FC2ブログ

堕ちる

堕ちる・調教ー32

さすがに一度満足させられた成田と佐藤は余裕を持って紗耶香の身体に取り付き、岡部は経験と言うべきか二人をあっけなく天国に追いやったアナルに挿入しても動じる様子がない。
ジュルジュル、ヌチャヌチャ・・・ペニスが出入りする口元は唾液が滴り卑猥な景色をつくる。
騎乗位の紗耶香を突き上げる成田のペニスは愛液混じりの白濁液をかき混ぜて白い泡を作り、アナルを犯す岡部は他人が思うほど余裕があるわけではないが、蝋が描いた背中の模様を見て気を紛らわす。

三人の男は息もつかせずに三つの穴を蹂躙し、場所を入れ替わって紗耶香に休む余裕を与えない。
「ハァハァッ・・・きつい、アソコもお尻もオモチャ扱いされる私は可哀そう・・・ウググッ、ゲボッ・・・ウッ、ハァハァ、喉の奥を突かれると息が出来ない・・・ウゲゲッ・・・」
目に涙を滲ませて苦しそうに息を吐き、三つの穴を犯され続けても蝋涙が飾る身体を身悶えさせ、口に含む怒張に指を絡ませることを止めようとしない。

「ウッ、だめだ、尻の穴を交代してくれ。突きすぎて根元が痺れてきたよ」
一度、アナルで果てた成田は巧みなフェラチオで生気を取り戻して陵辱に参加したものの、行き過ぎた快感でペニスが痺れてきたと言う。
「ハァハァッ・・・紗耶香のモノはなかなかの名器だよ、我慢の限界かもしれない。オレも休憩するよ」
成田のその言葉を待っていたかのように、岡部と佐藤もバギナと口腔の責めを中断して荒い息を漏らし、紗耶香の身体から離れる。

四つん這いのまま宙に向けて腰を突き出す紗耶香のアナルは、凌辱の限りを尽くされたためにポッカリと開き閉じる事を忘れている。
底すら見えない暗い穴は、真っ赤な花弁から悦びの白濁液を滴らせるバギナと共に性的好奇心を隠すことなくウネウネと蠢き、新たな責めを今や遅しと待ち構えているようにしか思えない。
カジノで借金を作った何人もの女たちを嘆きの縁に追い込み、身体を使って返済する事に同意させ、落札者を悦ばせる術を教え込んできた三人の男をしても太刀打ちする事が難しい。
男たちが技を尽くしても、そのすべてを快感として吸収して教えることが何もないように思える。
スカウトした新田が、本人は気付いていないが男を蕩かす術を生まれながらに持っていると言ったのを今更ながら思い出す。

主に記録を残す役として参加している瑞樹は、男たちが紗耶香から離れたのを確かめて撮影を佐藤に託す。
「瑞樹、やる気満々だね。上半身は私に任せて下半身を中心に責めてくれる」
カジノの受付係らしくテーラードスーツを身に付けたままだった瑞樹は上着を脱ぎ、白いシャツを腕まくりしてスカートの中に手を差し入れて中腰の格好で話しかける。
「ねぇ、紗耶香。私は興奮しているの・・・いやらしくてドスケベな紗耶香を見せられ続けて、しかもそれを余すことなく撮影していたんだからしょうがないよね。紗耶香の責任だよ・・・責任を取ってくれる??」
仰向けにさせた紗耶香の左手首と左足首を脱いだパンストで縛り、顔をスカートに埋めさせて股間を擦り付ける。
「紗耶香、どんな匂いがする??私のアソコを食べてもいいよ・・・脱がせて・・・ダメッ、手を使っちゃダメ。口だけで脱がせるの、出来るでしょう」
ハァハァッ、クチュクチュッ・・・スカートの中で蠢く紗耶香の姿が見えないだけに、何をしているのかと見る者の想像をたくましくさせて興奮を掻き立てる。

「フフフッ、上手に脱がせてくれてありがとう・・・」
紗耶香が咥えたショーツをそのままにして手足を縛るパンストを掴んで揺らしながら、瑞樹は紗耶香の瞳を覗き込む。
「紗耶香の瞳に映っているのは私だけ。そうでしょう??二人で遊ぼうか、気持ち良くなりたいでしょう??」
魅入られたように瑞樹から視線を離せなくなった紗耶香は息苦しさを覚え、無言のままコクンッと頷く。
「そう、紗耶香が気付きかけている性感を刺激してあげる。嬉しいでしょう??」
首に巻いたままの犬用首輪に指を這わせて存在を意識させ、そこから伸びるリードを手にして右手、右足も縛ってしまう。
「瑞樹の穿いていたパンストと犬用リードで縛られちゃった。動けない、アソコもお尻も隠せないなんて・・・恥ずかしい」
左右に開いた股間を閉じる事は出来るし、仰向けの姿勢から横倒しになれば隠せることは承知の上であからさまに晒したままで恥ずかしいと頬を朱に染める。
見る者の嗜虐感をそそり、自らの被虐心を昂ぶらせるために意識しているとしか思えない。
「あらっ、困っちゃたな・・・オシッコしたくなっちゃった。紗耶香、どうしたら好いと思う??ベッドが濡れると困るし・・・」

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ちっち

Author:ちっち
オサシンのワンコは可愛い娘です

アッチイのは嫌
さむいのも嫌
雨ふりはもっと嫌・・・ワガママワンコです

夜は同じベッドで一緒に眠る娘です

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード