FC2ブログ

M 囚われて

囚われて-16

顔を背けたまま膝を開いて腰を突き出し、詩織の言葉を借りると内臓が見えそうなほど割れ目をあからさまにする。
「見える??ねぇ、見えるの??・・・見えますか??・・・教えてください。私のオマンコはどうなっていますか??」
「改めて私が言わなくても分かるだろう。言葉にするのも恥ずかしいほどビショビショに濡れているよ・・・触らなくても見るだけで分かるほどにな・・・」
「うそっ、濡れてるけど、恥ずかしいほどとは・・・ウソでしょう??嘘だって言って・・・」
ゴクゴクッ・・・ゲボッ・・・男は音を立ててジンジャエールで喉を潤し、わざとらしくゲップをする。
「私も飲みたい・・・喉が渇くの」
「飲ませてあげるよ、もっと近付きなさい」
さりげなく下ろした両手で股間を隠した詩織は、男に近付き顔を突き出して口を開ける。
「あぁ~ン、飲ませて・・・」
男はジンジャエールのボトルを詩織の口に近付け、
「口が違うだろう・・・スケベな詩織が飲むのは、こっちだろう」
ボトルの口で恥丘に円を描く。
「アンッ、上のお口では飲んじゃいけないの??・・・下のお口なら飲ませてもらえるの??・・・飲ませて・・・私の身体をオモチャにして満足して欲しいの・・・イヤンッ、早く飲ませて、焦らしちゃイヤッ」

恥丘に円を描き割れ目を上下になぞっていたボトルが滴る淫汁の源泉で止まり、詩織を見つめる男の顔に笑みが宿る。
「分かるね??・・・ジンジャエールを飲みたいんだろう??」
「飲ませてくれないの??・・・自分で飲まなきゃダメ??」
男は言葉を返さずに眉毛を釣り上げて、そうだよの返事に代える。
「分かった・・・・ジンジャエールを飲みたい。飲んじゃうよ・・・」
ボトルが膣口に触れたのを確かめてゆっくりと腰を下ろしていく。
ゴクッ・・・男はボトルを持つ手に力を込めて支え、詩織のバギナがボトルを飲み込んでいく様子に唾を飲む。
「ハァハァッ、入ってくる・・・ボトルに犯されちゃう、可哀そう・・・ジンジャエールを飲みたかっただけなのに・・・アンッ、イヤッ、ウググッ・・・どうして??」
「詩織には敵わないよ。ジンジャエールを飲みたいって言うのは、喉の渇きを癒すためじゃなく、オマンコを癒すためなんだからな」
「ウソッ、私は口で飲みたいって言ったのに、あなたが下の口に入れなさいって言うから・・・あっ、イヤンッ、そんな事をされたら・・・」

ヌチャヌチャ、グチュグチュ・・・男が手に持つボトルを上下させると、バギナは新たな蜜を滴らせて卑猥な音を立てる。
「美味しいか??詩織はジンジャエールが気に入ったようだね・・・もっと味わいたければ、自分で動きなさい。ボトルは私が支えてあげるから・・・」
「そんな・・・苛められて燃え上がるのは、恥ずかしいけど我慢できる・・・自分で動くなんて・・・そんな・・・アンッ、見て・・・」
詩織は唇を噛んで目を閉じ、腰を上下させて咥え込んだボトルを出入りさせる。
アッアンッ、ウググッ・・・ヌチャヌチャ、グチャグチャ・・・ウゥゥッ~・・・
「見てる??・・・興奮する??・・・アンッ、いやっ、気持ち良くなっちゃう・・・こんなので・・・ボトルに犯されて、昇りつめたくなんかない」
ゴクッ、男は唾を飲み、視線を股間から外すことが出来ない。
滲み出た淫汁がボトルとバギナに掻き回されて空気が混じり、白い泡となってまとわりつく。
「好い女は、アヘ顔も可愛いな・・・」
「可愛いって言ってくれるの、嬉しい・・・苛められて可愛くなるなら、何をされても我慢する・・・本当だよ」
「詩織は何もしなくても十分に可愛いよ。これ以上可愛くならなくても良いだろう」
「意地悪・・・もっと、可愛いって言われたい・・・可愛くなれるなら、地下にあるエッチな椅子に縛られても我慢できるよ」

そうか、我慢できないのか・・・独りごとのような言葉を残して、男は席を立つ。
股間に残されたボトルに手を添える詩織は、抜き取るきっかけを失い半ば呆然と男の後ろ姿を見る。

犬用と思しき首輪とリードを手にして戻った男は、バギナが咥えたままのボトルが落ちないように手を添える詩織を見て苦笑いを浮かべる。
「勘違いしないで・・・あなたがボトルを残したまま行ったから、落とさないようにしただけなの。こんなもので気持ち良くなんかなりたくない・・・あなたのオチンポが欲しい・・・オチンポで掻き回されたい・・・」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント