FC2ブログ

不倫 ~immorality~

想いを巡らす 二日目 63

彩は自ら言う通り人見知りをするし引っ込み思案なところもある。
それは決して何事に対しても消極的と言うことではなく、人の先頭に立って自分を主張するのが苦手で、思慮深く周囲を見渡して慎重に事に当たるという事だと健は思っている。
そんな彩だけに結論を出した時は周囲が思いもよらぬ大胆な事をするし、本来はスポーツ好きでアクティブな性格だと思っている。
丁寧な愛撫で性感を高めたり、時には思いもよらない直接的なセックスをしたりと性的な刺激がツボにはまればセックスパートナーとして十分すぎる満足を与えてくれる、そんな女性だとも思っている。
セックス以外の時間は思慮深さと必要以上に自分を主張しないという事が会話を楽しくしてくれるし、どちらかといえば直感に頼る生き方をする健だけに彩の慎重な性格は穏やかな時間を過ごさせてくれる好ましい女性だ。

俯せから仰向けになった彩に添い寝する健は腕枕の要領で首に巻いた左手で耳を弄り、右手で内腿を擦って唇は乳房の先端で戯れる。
ウッウッ、ウゥッ~・・・耳と胸、そして内腿と三ヶ所への責めは気持ち良いに違いないものの、それは与えられる愛撫だけではなく健の思うさま嬲られているという被虐心を刺激される悦びが芽生えつつある。
「健の事を信じているから何をされるかって不安に思うのも気持ち良いかも・・・おかしい??」
「おかしくないさ。もう一度、目隠しをしようか??」
「・・・うん、目隠しされたい・・・それだけじゃ、つまんないかも。せっかく目隠しされるんだから・・・ねっ、分るでしょう??」

健がベッドの端で所在無げに転がる目隠しを拾い上げるのを見ると、彩はハァハァッと息を荒げて口を閉じるのも苦し気に腹部を上下する。
横たわる彩を抱き起して目隠しで視覚を奪って両手を首の後ろに回しなさいと静かに命じ、首を一回りさせたバスローブの紐で両手首を縛る。
座らせたままの彩を左手で抱きかかえて乳房に手を添えると、アンッと艶めかしい声を漏らして身体を捩る。
ウグッ、クゥッ~・・・縛られた両手を動かすと紐で首を絞めることになり苦しそうな声を漏らして見えるはずもないのに顔を健に向ける。
「気をつけた方が好いよ。変に動くと首を絞めることになるからね・・・寝かせるよ」

「脇が妙に色っぽいね」
ウグッ、ググッ・・・腋窩を褒められると羞恥がこみ上げ、隠そうとすると首を絞めることになる。
「だから言っただろう、苦しいのが嫌ならこんな風にしても堪えるんだよ」
クククッ、健の指が脇腹をくすぐると彩は縛られた両手を開いて首に添え、紐が首を絞めないように知恵を出す。
「苛められているのに嫌だと思わない彩っておかしいよね??Mっ子だからかなぁ??」
そうだよ、彩は苛められて悦ぶMっ子だよと言いながら寝かせて、じっと見つめるだけで何もしない。
手を伸ばす事も出来ず、見る事も出来ない彩は健の居場所を探ろうとして耳を澄ますものの、その気配を感じ取ることは出来ず、ひたすら愛撫を待つだけの身になる。
健の鼓動も息遣いも感じる事が出来ず居場所を探る事は諦めると意識は自分の内に向かい、自らの心臓が身体中に血を送り出す音がドクドクとうるさく聞こえ始める。
今、聞こえている鼓動は彩の生きている証であり、健によって気付かされた。

夫との生活が意に沿わぬモノになりつつある今、健に与えてもらうセックスの悦びが彩の心に余裕を産み、他人に対してもっと優しくなれるかも知れないと思う。
それは夫に対しても同じはず。
愛し愛された昔を取り戻すのは困難でも、たまには二人で笑う時間を共有したいと思う。

健の指が唇をなぞり、アンッと吐息を漏らすと同時に開いた口に侵入して唇を摘まむ。
ウッ、ウググッ・・・えっ、なに??なに、どうしたの??・・・ウッ、ウググッ、苦しい・・・目隠しで健の動きが見えない彩は舌を摘ままれるという予測できない行為に混乱し、次の瞬間、隠す事が出来ない格好で縛られた腋窩を舐められ甘噛みされると思わず身悶えて首が閉まる苦しさで現実を知る。
「クククッ・・・彩。感度の好い彩に身悶えるのは危険だよって言うのは気の毒だけど我慢しようね。首が締まると苦しいだろう??」
「いじわる・・・気持ち良くなりたい彩に、気持ち良くなっちゃ首が締まるよって言うなんて・・・」
「それが好いんだろう??気持ちの善い悦びを堪え忍ぶ好い女。その名は彩・・・このオッパイは誂えのようにオレの手にピタリと嵌まって吸い付くようだよ。先端はピンクの可憐なサクランボ・・・動いちゃダメだよ」
乳房を鷲掴みにして絞り出すように揉み込み、先端を舌で叩いて口に含み、コロコロ転がして甘噛みする。
「イヤンッ・・・ウグッ、苦しい・・・気持ち善くなると苦しくなっちゃう、いじわる」
苦しがり嫌がる彩も可愛いよと言いながら乳房を揉みしだき乳首を転がした健は、彩の女の子も可愛がってやんなきゃと言いながら下半身に位置を変える。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント