FC2ブログ

不倫 ~immorality~

想いを巡らす 19

乳房をタコ焼きに見立ててソース塗り用に適した刷毛かどうか試した後は、グラタン皿の内側に溶かしバターを塗る刷毛かどうか試してみようと健は言う。
「彩の白い肌は白磁のグラタン皿のようだよ。スベスベツルツルで滑りを感じるところなど、間違いなく高級グラタン皿だな・・・この皿に溶かしバターを塗ってみよう」
刷毛は胸の膨らみの周囲をなぞって谷間から腹部を這い回り、左右の脇腹を振れるか触れないかの微妙なタッチで撫で上がる。
「ウッ、ウググッ、クゥッ~・・・アァ~ン、堪んない・・・溶かしバターはそんな塗り方をしないよ、均等に塗らなきゃ・・・ウググッ、アンッ、やだっ・・・ハァハァッ」
タコ焼きに見立てた乳房を除いて上半身を隅々まで撫で回った刷毛は甘美な刺激を与え、彩の口から艶めかしい喘ぎ声が漏れる。
「おっと、ここを塗り忘れるところだった・・・」
上半身を余すところなく這い回った刷毛は、腰から尻を撫でて腿の付け根をサワサワと刷いていく。
「クゥッ~・・・イヤッ、こんな事、気持ちいぃ・・・溶かしバター専用の刷毛かも分からない。すごいの・・・ハァハァッ、寿司屋さんが使っているかどうかも試してみて、ねっ、早く・・・」

「寿司ネタと言えばアワビに赤貝か、煮きり醤油を塗ってみようかな・・・」
当然と言った表情で彩の股間を目の前に見る位置で座り込む。
「アンッ、恥ずかしい。そんな処に座ってジロジロ見られるなんて・・・」
「良く見えるけど暗いな。ちょっと待って、用意するから」
立ち上がった健は非常灯を持って再び元の場所で座り込む。
「いやだっ、何??何を持って来たの??」
ギシギシッ・・・健が座ると同時に、懐中電灯の明かりが股間を照らし、驚いた彩は拘束された四肢を振りほどこうと精一杯抗う。
「良く見えるよ。明かりの中でマン汁がテカテカ光っていやらしい・・・」
懐中電灯の明かりに照らされるとバギナは熱を持ち、彩の意識は股間に集中する。

月明かりもない夜の部屋でフットライトだけが灯り、それでも乳白色の彩の身体は艶めかしく存在を示して今はソーセージを咥え込んだバギナを照らされる。
刷毛が産毛一本残らない恥丘をサワサワ撫でると、下半身が自然と蠢くのは止めようもなく性的刺激から逃れようと唇を噛む。
「彩、どうした??こんな風にされるのは嫌な事じゃないだろ??それとも嫌なのか??止めてもいいんだよ」
「ウググッ、クゥッ~・・・だって、恥ずかしいんだもん。大股開きで縛られてオマンチョをグチョグチョにして悦ぶなんて、恥ずかしい・・・ウッ、ヒィッ~、もっと・・・もっと、苛めて、気持ちいぃの」
悲鳴にも似た歓喜の声を漏らしても健は冷静さを失わず、刷毛を自在に操る。
「彩のココはアワビじゃないな。大陰唇が開いてビラビラやクリを見せつけるところは似てなくもないけど、クロアワビは勿論、白アワビも彩のココほど可愛くないもんな」
「いやっ、そんな事はどうでも良い。もっと苛めて・・・可愛がってくんなきゃ、嫌ッ」
「クククッ・・・アワビだと思ったら彩のココは赤貝だ。赤貝ちゃん、真っ赤な赤貝ちゃんがいたよ。割れ目を開いて・・・刷毛でビラビラを撫でて・・・クリをツンツンしちゃおうかな」
「アワワッ、クゥッ~・・・そんな・・・そんな事。気持ちいぃ、舐められたり吸われたりするのと違う、こんな事・・・ウググッ」
刷毛がパックリと口を開けた赤貝のような花弁をゾロリと撫で上げ、クリトリスをツンツンつつく。痛痒いような経験した事もない刺激がクリトリスから頭まで駆け上がる。
昂奮の頂点近くまで追いやられたバギナは強すぎる刺激も拒否することなく、クリトリスを刷毛の毛先で押さえられても痛くは無く、もっとやって欲しいとばかりに腰を突き上げる。

与えられる刺激に激しく反応する股間は、挿入されたソーセージを押し出してしまう。
「あうっ、イヤンッ・・・出ちゃう、出ちゃう、チンチンが出ちゃう」
出ていこうとするソーセージを追いかけようとしても叶うわけがなく、ゴロンと股の間に零れ落ちてしまう。
「ソーセージチンポが押し出されちゃったよ。刷毛の方が良いのか??」
「そんな、分かっているくせに・・・気持ち良くて自然に出ちゃったの。入れて、チンチンが良いけど、ソーセージでも良い・・・もう少し・・・」
「どうした??もっと刺激が欲しいのか??ソーセージを一本咥えただけでは物足りないとは、困ったもんだ」
「アンッ、いや、そんな事を言わないで。長さが足りないし、ブルブルしないし・・・」
長さが足りないと言う彩の視線は、皿に残る長さが二倍はありそうなソーセージに釘付けになる。
「そうか、これが好いのか・・・分かったよ」
バギナから押し出されたソーセージを咥えた健は、新たな長いソーセージを膣口に擦り付けて馴染ませ、ズズズッと押し込んでいく。
アワワッ、すごい・・・窓ガラスの中に自らの痴態を見入っていた彩は首を伸ばして股間を覗き込み、ソーセージが姿を隠していくのを見つめて悦びの声を漏らす。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント