FC2ブログ

不倫 ~immorality~

想いを巡らす 二日目 36

チンッ・・・着いたよ・・・奥さんの事を忘れさせてあげる・・・あっ、ごめんなさい・・・しなだれかかる女を支える男が円華の視線に気付き、女を引き離しながら二人を示してゴメンナサイの言葉と共に会釈をしてエレベーターホールから廊下に出る。
目を合わせることなく背中を向けたまま、カップルが遠ざかったのを感じた彩は廊下を歩くカップルを視線の端で追いながら、
「びっくりした、今度こそ本当に心臓が止まるかと思っちゃった。まだドキドキしてしてる・・・ハァハァッ」

ワンピースのボタンを嵌めることもなくエレベーターに背中を向けた彩を抱き、自らは出てくるカップルを確かめた円華は何事もなく二人が立ち去るとフゥッ~と安堵の息を吐く。
「スケベなのは彩だけかと思っていたら、いかにも不倫の男と女。職場不倫かな、女性を口説くには絶好のホテルだもんね。女性から見ても職場の上司に抱かれるんだから、それなりの場所を用意して欲しいし・・・乱れるんだろうな、あの二人は・・・」
止まるかと思った言う彩の鼓動は胸を突き破らんばかりに激しく、左胸に添えた手の平で乳房を揉み両足の間に差し入れた腿で股間をグリグリと刺激する。
彩を甚振るバイブの振動が太腿を通じて円華の股間を刺激する。
壁を背にしたまま乳房を揉む円華の瞳は真っ赤に燃えて彩の姿が映り、瞳を見つめる彩はその中に映る自分を見て意味もなく妙に興奮を新たにする。
どちらともなく顔を傾げて唇を合わせ、円華の右手は乳房を揉みしだいて左手は背中を抱き、彩の両手は頬に添えて狂おしいばかりに撫で擦る。
ヌチャヌチャ・・・クチャクチャッ・・・ハァハァッ・・・ウッウッ、アウッ・・・舌が絡んで唾液が行き交い、真っ赤な瞳が見つめ合って妖しい吐息が周りをはばかりもせず漏れる。

フゥフゥッ・・・ゴクッ・・・ヌチャヌチャッ・・・ハァハァッ・・・息をすることも忘れて貪り合った二人は苦しさに耐えきれずに唇を離し、見つめ合った後で再び唇を合わせる。濃厚なキスをしながらも今度は我を忘れるような事もなく、静かに離れて荒い息をする。
ボタンを嵌めていないワンピースは乱れて白い肌が剥き出しになっている事に気付かずにいた彩は、円華の視線が自分の肌を這い回る事でキャッと悲鳴を漏らしてワンピースの前を合わせて抱え込む。

「彩の白くてムチムチした肌にミントグリーンのワンピースが映える。ピンクも似合うんだろうな、控えめな中にエレガントで上品だし華やかさもある・・・羨ましい」
円華の巧みな言葉で彩の緊張は解れ、白くてムチムチと言われた肌が剥き出しになっている事を気にする様子もない。
張り詰めた気持ちが落ち着きを取り戻し、肌が冷気を感じると得も言われぬ解放感に浸って隠そうとする様子も見せない。

「さぁ、行くよ。健さんたちが待つ部屋に戻ろうね」
「いや、ボタン、ワンピが開いたままじゃ歩けない」
「しょうがないね、わがままな彩・・・こっちを向いて、ボタンを留めてあげるから」
これでいいだろうと腰に手を添えて歩き始める円華を睨む彩のワンピースはボタンを一つしか留めてもらえず、ちょっとした仕種で内腿の付け根まで見えそうだし、胸の谷間は思わず手を伸ばしそうになるほど隠すところが無い。
「これじゃ、見えちゃう」
誰に聞かせるわけでもなく俯いたまま言葉を漏らす彩が顔を上げて円華を見つめると、その瞳は好奇を宿して妖しく光る。

エレベーターホールから一歩廊下に踏み出すと彩の緊張は頂点に達して顔は強張り、両足が震えて歩くどころか立っているのさえ困難になってしまう。
「だめ、歩けない・・・怖いの」
「大丈夫だよ、彩なら。彩は気付いているかどうかわからないけど、時として自分でもびっくりするほど思い切った事をする人だと思うよ・・・今がその時、だって、嫌いじゃないでしょう??見られるか見られないかのスリルが・・・」
「ハァハァッ・・・そんな事を言わないで、そうかも知れないって思ってるんだから。でも、見られたくないんだもん」
「当然よ、中には見られて満足する人もいるけど、大抵の人はスリルを楽しむだけ、ゾクゾク、ドキドキ・・・背徳感って言うのかなぁ、しちゃいけないんだけど、やってみたいって言うスリル。彩なら分るでしょう??」
円華を見つめた彩は言葉を口にせずにコクリと頷き、一歩また一歩と歩き始める。
左側は壁が続き、右側に客室が並ぶ廊下を歩くうち自然と左側の壁に身体を寄せるようにして歩く。
「せっかくのチャンス、そんな歩き方をしたらスリルを味わえないでしょう??ボタンを外してあげる・・・パイパンマンコを晒してオッパイ丸見えで歩く、これでこそ本望でしょう??・・・シィッ~」
何かを言いかける彩を制して立てた人差し指で唇を遮った円華は手を握って歩き始める。
ドクドクッ・・・いつ、どの部屋のドアが開いて人が出てくるかと思うと鼓動が胸を痛くするほどになり、それは耳で聞くことが出来るほど激しい。
ドアが気になるしエレベーターホールから出てくる人がいないかと後ろを振り返る。
羞恥と快感が入り混じり、見られたくないはずなのに見られたいと密かに思う自分が姿を現してワンピースの裾が乱れるように乱暴な歩き方になる。
ハァハァッ・・・口を閉じては息が出来ないほど興奮し、右手は自然と乳房に伸びて揉みしだく。
「ハァハァッ、だめ・・・熱い。苦しいの・・・どうして??アウッ、アソコが、熱い・・・」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント