FC2ブログ

不倫 ~immorality~

想いを巡らす 10

存在しない男に対する嫉妬心をセックスの小道具にして気持ちを昂じさせる二人の瞳は赤く染まり、健の二本の手がところかまわず這い回る。
「アウッ、ウッウッ、クゥッ~、いぃの、気持ちいぃ・・・彩の事を好きだって言う男は許せないの??ねぇ、ほんとう??」
「本当だよ。彩はオレだけの女、誰にも触れさせない」
「嬉しい・・・彩も健だけの女でいたいの。貞操帯代わりにマンゲをソリソリしたんだよ。信じてくれる??」
「可愛い彩の言う事は何でも信じるよ。信じられるからこそ好きになれる」

健の唇が膝裏をついばみ甘噛みすると、いやぁ~ンと甘い声で抗議するものの、指先が腿の裏を刷くとブルッと震えて、アウッ、ウゥッ~と悦びの吐息に変化する。
唇と舌が膝裏から腿の付け根まで這い上がり、尻の割れ目に沿って息を吹きかけながら上下する。
「アウッ、アンッ、焦らしちゃイヤ・・・濡れているのを知ってるでしょう」
「フフフッ、彩は感度が好いからな・・・ここは、どうだ??」
尻の割れ目を左右に押し広げて窄まり目がけて息を吹きかける。フゥッ~・・・「アンッ、いやんっ、ダメッ、まだ、そこはダメ。恥ずかしい・・・そこは、何も分からないくらい気持ち良くなってから・・・ねっ」
大切な物を扱うように割れ目を閉じて背中に舌を這わす。

舌先が産毛を1本1本感じるほどゆっくり動かし、彩の両手が一瞬、緊張して力が入り、次の瞬間に力が抜けて弛緩すると舌をベタッと貼り付けて舐める。
目の前にある肌理が細かく染み一つない白い背中がわずかに朱に染まり、彩の息に合わせて上下し、その色っぽさは息を飲むほど美しい。
「どうしたの、まだ終わりじゃないでしょう??」
俯せから仰向けになった彩は嫣然と微笑んで挑発するような言葉を漏らす。

二つの乳房を両手で掴んだ健は、
「やっぱり手の中に収まってくれないや。彩のオッパイは手の平サイズじゃないな」
「イヤンッ、オッパイの事を言いながら、アソコを・・・ウッ、気持ちいぃ」
彩の両足の間に入れた腿が股間を刺激し、健の足が蠢くたびに眉間に皺を寄せて辛そうな表情を浮かべながらも深い快感を得ようとして股間を腿に押し付ける。
腿が小刻みに動く事がなくなっても一旦、与えられる快感に酔ったバギナは押し付けられて圧迫されるだけでも熱を持ち子宮がジンジン反応する。
健の髪を掴んで白い喉を見せるほど仰け反り、両足を一層開いて太腿が与えてくれる快感を貪欲に貪ろうとする。
「ウッウッ、いいの・・・アソコを健の腿に押し付けると気持ち良くなるの。エッチな彩は嫌いになる??」
「嫌いになんかなるわけがない。彩がオレを相手に燃え上がるのを見ると、それだけで発射しそうになるよ」
「エッ、うそ。ダメだからね。もっと、もっと気持ち良くしてもらうんだから・・・逝っちゃダメだよ」

足元の窓の外にはライトが煌めくコスモワールドが見え、シンボルのコスモクロックが横浜の夜を楽しむ人たちに夜景を堪能させている。
「彩、見てごらん」
「すごいっ、本当の花火のよう・・・・・」
今まさに、イルミネーションが夜空を飾る花火のように輝く。
「コスモクロックの名の通り、ここからは見えないけど中央に時計が付いているし放射状に延びる支柱は秒針を表しているって、知ってた??」
「知ってたよ。時計か・・・過ぎちゃったけど、彩の大切な日が数日前にあったのを知ってる??」
「えっ、なんだろう??」
「そう、知らないんだ・・・いいよ・・・アンッ、チンチンが内腿に何か付けた。ウフフッ、ネチョネチョしてる・・・」

腹這いになった健は、彩の両足の間に身を置いて内腿に舌を這わす。
左腿を膝の辺りから付け根近辺に舐め上げ、右足に移って同じように舌を這わす。
「クククッ、自分で付けた先走り汁を舐めてきれいにしてくれたの??変な事を言ってゴメンネ。大切な事を忘れても、許してあげる」
気を持たせるような言い方を気にする風もなく両方の鼠径部を撫で擦り、彩もそれ以上追及することなく目を閉じて新たな刺激を静かに待っている。

鼠蹊部を撫で上がった指が割れ目が左右に開き、曝け出された花弁を見つめる健の視線を感じて子宮が熱くなる。
大きく開かられたまま、膣口からクリトリスまで舌がベロリと舐めあがる。
「ヒィッ~、すごい・・・そんな事、いいの、気持ち良い」
口に含んだクリトリスを吸い上げて先端を舌先が叩く。
燃え上がった身体と気持ちは、クリトリスへの刺激も普段なら強すぎると感じるくらいで丁度いい。
「噛んで、クリを噛んで・・・クゥッ~、すごい、漏らしちゃいそうなほど気持ちいぃ・・・ねぇ、来て、彩にチンチンを頂戴、オチンポが欲しい」

横臥位のシックスナインで、彩は健の男を、健は彩の女を目の前にして興奮の極致に達しようとしていた昂ぶりが治まり、冷静さを取り戻す。
二人とも相手を便利な異性と思った事はないし、タイミングが合えば伴侶とした可能性もあったと思っている。
セックスだけを求めるわけではないものの、誰に邪魔される事なく性器を目の前にして、ようやく安心の境地に達する。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント