FC2ブログ

不倫 ~immorality~

想いを巡らす 二日目 68

下着を剥ぎ取られ、目隠しと両手を拘束していた紐を解かれた彩は糸くず一本身に着けずに横たわっている。
羞恥を帯びた頬は朱に染まり、健が愛してやまない白い肌は滑りを帯びた乳白色となって艶めかしく輝く。
アウッ、アンッ、いぃ、そんな処を・・・ウッウッ、クゥッ~・・・アナルに挿入した二本の指とバギナに忍び込んだ親指は擦り合い、蠢くたびに彩の口から悦びの声が漏れる。
眉間に皺を刻んで唇を噛み、足指を曲げたり伸ばしたりを繰り返して快感を堪える彩を愛おしむ健は、股間で戯れる右手はそのままにして彩の頬に添えた左手で優しく擦る。
添えられた手の平に頬を押し付け、健の体温に優しさを感じて目を閉じる。
「私たちって食べる時間と眠るとき以外はエッチな事をしている気がするんだけど、これって問題じゃない??」
「本気でそう思ってる??」
「うん、エッチしか頭にないって少しね・・・クククッ」
「これからは違うと思うけど、今までは嫉妬心もあって彩の身体に執着していたかもしれないな」
「妬いてたの??ねぇ、誰を気にしてるのか教えて欲しい・・・アンッ、そんな事を・・・クゥッ~、卑怯だよ」
バギナから出た親指がクリトリスを刺激すると挿入したままの二本の指が自然にアナル壁を擦り、今は何も侵入していないはずの膣壁に予期せぬ快感が与えられるとウットリとした上目遣いの視線に媚びを宿らせて再び目を閉じる。

閉じた瞼に唇を近付け、チュッと合わせて舌を這わせる。
「アンッ、瞼のキスって好き。健にされるまで気付かなかった彩の性感帯・・・健が触れる彩の全身が性感帯になる」
「オレなんか、もっとすごいよ。待ち合わせ場所で彩の姿を見た時、チンチンがギンギンになって目が性感帯になっちゃったし声を聴いたらゾクゾクして耳が性感帯なるよ。身体を触れなくてもギンギンのビンビンだよ」
「彩だって、もっとすごいことがあるもん。夢の中に出てくる健の姿を見るだけでオマンチョがグジュグジュ、朝起きた時に気持ち悪いくらいだよ」
「彩は可愛いな、大好きだよ」
「彩も大好き。彩の事がどれくらい好きか教えてくれる??」
「そうだなぁ・・・宇宙の果てまで、すべての星の数ほど好きだよ」
「ウフフッ、彩が勝ったかも・・・地球上にあるすべての砂粒の数ほど好き。湘南の海や世界中の海、鳥取砂丘、サハラ砂漠もありとあらゆる砂粒の数だよ」

「彩、星の数は砂粒の数に負けるかもしれないけど、気持ちは決して負けないよ。言い古されて陳腐な言葉だけどオレは彩の身体だけではなく心も抱くよ」
「うん、彩の心も盗んじゃって。恋泥棒の男って格好いいよ」
「クククッ・・・恋泥棒の前に花盗人になろう」
「花泥棒??ウフフッ、真っ赤で朝露に濡れたようなバラの花の事だよね、好いよ盗んじゃって。健のモノにして欲しい」

アナルに挿入した二本の指はそのままにしてクリトリスを弄っていた親指を再び膣口に沈め、顔を股間に近付けていく。
ハァハァッ・・・目隠しを外されて視覚を取り戻していた彩は健の動きを見ながら息を荒げ、膝を開いて愛撫を待つ。
シーツを掴んでいた指が乳房の先端を摘まんで顔を持ち上げ、引っ張り上げた乳首の向こうで蠢く右手の動きにウッウッと堪えがたい様子の声を漏らす。
「アァ~ン、だめ、想像するだけでドキドキする」
「クククッ、エッチでスケベな彩は何を想像してるんだ??教えてくれるね」
「オチリの穴とアソコを右手でクチュクチュしながらクリをペロペロ舐めようとしてるでしょう??知ってるもん、エッチな健がすることは何でもお見通しだよ・・・アウッ、ウッ・・・やっぱりだ、クリをペロペロされると気持ち良い」
アナルと膣を分ける薄い壁を指で擦りながらクリトリスの包皮に沿って舌を這わせて先端をツンツンつつく。
足指が蠢き、膝を立てたり伸ばしたり妖しく動く彩の艶めかしさに健の興奮が募る。

膣壁を擦りながら親指は円を描くように蠢き、繊細な刺激で満足するクリトリスは包皮を吸い上げられて甘噛みされる荒々しい愛撫に応えて蜜を溢れさせる。
アナルを犯す二本の指は関節を折り曲げて壁を押し広げ、それにつれて彩の口はしどけなく開いていく。
「そんな、イヤンッ・・・オチリが壊れちゃう、ポッカリ穴が開いて締まらなくなっちゃう・・・ウググッ、クゥッ~、オマンチョの親指をそんな風に動かさないで。イヤッ、言持ちイイ。彩は変なの??」
「ベッドの彩はオレ専用の娼婦。昼間は知的な事を話すこの口は甘美な喘ぎ声でオレを蕩かし、マリンスポーツやヨガで鍛えたこの身体はオレの責めを受けて身悶える・・・」
「それだけじゃないよ、彩の口は喘ぎ声で健を挑発するだけじゃない。健のチンチンをオシャブリして逞しい男に変身させる事も得意なの。彩の顔を跨いで舐めさせて」
アナルとバギナの指を蠢かしながら満面の笑みを浮かべた健はナイトシャツを脱ぎ棄てて、驚くなよと言いながら彩の顔を跨ぐ。
「えっ、なに??チンチンはベチョベチョでギンギン。こんなになって痛くないの??」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ちっち

Author:ちっち
オサシンのワンコは可愛い娘です

アッチイのは嫌
さむいのも嫌
雨ふりはもっと嫌・・・ワガママワンコです

夜は同じベッドで一緒に眠る娘です

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード