FC2ブログ

不倫 ~immorality~

想いを巡らす 二日目 34

エスカレーターで二階に戻った二人はコンビニで買い物をしてホテルへの帰路に着く。
二つの穴にバイブを挿入されて内股、前かがみになって歩幅も小さく歩いていた彩はバギナのバイブを抜いてもらって、いつも通りとは言えないものの正面を向いて歩く。
「大丈夫??」
「オチリは変な感じだけど、アソコはアレを抜いてくれたから歩きやすい」
「そうなの??じゃぁ、動かしても大丈夫だね」
ヴィ~ンヴィ~ン、アナルに残されたバイブが振動を再開し、ウッと呻き声に似た声を漏らした彩は通路の手すりを掴んで目を瞑り、唇を噛む。
「クククッ・・・彩、もう一度最初から繰り返す??トイレでスッポンポンして逝くところから始める??」
「いや、歩けるよ。ちょっと休憩しただけだから・・・」

違和感溢れる歩き方ながら、ペデストリアンデッキを進んで大ホールのエントランスを見ながらホテルに向かう。
「円華、歩くのが早いよ。ゆっくり歩いて、ね・・・」
すれ違う人たちの視線が気になりドキドキする彩は身体の火照りを止める事が出来ず、上気した頬を浜風にくすぐられる事さえ股間に快感を呼ぶ。
意識すればするほど、すれ違う人の視線がワンピースの中で剥き出しの乳房や、溢れ出る蜜をかろうじて支えるラバーパンツに気付いているように思えて益々ぎこちない足の運びになってしまう。

横浜港からの風がワンピースの裾を乱し、自然とすれ違う人の視線が気になり内股が強調されてしまう。
「彩、普通の格好で歩かないと人目を引くよ、分るでしょう??皆じゃないけどチラチラ見ている人がいるのを気付いているでしょう??」
「アンッ、嫌、言わないで。すれ違う人の視線に犯されているようでドキドキしているんだから・・・倒れることなく、こうして歩いている事が不思議なんだから・・・」
「濡れてるのは知ってるけど、今はどう??ダダ漏れになってるんじゃない??」
「声が大きい、聞かれちゃうよ」
「普通に話せば、中身が分かるのは彩と私だけ。まさか好い女が二人でマンコを濡らしたかどうかなんて話していると思わないよ、、、クククッ」
顔を近付けて髪を掻き分け、耳元で囁いた円華は最後にペロリと耳朶を舐める。

普段、他人も認めてくれる頑張り屋で人見知りをする彩は何気ない仕種で髪を撫でられると、安心感と共に自分を認めてもらったようで嬉しくなるし安心感に包まれる。
髪は女の命、化粧やファッションも大切だろうが第一印象に与える影響は大きいと思うので、手入れには気を遣っている。
好きな男に髪を撫でられると愛されているという安心感や性的な興奮を刺激されて気持ちが昂揚する。

円華に髪を掻き揚げられて耳元で囁かれると、その声が妖しく脳に反響し耳朶を舐められると全身が総毛立つような高まりに支配される。
ウッ、クゥッ~・・・ドロリと蜜の滴りを感じた彩は、手の平で口を押さえて声が漏れるのを防ぐ。
羞恥を感じれば感じるほど性感が高まり、こんな処で気持ち良くなるなんてと思えば思うほど羞恥がこみ上がる。
まるでメリーゴーランドの馬のように上がったり下がったりしながら駆け巡り、駆けるほどに快感が募るのを止めようもない。

不審な動きは周囲の人たちの視線を引きつけてしまうと思いながらも羞恥と快感の狭間で身悶える彩は、ペデストリアンデッキの手すりに縋るようにしてホテルに向かって歩を進める。
前方に見ていた大ホールのエントランスを通り過ぎると会議センターを経てホテルの入り口が目の前に見える。

館内は待ち合わせや食事を目的とする人、あるいは宿泊客などで込み合っており、すれ違う人の視線がワンピースの中を透視しているようで頬を朱に染める。
意識すればするほど表情は強張り、運ぶ足は内股になり歩幅も小さくなって前屈みになってしまう。
彩・・・円華の声に励まされるようにしてフロントの前を通ってエレベーターホールにたどり着く。


ばれない浮気は浮気じゃないと言い放った優子は健のモノをオシャブリして迸りを口腔深く受け止め、コーヒーを飲んでいるところに二人が帰ってきた。
優子は男の迸りを喉の奥に受けて満足し、健はばれなきゃ浮気じゃないと云う言葉を信じて平静を装う。
「ただいま・・・二人で何をしてたの??・・・なんだ、コーヒーを飲んでいたんだ」
「そうよ、健は彩の事が心配で何かをしようとしても上の空。で、どうだったの??」
コンビニの買い物袋を持って快活に話す円華と違い背後でひっそりと立つ彩の表情は硬く、両手で下腹部を庇っているようにも見える。
その彩を二人の前に押しやった円華は、
「彩、楽しかった散歩の様子を二人に話してあげなさい。聞いたでしょう、健さんは彩の事を心配していたらしいよ・・・安心させてあげなきゃ、ね」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ちっち

Author:ちっち
オサシンのワンコは可愛い娘です

アッチイのは嫌
さむいのも嫌
雨ふりはもっと嫌・・・ワガママワンコです

夜は同じベッドで一緒に眠る娘です

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード