FC2ブログ

不倫 ~immorality~

想いを巡らす 11

目の前のペニスの亀頭を撫でて裏筋に沿って指を這わせると竿がビクッと反応し、先走り汁が滲み出る。
健の両手の指がツルマンの恥丘を伸ばして剃り落した恥毛の跡を見つけようとする。
「だめっ、陰毛の剃り跡を探そうとしてるでしょう。嫌いになっちゃうよ」
「嫌いになられちゃ困るから跡を探すのは諦めるよ」
恥丘に舌を這わせ、大きく開いた口がハグハグと甘噛みする。

「アンッ、クククッ、なにしてるの??・・・ウッ、ウゥッ~、気持ち良い」
健の指がしとどに濡れたバギナを開いて摘まんだ小陰唇を甘噛みしてブルブル震わせ、小陰唇が作る溝を舌がなぞる。
気持ち良いと言う彩の反応に気を好くした健は、膣口に舌をこじ入れて同時に鼻頭でクリトリスを刺激する。
舌が出入りを繰り返すと膣口に与えられる刺激以上に、鼻頭とクリトリスの接触による快感に心を震わせる。
セックスへの好奇心が旺盛な彩は直接的な快感は勿論、健による意図しての事なのか偶然なのか鼻頭による予期せぬ快感が気になってしょうがない。
アッアッ、クゥッ~・・・指でもなく舌や唇でもない刺激に身を捩り、目の前のペニスを握ったまま唇を噛み眉間に皺を寄せる。

ジュルジュルッ、ズボズボッ・・・ウッウッ、ウググッ、クゥッ~・・・丸めた舌が膣口を出入りする卑猥な音に彩は酔い、ようやく慣れたクリトリスへの刺激に奥歯を噛み締める。
閉じた目を開くと自らの手が握り締めるペニスに気付いて舌を伸ばし、先端を舐めてそのまま口に含もうとする
「ウッ、だめっ・・・・・」
何がダメなのか彩は顔を顰めて開かれた両足を閉じようとする。
「横臥位だとオシャブリしにくいし、彩が下になると興奮した健が間違えてチンチンで喉の奥を突くかもしれないし、上になる」
掴んだペニスから手を離すことなく上になった彩は、滲み出た先走り汁を舌先で舐め取り、
「ウフフッ、すごい。彩の手が火傷しそうなほどココが熱くなってる・・・オシャブリして欲しいの??いいよ、舐めてあげる」
喉の奥に力を込めて大きく開いた口でパクリと飲み込み、極限まで受け入れて直ぐに顔を離す。
「プファッ~・・・ハァハァッ、大きい。健のチンチンに喉の奥をつつかれて死ぬかと思っちゃった」
オレは何もしてない、彩が飲み込んだんだよ。そんな言葉を口にせず、
「これはどうした??ビチャビチャに濡れているよ。きれいにするために、飲んであげるよ・・・ズズズッ、ズルズルッ・・・」
「ヒィッ~・・・そんなこと・・・ウググッ、たまんない・・・彩も・・・」
握り締めたままのペニスに目をやり亀頭を撫でて、鈴口を舌先でつつく。
「ウフフッ、この子が彩を気持ち良くしてくれて、その後でこの子も彩で満足した証に白いモノを吐き出すんだよね・・・ウフフッ」
「そうなのか??彩のココは十分に満足してるようだよ、舌や指だけじゃなく、ほら・・・フゥッ~・・・息を吹きかけただけでも嬉し涙を流しちゃうよ」
「アンッ、からかっちゃイヤッ。この子と仲良くするの」

カリに舌を這わせて裏筋をなぞると、ウッと言う悦びの声を漏らした健のクンニに熱が入る。
唾液にまみれた舌が、小陰唇が作る溝を這い回り、快感で思わず甘い声を漏らして下半身を蠢かすと、悦びのツボを見つけたとばかりにビラビラを甘噛みしてフルフルと震わせる。
「ウッ、ウググッ、クゥッ~・・・そんな事されたら、チンチンをオシャブリできない・・・ヒィッ~、また、また・・・アワワッ」
甘噛みしたままの小陰唇を口に含み、激しく吸い込まれる。
悲鳴にも似た悦びの声を漏らすと、新たな獲物を求めてクリトリスの周囲を舌が這い、喘ぎ声を漏らす間もなく口に含まれて先端を舌先でつつかれる。

健の髪を掴んで股間を押し付け、襲い来る快感に身を捩らせる彩の手から解放されたペニスは、先走り汁を滲ませながらピクピクと踊る。
宙を舞うペニスを口に含んだ彩は、髪を離した指をペニスに添えて顔を上下する。
「気持ち良い、彩にフェラしてもらっていると思うと、それだけで爆ぜちゃいそうだよ」
「そうなの??ウフフッ、そんな事はどうでも良い、我慢出来なくなっちゃった。ねぇ、入れて良いでしょう??」
言うが早いか健を跨いで中腰になった彩は、摘まんだままのペニスをバギナに擦り付けて馴染ませ、唇を噛んでゆっくりと下半身を落としていく。
「アウッ、ハァッ~、いいの、これが欲しかったの。待ち合わせ場所で健の顔を見た瞬間からこうしたかった・・・いぃ、子宮が熱い」
「彩の中が温かくて気持ち良い。彩を思い浮かべては、こんな風にムッチリを感じながらつながりたかった」
騎乗位で肌を密着させて折り重なる彩の腰を抱き締める健は言葉を終えると唇をついばみ、健を求めて這い出た彩の舌と絡み合う。
「クククッ、健を好きなのはね、キスが好きだから。キスの好きな人が好き」
「ふ~ん、彩はキスだけすればいいのか。じゃぁ、これは抜いちゃおうか??」
「アンッ、ダメ・・・ウッ、いいの、気持ち良い・・・こうすると、いぃの」抜け出ようとする健の腰を掴んで動きを封じ、股間を押し付けて前後に揺すりたてて喘ぎ声を漏らし、白い肌をかすかに朱に染めて髪を振り乱して身悶えるさまは健に残っていた冷静さを忘れさせる。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ちっち

Author:ちっち
オサシンのワンコは可愛い娘です

アッチイのは嫌
さむいのも嫌
雨ふりはもっと嫌・・・ワガママワンコです

夜は同じベッドで一緒に眠る娘です

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード