FC2ブログ

不倫 ~immorality~

想いを巡らす 7

「触っちゃダメなの??彩は両足を開いて恥ずかしい恰好をするだけなの??ねぇ、見てるの??彩の恥ずかしいところを見てるの??」
彩の震え声に返事をせずに立ち上がった健は、備え付けの非常用懐中電灯を手に持ち、部屋の明かりを消してしまう。
「なに??何かしたの??怖い・・・ねぇ、いるの??返事をして、お願い」
「元の場所にいるよ。部屋の灯りを消して、エッチな彩を見たいと忍び込んでくる薄明りの中の姿を見てるよ。可愛いって言うより、きれいだ」
目隠しをしてM字に開いた股間を晒すという羞恥心に居た堪れなくなった彩は饒舌になり、普段は物静かな彩の意外な一面が現れる。

抱き付きたくなるのを我慢するためにグラスを口に運び、水割りで喉を湿らせる。
「きれいだ。ブラジャーも外しちゃいなよ・・・そう、それで良いよ」
空気の澄んだ冬の日に、日の出直前や日の入り直後の墨絵のような富士山が神々しく感じさせるように、薄明りの中で乳白色に輝く彩の肌は手を伸ばす事を躊躇わせるほど美しい。
足を開いて座っていてもスポーツで鍛え、今はヨガを趣味とする彩の姿勢は良く、背筋が伸びて実際よりも大きく見せる姿は見ているだけでも惚れ惚れする。

スイッチを入れた懐中電灯を股間に向けると灯りに照らされたバギナが闇の中に浮かび上がる。
「ねぇ、何してるの??怖い・・・」
「良いよ、目隠しを外してごらん」

「えっ、なに??いやらしい。暗闇にマンチャンが浮かび上がって彩のモノと思えないほどエッチでいやらしい・・・非常用の懐中電灯なの??」
「えっ、これは非常用なのか、ホテルが彩のオモチャ代わりに用意してくれたと思っていたよ・・・良く見えるよ、割れ目の下の方がキラキラ光っているような気がするんだけど気のせいかな??」
ハァハァッ~・・・M字の格好に開いた両足の付け根を覗き込む彩は息を荒げ、健に見つめられる羞恥で愛液を滲ませて益々快感を昂じさせる。
懐中電灯は彩の股間だけを照らし続け、いつの間にか、そこは命が宿っているようにウネウネと蠢き始める。
「何か、いやらしいな、生きているみたいだよ。それとも、彩が意識して動かしているのかなぁ??」
一瞬の静寂を破る健の囁き声が発せられる。
「彩は何もしてないよ。スッポンポンでいるのにマンチャンだけを照らされているんだよ・・・見つめる健は闇の向こうに居て姿が見えないの。すごく恥ずかしいんだから・・・」
じっと見つめられていると思うだけでバギナは熱を持ち、それ自体が命を宿したようで彩の意思を離れて懐中電灯に興奮する。
「熱い、彩のアソコじゃないみたい。奥の方が独りでにウネウネして熱いの」
「彩。彩の指でマンチャンを可愛がってあげなさい」
懐中電灯に照らし出された割れ目の縁を彩の右手が擦り、ライトが左手を探して彩の肌を舐め上げると乳房を揉みしだている。
「イヤンッ、オッパイが寂しいって言ってたから・・・ダメ??」
「ダメなもんか、彩が気持ち良くなるのを邪魔したりしないよ」

闇に紛れて乳房を刺激していた左手を見つかると、彩は吹っ切れたように右手も添えて両手で揉みしだく。
これまで健に対して手の平サイズと言っていた乳房は、手の中に納まりきらずに指の間から零れるように姿を覗かせる。
昼間の太陽の下で見る彩は、スポーティな中にも淑やかな人妻の魅力を感じさせるものの、今は妻と言う立場を忘れて一人の魅力的な女性として愛欲に溺れようとしている。

乳房を揉んでいた手は下腹部を経て恥丘を擦り、割れ目の縁へと帰ってくる。
クチュクチュ、ニュルニュルッ・・・何度も大陰唇を上下していた指が吸い込まれるように割れ目に没し、卑猥な音と共に愛液を溢れさせる。
「ウッ、ウゥッ~、堪んない・・・見てる??彩は、見られているのに恥ずかしい事をしてるの??笑わない??可愛いって言って」
「可愛い彩の独りエッチを見てるからオレのはギンギンになって痛いくらいだよ。彩が気持ち良くなるところをもっと見たい」
「アァッ~、嬉しい、恥ずかしい事じゃないんだね・・・気持ち良くなるから見ていてね」
指の動きに連れて朝露にまみれて真っ赤に輝く薔薇の花のようなバギナが薄明りの中で淫靡な姿を見せる。
目を閉じて眉間に皺を寄せ、両手の人差し指が溢れる愛液を絡ませて小陰唇を愛撫する。
「いやらしいな、彩は。こんな好い女が暗闇で一人エッチするのを見ることが出来るオレは幸せだよ。ビラビラを弄ってごらん、彩のスケベっぷりを堪能させてもらうよ・・・彩、オレの目から視線を外すんじゃない」
「健を見ながら、健に見られながら一人エッチするね・・・いつもは、目を閉じて瞼の裏の健を思い出しながらするんだけど、今日は目の前で見てくれるんだよね、見てね、彩が気持ち良くなるところを・・・」

割れ目を開いてビラビラを愛撫していた右指がマン汁を溢れさせる膣口に姿を没し、左手はクリトリスに伸びる。
人差し指と薬指でクリトリスを挟み、愛液まみれの中指が滑るように優しく愛撫する。
アウッ、ウッウッ、ウゥッ~・・・健を見つめる視線に力がなくなり、目を閉じそうになると指の動きが激しくなって我に返り、唇を噛む。
健の視線が股間に向けられているのを意識すると彩の手の動きは一層激しくなり、恥ずかしい事をしている自分にも恋をする。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント