと唾を飲んだあと無言になり、何かを期待して抱きかかえた枕に顔を埋め、
典哉はベビードール越しに身体のラインをなぞる。
肩を撫で脇から腰に手を這わせて上半身の輪郭を確かめ、ウェストのくびれからムッチリと張り出した腰から太腿に続くラインの艶めかしさに満足する。
「あの日もパンツスーツの中にこんなにエロイ身体を隠していたんだね」
「それは誉め言葉と受け取っていいのかなぁ??」
「クククッ・・・オレの手がもう少し確かめたいってさ。褒めるかどうかは、その後でいいだろう??」
「存分にどうぞ。フミヤの手による検査が終わるまで邪魔しないから・・・ウフフッ、ドキドキする」

透け感のある真っ赤なランジェリーと白い太腿の対比が優美な柔らかさを強調して頬ずりしたくなるほど妖しい色気をまき散らし、ベビードールとショーツが隠し切れないムッチリとした裏腿は手を伸ばすのさえ躊躇う蠱惑的な魅力が溢れる。
「どうしたの??焦らしてる積りなの??」
心花の言葉で迷いを吹っ切った典哉は、
「今更だけどミカは好い女だな。化粧や衣装はほとんどの人が気にするけど後ろ姿や歩く姿は案外と気にしない・・・何日か前のことだけど初めて会った日のことを思い出すよ。パンツスーツでヒールの音も高らかに颯爽と歩いていた。ハイヒールで膝を伸ばしてつま先がまっすぐ伸びて格好よかったよ」
「えぇ、フミヤは私の歩く姿に惚れたの??喜んでいいのかなぁ??」
「クククッ、歩く姿だけじゃないよ、後ろ姿が凛として惚れ惚れする。ミカを正面から見ると美しいなぁと思うけど、今もそうだけど後ろ姿を見ると食事や生活習慣ってのかな、きちんと自分を意識して生活してるのが分かるよ」
「後ろ姿を意識してる積りはないけど信じる・・・でも、見るだけじゃわからないでしょう??」
「そうだな・・・」

ヒッ・・・アンッアゥッ・・・典哉の指先が耳の後ろを撫でるとヒッと驚きの声を漏らし、首筋を刷くように動くと甘い吐息に変化する。
ベビードールの皺を伸ばすような繊細な動きで手の平が背中を撫で降り、腰に行きつくと指が背骨の左右を撫で上がる。
背中で円を描くように手の平が自由に舞い、心花の両手がシーツを掴み背後からでも分かるくらい歯を食いしばるのを見ると覆いかぶさるようにして耳のそばで息を吹きかけながら、痛いことはしないから力を抜いてと囁く。
「うん、久しぶりだから緊張しちゃう」
ハァッ~~、息を吹きかけながら耳朶を乾いた舌でなぞり、尖らせた舌先が耳穴に侵入する。
ゾワゾワッ・・・虫が這いずるような音が脳に響き、悲鳴にも似た声を漏らす。
「アウッ、ヒィッ~・・・いやんっ、変な感じ。鳥肌が・・・すごいでしょう??」
「鳥肌もすごいけどミカの白い肌に触れるとねっとりオレに絡みついてくるよ」
「いやっ、そんなことを言わないで。私のすべてがエッチの塊のような言い方を・・・そんなことを言われてもフミヤが好き」
「ベッドで横たわるミカにはスケベの神様が宿っているんだろう??仕事でもなんでも目の前のことに頑張りすぎるミカに神様が与えてくれたご褒美がオレだと嬉しいな」

ングッ、ウググッ・・・典哉の首に手を回して引き寄せた心花はむしゃぶりつくように唇を合わせて言葉を封じる。
フグフグッ・・・舌を絡ませて互いの身体をまさぐり合い、唾液を交換して真っ赤な瞳で見つめ合う。
「気持ちよくして。フミヤを忘れられない想い出をこの身体に刻んで、お願い」
再び枕に顔を埋めた心花の背中を撫でると、物足りないのかウネウネと上半身を蠢かし、典哉の指がベビードールの裾から侵入してTバックを確かめるように尻の割れ目に沿って指を這わせると、アンッと艶めかしい声を漏らして身体を固くする。
尻を揉むと割れ目がキュッと締まり、内腿を爪の先で撫でると足の付け根がピクピク反応する。
ベビードール越しに濡らした舌で尻の割れ目に沿って舐め上げ、わき腹を手の平で撫で擦る。
「アヒッ、クゥッ~・・・そう、ンッ、気持ちいぃ。私は何もしなくていいの??ねぇ、何もしなくていいの??」
「いいんだよ、ミカが気持ちよくなってくれれば嬉しい。白くてねっとりした肌の感触がベビードール越しでも感じられる。本当にエロイ身体だよ」

プリンと引き締まった尻、ムッチリと張り出した太腿から腰のライン、ムニュムニュと艶めかしく手の平に吸い付く内腿、心花の身体はどこに触れても指先がエロい刺激を感じると言いながら刷くように撫でまわす。
「いやっ、後ろ姿に惚れるだけじゃ嫌。前は??私のオッパイに何も感じないの??」
俯せから仰向けに姿勢を替えた心花の瞳は淫靡に燃え上り、昂奮で乾いた唇を赤い舌が舐める色っぽさは典哉の股間を刺激する。
「あんっ、なに??私の足をつつく固い棒が有る・・・何、なんなの??まさか・・・ウフフッ、違うよね??」

股間を心花の腿に擦りつけたままで股間までずり上がり、膝で身体を支えて頬を両手を挟み、言葉もなく見つめてニコッと微笑む。
「イヤンッ、自分でもわかるほどドキドキしているのにフミヤは余裕綽々、嫌い・・・」
「抑えきれない昂奮を必死に隠してるんだよ・・・分かるだろ??火傷するほど熱いだろう??」
「熱いし固い。もっと気持ちよくして、フミヤのことが忘れられない女になりたいの」
真っ赤なベビードールの透け感が白い肌を一層柔らかで優しい雰囲気を醸し出して手を伸ばさずにいられない。
ウェストの括れから腰に続く成熟した女性らしいラインに手を這わせ、太腿のムッチリ感が手の平に与えてくれる感触に目を細める。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント