FC2ブログ

不倫 ~immorality~

想いを巡らす 29

「彩、指が入ったよ。入口の締め付けが凄い、きついよ」
彩の両足が健の足に絡みついて離れがたい思いを伝え、重ねた唇の間から唾液を流し込む。
「ウフフッ、彩の唾液を飲んでくれた・・・ハァハァッ・・・入ってる。彩の指やオモチャ以外がお尻に入るのは久しぶり・・・優しくしてね、オチリは久しぶりだから」
彩の言葉に口元を緩めた健は挿入した指をゆっくりと出入りさせる。
クチュクチュ、ニュルニュル・・・アンッ、変な感じ・・・アナル快感を知る彩は、指を出し入れするとバギナから滲み出る愛液が会陰部を経て窄まりに届き、指に絡んで卑猥な音を立てる。
「いやらしい尻の穴だな、クチュクチュ、ニュルニュルってスケベな声を出して悦んでいる」
「アンッ、そうだよ。彩のオチリはエッチなの・・・もっと、クチュクチュして・・・健のモノを入れてもらいたいけど今日は我慢する」
「うん??アナルエッチはしなくてもいいの??」
「指なら良いけど、チンチンを受け入れたら何かが付いちゃいそうだから我慢する」
「浣腸して、ちゃんと準備しなきゃな。クククッ・・・」
「いやっ、こんな処で笑うと怒るよ・・・チンチンも指も動かして気持ち良くしてくれないと・・・アウッ、いぃ、お尻がいぃの、マンチャンも気持ちいぃ、彩は欲張りなの」

ペニスのピストン運動を止めて押し付けた股間をウネウネと動かしながら刺激を続け、アナルに挿入した指を激しく出し入れする。
指はアナルを刺激するだけではなく薄い壁を通してバギナも刺激し、健の指は自分のペニスにも快感を与える。間接的に感じる刺激でわずかに蠢くペニスは、予期せぬ快感をバギナに与え、彩はアナルとバギナの両方から与えられる快感で唇を噛んで身悶える。
アナルに挿入した指に力を込めると自然と彩の下半身を抱きしめることになり、それが股間の密着度を増してペニスの出し入れはなくともバギナが熱を持つ。

アナル性感を十分に知る彩はより強い刺激を求めて足を踏ん張り、指とアナル壁の接触角度を変えて新たな快感を得ようとして貪欲さを露わにする。
「イヤッ、だめっ、すごいの・・・ダメっ、もうダメ・・・逝っちゃう、逝ってもいいの??気持ちいぃ・・・」
「オレも我慢が出来ないくらい気持ち良いよ。彩の中のウネウネする動きが凄い」
アンッ、ウッウッ、堪んない・・・ニュルニュル、グチュグチュッ・・・ウッウッ、クッゥ~・・・アナルに挿入した指のピストンを尚も続けると奥がポッカリと広がったようになり、白い喉を見せて仰け反る彩は間断なく喘ぎ声を漏らし続け、健もまた温かいバギナに包まれる心地良さと膣壁を通じてアナルで出入りする指の刺激を感じて頂点に達しつつある。

「オレも逝っちゃいそうだよ。彩が良くて限界だ・・・逝くよ、逝っちゃうよ」
「あぁ~ン、いぃの。いっぱい出して、彩に頂戴・・・出して、逝く、いっくっゥ~・・・」
「ウッ、ウッ、我慢出来ない・・・うっ、ハァハァッ・・・」
「ハァハァッ・・・すごい、ピュッて奥まで届いた・・・クククッ、若いね」
「彩が相手だからだよ・・・良かったよ。疲れたはずなのに、頭ン中も身体もさっぱりして元気になったような気がする」
「えっ、もう一度できるの??抜かずの二発目・・・」
「それはダメだよ、むり」

二人は満ち足りた気持ちで見つめ合い唇を交わす。
健は両膝と肘で身体を支えて体重を掛けることを防ぎ、それを知る彩は眩しそうに見つめて自然と頬が緩む。
「良かった・・・子宮のコリを解されたようで身体が満足して軽くなったみたい・・・ウフフッ」
動悸が治まるのを待つ間、他愛のない言葉を交わし身体を擦り合う。
愛おしい気持ちが昂じて唇を合わせていると、
「アンッ、抜けちゃう・・・イヤンッ、だめ」
健はナイトテーブルに手を伸ばしてティッシュを取り、結合部に当てて額に唇を合わせる。
「ありがとう・・・動かないで、そのまま待ってて」
萎れて股間に垂れ下がるモノに視線を送る彩は優しく言葉を掛ける。
股間を拭ったティッシュを挟んだままで起用ににじり寄り、だらしなく垂れ下がるモノに指を添えて口に含む。
ヌチャヌチャッ、クチュクチュッ・・・プファッ~・・・ネットリと舌を絡ませて彩が滴らせた愛液と健が吐き出した精液の混じった滑りを拭い取り、上目遣いの視線を絡ませる。
「ありがとう・・・彩の口で清めてもらうのを見ていると尻から頭に電気が走ったようだよ」
「ウフフッ・・・なんかね、ピクッとして兆しを感じたよ。だから止めたの。本当はもう少しナメナメしていたかったけど・・・ムリさせちゃね・・・クククッ、もう一晩あるんだから焦る事はないもんね」
「嬉しいな、彩を二晩も腕枕で寝かせる事が出来るなんて・・・」
「うん、彩も・・・彩が先に行って、バスジェルで泡風呂の用意をしとくから、あとから来てね・・・」

アンッ・・・股間に挟んだティッシュが落ちそうになるのを手で防ぎ、不自然な姿勢で歩き出す。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント