FC2ブログ

不倫 ~immorality~

想いを巡らす 二日目 49

空は暗さを増し、街灯が照らす小道は十分な明るさがあるもののワンピースのボタンを留めようともしない彩は健と腕を絡ませて潮風の匂いを胸一杯に吸い込む。
「彩はね、海の近くに住むのが夢なの。海って好いよね・・・泳いでよし、潜ってよし、砂浜を散歩するだけでも楽しくなっちゃう」
「忘れてるよ。潮の香りを吸い込んで剥き出しにした胸を膨らませるのを・・・」
「フフフッ、潮の香りは吸い込んだけど、胸が膨らんだかどうか確かめてくれる??」
悪戯心でキラキラ光る彩の瞳は、萎えかけていた健のスケベ心を刺激して股間を逞しく変身させる。
「やっぱり彩の事が好きなんだなぁ・・・オレもオレの息子も」
「どうしたの??今更そんな事を・・・」
「見てくれよ、オレの息子を」
「あらっ、逞しくなってる。どうしたの??」

若いカップルのアナルセックスを見る健のペニスをしゃぶっても元気になる事がなかったのに、二人きりになった今は彩の身体に刺激されて見慣れた逞しい姿になっている。
「知らない人のセックスを見るより彩の艶めかしい身体を見る方が刺激的だよ、オレにとっちゃ」
「嬉しい事を言ってくれたから、ご褒美をあげる。彩のオッパイをオシャブリしてもいいよ・・・外じゃ恥ずかしいからできないの??」
股間のモノは隆々として宙を睨み、息を荒くして乾いた唇に舌を這わせて滑りを与える健の頬に手を添える彩は余裕綽々に口元を緩める。
「彩はね、外でエッチな事をしてみたかったの・・・今日は長年の想いを満足させる記念日、昼間は円華に嬲られて、今は健を相手にスリルを楽しむの・・・満足させてくれる??」

彩を抱き寄せて何度も唇をついばむようにキスを繰り返し、身体の芯から湧き起こる欲望をてらいもなくぶつける。
フグフグッ、ジュルジュルッ・・・何ものにも邪魔されずに思いの丈をぶつけ合う二人は貪り合い、改めて存在を確かめるように全身を撫で回す。
「ウッウッ、ウゥッ~・・・ダメ、もっと・・・もっと激しくして、健の事を忘れられない女にして欲しいの」
「あぁ、彩はオレだけのモノだ。オレの好きなこの身体、許しもなく他の男に触れさせるんじゃない」
「嬉しい・・・外で他人の目を気にしながら恥ずかしい事をしたいと思っていたけど、健と一緒だから嬉しいの。気持ちいぃ・・・ヒィッ~」
オープンブラが剥き出しにする乳房にむしゃぶりついて先端を舌でつつき、頬をへこませて吸い込み甘噛みをしながら、濡れそぼつバギナに指を侵入させると悲鳴のような悦びの声を漏らす。
「彩、静かにしないと・・・」
「だって、気持ち良いから自然に出ちゃうんだもん。健が悪いんだよ、彩のせいじゃない・・・アウッ、アワワッ、そんな事をされたら・・・ウッ、ウググッ」
ウググッ・・・バギナに侵入した指が膣壁を擦ると堪えがたい喘ぎ声と共に健の肩に歯を立てて声を漏らすのを我慢しようとする。
「彩は、ここも好きなんだよな」
「えっ、嫌、こんな処でオチリを弄られたくない・・・止めて、いやっ」
「何を勘違いしているんだよ。彩は尻の穴を弄ってもらいたいのか??オレはクリを可愛がってあげようと思ったけど満足できないのか??」
指の挿入を二本に増やして膣壁を擦り、親指でクリトリスを愛撫すると自らの身体を支えることも困難になって健にしなだれかかり息を荒げる。
「止めて、気持ち良すぎる・・・続きはベッドでお願い。ここじゃ安心できないの、ねっ、お願いだから・・・」

外で襲われる哀れな姿を想像しながら独りエッチを楽しんだ事のある彩も、ベッドで心ゆくまで愛撫される魅力に抗しがたくノロノロと立ち上がりワンピースのボタンを一つ、また一つと嵌めていく。
互いの腰に手を回し、彩は健の肩にしなだれかかるようにして小道を歩き、ホテルに続く道に向かう。
「待って、ヒモパンが邪魔で歩きにくい。脱がしてくれる??」
クククッ・・・その場に蹲った健は、ワンピースをずり上げて股間を海風に晒して息を吹きかける。
「イヤンッ、そんな事を頼んでない」
昼間の円華との痴態で麻痺したのか、あるいは遠い昔から胸の奥に隠していた見知らぬ人に見られるか見られないかと言うスリルを味わいたいという思いが叶ったせいなのか、大胆になった彩は健の頭に手を置いて股間に擦り付け、
「クククッ・・・ツルマン束子で擦ると気持ちいい??彩の事が好きなんでしょう??」
「大好きだよ・・・」

片足にしがみつくヒモパンの結び目を解いてポケットに入れ、恥毛1本守るモノが無い股間から滲み出る愛液を啜り飲む。
ズズズッ・・・アンッ、いやっ・・・下半身を震わせる彩を無視するように立ち上がった健は歩き始める。
ホテルに通じる橋を渡り始めた健を速足で追いかける彩に風が悪戯する。
「キャァ~・・・」
突然の悲鳴に驚いた健が振り返るとワンピースと戯れる風が太腿の付け根近くまで捲り上げている。
「イヤンッ・・・見えた??彩の大切なところが見えちゃった??」

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント