FC2ブログ

不倫 ~immorality~

想いを巡らす 23

物足りないと思う愛撫が身体の疼きを刺激して身体も心も敏感になる。
「彩の事が好きなら感じさせて・・・彩の事が好きなら、して欲しい事も分かるでしょう??」
「そうかな??スケベな彩は何もされない事も悦ぶんだろう??」
「焦らしプレイや放置プレイの事??好きだけど今は違う・・・今は、ねっ、分かるでしょう??」
クククッ・・・思わせぶりに笑みを浮かべた健は刷毛を取り、先ほど指が這った跡を追うように背中を刷いていく。
白い首筋を刷き、刷毛の通り過ぎた跡を追うように息を吹きかける。
刷毛の柔らかな感触で起こされた産毛が優しい息でなびき、強い刺激を求めていたはずの彩の肌は、健のペースで妖しいときめきが芽生え始めて股間を熱くする。
背中を自在に這い回った刷毛は腰から腿の裏を撫で、膝の裏で反転して内腿を刷いて尻の割れ目を撫で上がる。腰まで撫でて再び反転し、割れ目を触れるか触れないかの感触で刺激する。
ウッ、ウゥッ~・・・甘い吐息を漏らした彩は唇を噛んでシーツを鷲掴みにし、両足指を曲げたり伸ばしたりしながら足首を蠢かして快感に身を委ねる。
健の手が脹脛を撫でると足指の動きはなくなり弛緩する。
「気持ち良い・・・舐めさせて・・・ねっ」
上気した顔を健に向けて焦点の定まらない視線で見つめた彩は、俯せの身体を起こして覆い被さろうとする。

宙を睨むほどいきり立ったペニスを掴んで二度三度と上下にしごき、滲み出た先走り汁を舐め取ってエラの周囲を舌がなぞる。
「ウフフッ、熱い、手が火傷しそう・・・こんなに硬くなって、我慢出来ないの??」
ウッ、ウッ・・・余裕を見せてペニスを弄る彩も、健の舌が股間に伸びると悦びに顔を歪めて吐息を漏らす。
ズズズッ・・・下になった健は目の前の割れ目に指を添えて大きく開き、溢れるほど滴る花蜜を、音を立てて舐め取る。
小陰唇を口に含んで甘噛みしたまま左右に震わせる。
「アワワッ、ビラビラをそんな事・・・いぃの、もっと・・・ハァハァッ」
ハァハァと荒い息をする彩は目の前でそそり立つペニスの根元を摘まんで、亀頭に舌を這わせて鈴口をつつく。

「ウッ、彩・・・」
ペニスを責められる健は、彩の名前を一言漏らすと同時に親指で膣口を弄り、その勢いのままでズズズッと侵入させる。
「イヤンッ、変な感じ・・・指でしょう??どの指を入れたの??」
親指を膣口に挿入してクリトリスを包み込むように手の平で覆うと、微妙な違和感でブルッと身体を震わせる。
ヌチャヌチャ、クチャクチャッ・・・膣口に侵入させた親指を震わせ、クリトリスに当たる指の付け根を蠢かせて刺激する。
「すごいよ、マン汁がジュルジュル溢れて、指がビチャビチャになっちゃうよ」
「アンッ、いやっ、そんな事をされると・・・ウググッ、クゥッ~・・・チンチンを舐めたいのに・・・」
ペニスの根元を摘まんだままの彩は、舌を這わせる余裕もなくなり突っ伏しそうになっていたものの、やっとの思いで身体を起こして口に含む。
「おっ、温かくて気持ち良いよ。彩の口マンコは最高だよ」
「ウフフッ・・・じゃぁ、邪魔しないで。彩もチンチンを味わうんだから」
フグフグッ、クチャクチャッ・・・根元を摘まんだまま一心不乱に顔を上下する彩を二人の身体の間から見ると愛おしさが募り、邪魔しないでと言われた事を忘れて舌を伸ばしてしまう。
会陰部を舐めて指を挿入した膣口に舌も突き入れると、丸みを帯びた尻を蠢かせて刺激から逃げようとする。
「アンッ、そんな事をされたらナメナメできなくなっちゃう」
「いいよ、オレに任せなよ」
膣口に挿入した親指をそのままにして残る手で腰を掴み、窄まりをベロッと舐めて尖らせた舌で中心をつつく。
「イヤンッ、お尻に舌が入って来る・・・ゾクッとするほど気持ち良いの。もう我慢できない。入れて・・・今日の彩は愛撫よりもチンチンで突かれる方が良いの・・・チンチンを入れてもらうのが久しぶりなんだもん。好いでしょう??」

身体を起こした健はベッドを降りて椅子に座り、
「彩、ここへおいで・・・後ろ向きで跨いで入れちゃおうよ」
「えっ、こうなの・・・これで良いの??」
後ろ手にペニスを摘まんでバギナに擦り付けて馴染ませ、唇を噛んで、ウンッと意を決したように腰を下ろしていく。
ズブズブッ・・・花蜜を滴らせていたバギナはそそり立つペニスを飲み込み、顔を上げた彩は目の前に広がる横浜港の夜景に目を細める。
港を囲むように夜景が広がり、遠くに見えるベイブリッジの明かりが普段の生活と不倫相手の健に抱かれる今をつなぐ架け橋のように思えて心が震える。
彩の心の内を気付かない健は背後から抱きしめて乳房を擦り下腹部を撫で回す。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント