FC2ブログ

M 囚われて

囚われて-21

クチャクチャ、グチュグチュ・・・ソーセージが出入りするバギナは卑猥な音を立て、詩織は魅入られたように鏡に映る自らの姿に見入る。
男の指が耳を弄り、その音がザワザワと詩織の脳に響き、正体不明の快感が目覚め始める。
アッアァッ~、イヤァ~ン・・・クチュクチュ、グチャグチャ・・・ギシギシッ・・・忍も男も詩織の痴態に見入り、しわぶき一つない部屋に喘ぎ声やバギナが掻き回す音、詩織が快感に耐えて身を捩るたびにチェアが軋む音が響く。
「十分に味が浸みたわよ。詩織・・・味見しなさい」
ン~ンゥ~・・・ウググッ、クゥッ~・・・忍が近付けたソーセージを食べたくないと唇を固く結び、男は呻き声に似た拒否の声を漏らす詩織の乳首を摘まんで指先に力を込めていく。
「ウゥ~、痛い・・・食べます。オッパイを痛くしないで・・・」
ソーセージを頬張り半分ほど食べた詩織は、
「美味しいけど、お腹いっぱい。もう食べられない・・・」
「ウフフッ・・・詩織、これだけ食べれば十分。仰向けにされたカエルのように、オッパイもマンコも丸出しでバクバク食べるようじゃ色気がなさすぎるからね。それにしても恥ずかしい恰好・・・」
「イヤンッ、そんな事を言わないで、恥ずかしいのを我慢しているんだから・・・忘れさせて、もっと苛めて」

「剃っちゃおうか??」
「えっ、なに??何を言ってるの??・・・ウソでしょう??止めて、許して・・・」
濃くはなく儚げにさえ見える陰毛に指を絡ませながら忍は、じりじりと詩織を追い詰めていく。
「可愛い詩織にマン毛は必要ないでしょう・・・それに、男の人のぶっといので掻き回される時、手入れが悪いと毛切れする可能性だってあるんだよ、知っているでしょう??・・・詩織のは毛切れするほどの剛毛じゃないけどね、用心とエチケットのために・・・どうする??」
「・・・そんな事、返事できない・・・忍がしたいようにしても良いよ。私はどうなっても我慢する」
「ふ~ん・・・剃って欲しいんだ??剃ってくださいって、お願いしなさい」
二本目のソーセージをバギナに押し込み、焦らすように出し入れさせながら詩織の瞳を見つめる。
「ハァハァッ、いやっ・・・もっと激しく。チンチン汁を飲ませてもらったけど、オチンチンを入れてもらってないの。ソーセージにまで焦らされたくない。早く、何でもいいから激しくして・・・」
最後は叫ぶように声を絞り出し、拘束された身体を精一杯揺する。
ギシギシ、ガチャガチャッ・・・SMチェアの軋み音は詩織の抗議の証であり、清楚な女性の身体の奥に潜んでいた本性が姿を現し始めた証明でもある。

忍はバギナに挿入したソーセージをそのままにして剃毛の準備を始め、詩織は頭上の鏡の中で、その行動を追う。
「良かったな、詩織。毛をジョリジョリしてもらえるんだぞ・・・それより、忍の印象はどうだ??」
「きれい、ボーイッシュで美人・・・あなたとは、どんな関係なの??」
「忍はバイだけど、多分女性の方が好きだと思うよ。オマンコを生マラで突かれたくなったら私の所へ来る。その時の忘れ物が詩織の使ったリップスティック・・・詩織と忍はスティック姉妹ってわけだよ」
「イヤッ、スティック姉妹だなんて・・・エッチ」
「えっ??・・・クククッ、マラ兄弟って事か??・・・忍の中に入った事はあるけど、詩織には、まだ入ってないよ」

大きく開いて拘束した両足の間に立った忍は、頭上を見上げて鏡の中の詩織に笑みを送る。鏡の中の詩織は白い肌を無防備に晒し、バギナが咥え込んだソーセージがユラユラと蠢くさまは卑猥な事この上ない。
無言の内に詩織の股間にシェービングフォームを塗り付け、抗う暇も与えずに剃刀を滑らせる。
アァッ~・・・剃刀が恥丘のシェービングフォームを拭い取り、一筋見える白い肌の恥毛は刈り取られてしまっている。
ハァハァッ・・・腹部を激しく上下させて荒い息を漏らす詩織は、鏡の中の下腹部に見入り恥毛を刈り取られた姿よりバギナが咥え込んだソーセージの卑猥な姿に見入る。
「いやらしい・・・」
「気に入ってくれた??詩織の清楚で白い肌にはパイパンの方が似合うよ」
「ヌルヌルに蜜が垂れてるはずなのに、ソーセージは抜け出ることなくアソコに頭を入れたまま・・・ウネウネ動いて、いやらしい」
一部とは言え陰毛を剃り落された事を気にする様子もなく、忍の言葉を聞いていないかのように、詩織は鏡の中の自らのバギナに挿入されたソーセージに見入る。
「あらあらっ、詩織が気になるのはソーセージなの??・・・淫汁を垂らしながら落とさないのは、締りの好い名器って事だね」
忍はソーセージを右に左に動かしながら陰毛を剃り落す。
くすみのない白い肌が姿を現し、清楚な詩織にふさわしい可憐な姿をあからさまにする。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント