FC2ブログ

12月23日

12月23日 ―3

「だめっ、やめて。これ以上されると我慢出来なくなっちゃう・・・ねぇ、食べようよ。ケーキを作ってあるの」
「エッチなアユの事だからスケベなケーキを作ったんだろうな、楽しみだよ」
「スケベなケーキってどんなのか分からないな・・・オッパイの形とか、マンチャンの形をしてるとか・・・分った、私のオッパイを型取りして作ったケーキって事??・・・ごめんなさい、期待外れで。普通のレアチーズケーキなの、チーズ好きなあなたのために」
「ありがとう・・・今はこのプリンのような本物のオッパイがあれば十分だよ」

シースルーのベビードールは秘密を秘密ともせずに白い肌だけではなく先端は勿論、胸の膨らみのすべてを男の視線に晒して挑発する。
「クククッ、くすぐったい。いやらしい指・・・この、いやらしい指が好き。エッチな唇も好き」
ベビードール越しに胸の膨らみの麓をなぞり、いやらしく蛇行しながら頂上を目指す。
アユは頂上に行きついた男の指で先端を嬲られるのを避けるために口に含み、エッチだと言った男の唇を指先が這うと舌が這い出て指を吸い込んでしまう。
「ウフフッ、いやらしい・・・口の中や舌もエッチ。フェラチオされる男の人はこんな風な感じなの??温かくて気持ちいぃ、濡れちゃう」
「アユの指はチンチンなのか??チンチンを食べる趣味はないからチーズケーキを頂こうかな」
「気持ちいいから続けて欲しい気もするけど、用意するね。紅茶とシャンパン、どちらが好い??」
「シャンパンが好いな、クリスマスイブイブの昼間だから。オレが用意したのは普通のスパークリングワインでアユはシャンパンか、差をつけられちゃったね」
「クククッ、イブのイブだからイブイブ??・・・お店でクリスマス用に仕入れた内の一本なの、気にしないで」

冷蔵庫からレアチーズケーキとシャンパンを用意するアユの背中を見る男はゴクッと唾を飲む。
背中の上半分の白い肌は露わに晒されピンクの肩紐がアクセントとなって清楚な雰囲気を醸し出し、ベビードールの裾から伸びる腿は男の好み通りにムッチリと健康的で、抱きしめたくなる衝動を、顔を振って堪える。
再び視線を戻すと冷蔵庫を開けて上半身を倒したアユがいる。
プリンと突き出した尻を守る下着は腰にも割れ目にも紐状のモノしか見えず、軽い興奮で乾いた唇に舌で滑りを与えている丁度その時、アユは振り返る。
レアチーズケーキとシャンパンを両手に持ったアユは、クククッと笑みを漏らして、
「興奮する??このベビードールを買うのはすごい冒険だったけど、あなたがドキドキしてくれたら嬉しい・・・ねぇ、興奮する??」
ベビードールの裾を摘まんでクルリと回って見せる。
「似合ってる??可愛い??」
「可愛いよ。余り興奮させないでくれよ、ドキドキする・・・チョイと聞くけど、ヒモパンなの??」
「恥ずかしい、初めてのヒモパンなの。ヒモパン処女をあなたに上げる・・・お尻がムズムズして変な感じ・・・もう、オシマイ。食べようよ、腕によりをかけて作ったんだよ」

改めてシャンパンで乾杯し、なめらかな触感のレアチーズケーキを堪能した男は、
「美味しいよ。なめらかな舌触りでコクがある」
「よかった・・・今度は、このブルーベリーソースをかけてみて。合うと思うんだけど」
たっぷりのソースを掛けて口に運んだお男は表情を綻ばせる。
「うん、うん、美味い。ブルーベリーの酸味がチーズケーキに良く合うよ。シャンパンとよく合う。美味いよ」

チーズケーキを半分ほど食べてグラスのシャンパンを飲み干した男を見たアユは、ボトルを取り注ごうとする。
「ありがとう・・・でも、ここからはグラスを使わないで飲むよ」
「えっ、直接・・・行儀悪い」
「なんか勘違いしてるだろう??アユ、此処で寝てごらん」
「エッ、これでいいの??」
男が指さすソファの肘掛に頭を乗せて横たわったアユは、羞恥を滲ませた視線で見上げる。
黒目にキラキラと好奇の光を宿し、汚れのない白目はスッキリと澄んで邪な思いを秘める男は一瞬ひるんでしまう。
ダラリと垂れさがる艶のある黒髪を撫でながら、
「アユの身体をグラスにしてシャンパンを飲み、そのあとはトレーにしてケーキを食べようと思ったけど躊躇っちゃうな」
「ウフフッ・・・そうだろうと思ってた。エッチなあなたの考えることがようやく分かるようになってきたの・・・遠慮する事ないのに。やって、私の身体でエッチな事をして遊んで欲しい」

「冷たいかも分からないけど、オッパイに垂らすよ」
「うん、遠慮せずに遊んで・・・今は、あなたのオモチャになりたい」
ボトルを手にしてベビードール越しに胸の膨らみの頂点目がけてシャンパンを垂らす。
ウッ・・・冷たいかい??・・・思わず乳房に伸ばそうとした手を握り締めたアユは健気な言葉を返す。
「大丈夫。ほんの少し驚いただけ・・・垂らすだけじゃないんでしょう??私の身体はグラスの代わりなんでしょう??」
シャンパンは胸の谷間に滴り落ち、垂らし続けると濡れたベビードールは赤から褐色に変化していく。
みぞおち辺りのベビードールに唇を当てて、チュゥ~チュゥ~音を立てて吸い上げると、
「いやぁ~ン、いやらしい音・・・クククッ、くすぐったい・・・もっとやって、エッチなオモチャになりたい。脱がせて、ベビードルは脱いじゃう」

男の手を待つことなく息を弾ませてベビードールを脱ぎすて、シャンパンのせいだけとは思えない赤みを帯びた肌を晒す。
あられもなく晒した乳房の先端は固く尖り、男の視線に羞恥するアユは両手で覆って隠してしまい、その手に構うことなくシャンパンを垂らすと、イヤンッと可愛い声を漏らして手を退ける。
チュルチュルッ・・・垂らしたシャンパンを舐め取った男は、岸田劉生の麗子連作の中の麗子微笑にも負けない笑みでアユを見つめ、股間に視線を移す。
「ワカメ酒??エッチ・・・好いよ。私の身体をグラス代わりにして極上のシャンパンを飲ませてあげる」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント