FC2ブログ

不倫 ~immorality~

想いを巡らす 二日目 6

霞がかかったような視線の先に優子の姿を見た彩は健を探して視線を巡らす。
「健さんを探しているの??窓際の椅子に座っているわよ・・・ほらアソコ」
優子の指さす位置に健は居た。バスローブを着けてコスモクロックを背にする位置で微笑んでいる。
今日はコスモワールドに行き、大観覧車のコスモクロックで横浜港や街の景色を堪能したあとは、健が嫌がっても許すことなくジェットコースターに乗るつもりだったのに初対面の女性二人を相手に痴態を晒している。

「円華、健さんに、ようく見せて差し上げなさい・・・エッチな奥様が身悶える姿をね」
健は奥様という言葉に心躍らせ、彩は激しくなっている動悸が一層の早鐘を打ち健の視線を感じて顔を上げることが出来ない。
円華は横たわる彩を抱き起して背後から抱きしめ乳房を揉みしだく。
クチャクチャッ、ヌチャヌチャッ・・・乳房を揉まれる快感だけではなく、乳房と手の平の間でローションが卑猥な音を立てるのも彩の羞恥を煽る。
コスモクロックがゆっくり回転するのが見え、陽の光を浴びて楽しんでいるカップルを想像するとホテルの一室とは言え、なんと破廉恥な事をしているのだろうと思わずにいられない。

「えっ、なに??パイパン、そうなの??・・・ねぇ、健さん、一つ聞きたいんだけど彩のツルマンは生まれつきなの??それとも、テ、イ、モ、ウってヤツなの??」
「マンコをよく見て欲しいってんで自分で剃っちゃうんだよ。普段は清楚で上品な人妻なんだけど、いざ下着を脱ぐと性欲に際限がないんだよ」
「人妻って・・・エッ、奥様じゃないの??不倫妻なの??悪い女ね、お仕置きをしなきゃね」
「頼むよ、性的好奇心の底が見えないくらいエッチでスケベな人だから」
「そりゃぁ、そうですよ。だってこの身体ですよ。並みの男じゃ満足させられないでしょう・・・でも、大丈夫。部屋に入って最初の印象は健さんに縋るような様子に見えたんだけど、満足させてもらってる証拠ですね。健さん、男として自信を持って大丈夫ですよ」
二人の会話は言葉で嬲って彩の性感を高めようとしているだけなのに、年下の円華の愛撫で悦びを与えられてはそんな事を気付く余裕もない。
「そんな事を言わないで、健を悦ばせようと思って恥ずかしいのに頑張ってソリソリしたんだから・・・」
「クククッ、分かってるよ。それに、セックスに強欲な彩はつながった後の動きが激しいからマン毛がない方が、オレも毛切れしなくていいよ。ありがとうな」
「そうなの、彩さんはそんなにスケベなんだ・・・スケベな彩さんを責める私も全力で頑張らないとダメだね」
健と優子だけではなく、背後から彩の乳房をヤワヤワと愛撫する円華まで言葉責めに加わる。
身の置き所もないほど恥ずかしがる彩は乳首を摘ままれても、割れ目の縁を指が撫でても反応さえ見せずに俯いてしまう。

「そのままでは責めづらいでしょう、これを使いなさい」
クッションの利いたベッドでは愛撫しにくいだろうと、予備のビニールシートで枕を包んだ優子は彩の下半身を指さし、受け取った円華は彩の尻に敷く。
「アンッ、いやっ恥ずかしい」
枕を敷いただけで姿勢が高くなり、無毛の股間を健と優子にあからさまにすると知って悲鳴に似た声を漏らす。
「ウフフッ、よく見てもらおうね。恥ずかしいほど嬉し涙を流してるオマンコを」
背後から腰を抱くようにして前に回した手で割れ目の縁を撫で、十分に彩の羞恥を誘ってから大きく開いていく。
「いやっ、見ないで・・・彩だけハダカンボでこんな事をされるなんて恥ずかしい。アァッ~、狂っちゃいそう、彩は何をしてるんだろう・・・」
「何を??・・・彩は、真昼間からオッパイを嬲られてオマンコをグジュグジュにしているんでしょう??違うの??・・・円華、軽くでいいから頂上まで導きなさい。健さんが彩の痴態を見て昂奮するくらいエッチにね・・・」
情けを知らぬ気に言い放つ優子の言葉が彩の子宮を刺激する。
「イヤッ、こんな恰好で逝くのは浅ましすぎる・・・健の前で恥ずかしい事をしないで、お願い・・・ハァハァッ」
荒い息を漏らすのは羞恥に居た堪れないというよりも、性的好奇心の高まりであることを隠しようもない。
「彩、可愛い・・・・・ねっ、ウフフッ」
ローションまみれなのを意に介する様子もなく円華の舌はうなじをベロリと舐めて耳朶を甘噛みし、可愛いと言葉を掛けた後で何やら囁くと彩は顔を真っ赤に染める。
可愛いの後にどのような言葉が続いたのか健と優子には聞こえないものの、顔を背けて唇を噛んだ彩の様子から卑猥な言葉で甚振ったであろう事は分かる。

「始めるよ、彩」
耳朶を甘噛みしながら声を掛けた円華は右手の中指と薬指を揃えて彩の目の前で左右に振り、そのまま胸を撫で下りて予告もなくズブリと挿入する。
「アウッ、アワワッ・・・入っちゃった、最初から指が二本も・・・円華は嫌い、優しくないもん」
彩の言葉に返事もしない円華は二本の指をゆっくり出し入れしたり左右に揺らしたりしながら親指をクリトリスに当てる。
「ヒイィッ~、いやっ、そんなに激しくしないで、観覧車から見えちゃう・・・いや、止めて、恥ずかしい、見られたくない・・・ヒィッ~、だめっ、逝っちゃう・・・」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ちっち

Author:ちっち
オサシンのワンコは可愛い娘です

アッチイのは嫌
さむいのも嫌
雨ふりはもっと嫌・・・ワガママワンコです

夜は同じベッドで一緒に眠る娘です

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード