FC2ブログ

堕ちる

堕ちる・調教ー24

成田はアナルにペニスを挿入したまま、背後から紗耶香を抱きかかえて仰向けになる。
「アワワッ・・・ヒィッ~、壊れちゃう。乱暴にされたら裂けちゃう」

「そうなの、じゃぁ、裂ける処も記録に残さないとね」
瑞樹が持つカメラのレンズが結合部分に近付き、大蛇が紗耶香の内臓を貪ろうとして窄まりが張り裂けそうになるほど押し広げて侵入する様子を撮影する。
「紗耶香、見なさい天井を・・・恥ずかしい恰好で尻の穴を犯されているのが見えるでしょう」
「えっ??いやぁ~・・・お尻、お尻が裂けちゃう・・・痛いッ、広がっちゃう」
アナルにペニスを受け入れても、思ったより痛くない、大丈夫と言っていた紗耶香も天井の鏡の中に、窄まりの周囲を巻き込むようにして侵入する節くれだった怒張を見て悲鳴を上げる。
「暴れると裂けちゃうよ・・・見なさい、俺のモノが尻の穴に出入りするのを」
ニュルニュルッ・・・十二分に塗り込めたローションが卑猥な音を奏で、抵抗なくペニスが出入りを繰り返す。
「いやぁ~ン、オチンチンがお尻の穴に出たり入ったりしてる。アンッ、なんだか変な感じ・・・広がっちゃう、そんなに激しくされると広がっちゃうよ・・・ウッ、ウッ、いぃの、やだっ、お尻でなんか気持ち良くなりたくない」
「そうか、気持ち良いのか。尻の穴だけじゃ可哀そうだな、もう一つの穴にも入れてみようか」
岡部と二人で紗耶香の口腔を蹂躙していた佐藤が結合部に近付き、仰向けの格好でアナルを貫かれる快感で愛液を垂れ流すバギナにズブッと指を挿入する。
「どうしたんだ、この嬉し涙は。尻の穴を可愛がられて悦んでいるのか??そうなのか??」
「アンッ、きついのを我慢してるのに。妖子のオチンポが気持ち良くしてくれたから・・・」
「そうか、そうなのか。今度は俺のモノで掻き回してやるよ・・・嬉しいだろう??」
中腰になった佐藤はペニスの先端でバギナを擦って馴染ませ、窮屈な姿勢で精一杯顔をあげて覗き込む紗耶香は、好奇を目に宿らせて乾いた唇に舌を這わせて滑りを与える。
「入れるよ・・・」
「ウッ、くる、くる、入って来る。アワワッ、ウグッ・・・前も後も両方に・・・ハァハァッ・・・きつい」
眉間に皺を寄せて堪える紗耶香の様子に斟酌することなく、佐藤は腰を前後して出し入れを繰り返す。
「おおぅ~、いいぞ、温かくて気持ち良い。ンッ、尻の穴に入っているチンポが押してくるから気持ち良いぞ・・・紗耶香は良いモノを持っているな」

カジノで借金を作った女たちに身体を使って返済する事の引導を渡して来た成田のペニスも、腰を掴んだ手にしっとり馴染む肌の心地良さとアナル壁がペニスを包み込む快感で限界が近付きつつあることを悟る。
「成田さん、どうしたの??まさか、ダメって言うんじゃないよね。プロでしょう??」
「すまん・・・その、まさかだ。カジノでの俺の仕事は、女にセックスの良さを教えて客を取るのを嫌がらないようにする事だが、紗耶香にはアナルセックスの良さを教わっちゃったよ・・・逝くぞ、紗耶香、尻の穴で俺を受け止めろ」
パンパンッ・・・目元を赤くして仕事とは思えないほど快感に酔う成田は激しく腰を突きだし、あっけなく果ててしまう。
アナルから引き抜かれたペニスはだらしなく萎れ、塗り込めたローションにまみれた名残でヌラヌラと濡れそぼつ。
無残に押し広げられて閉じる事を忘れたアナルはポッカリ入口を開いて空ろな中を見せたまま、成田が吐き出した男汁を滴らせる。
浣腸を終えた後でも可憐な姿を損なう事のなかったアナルが、奥深くで感じる禁断の快感を知った今、貪欲に悦楽を求めて何もかも吸い込んでしまうブラックホールにさえ見える。

自らの股間にぶら下がるペニスに目をやった成田は、汚いモノでも見るかのようにわざとらしく顔を顰め、無言のまま紗耶香の口に近付ける。
成田の意図を察した紗耶香はペニスに指を添えて嫌がる様子を見せるどころか、頬を朱に染めて恥ずかしそうに口に含み舌を絡ませる。
プハッ、ハァハァッ・・・ペニスの汚れを舐め取った紗耶香は、
「私のお尻に入っていたチンチンを舐めちゃった」
「成田さんのウンチの香りはどうだった??」
「意地悪な人は嫌い・・・お尻をきれいにしてくれたのを忘れたの。そうじゃないでしょう、からかっているだけでしょう??」
羞恥を滲ませながらも意地の悪い岡部の問いにしっかりと答える。
「そうか、浣腸したからきれいなのか・・・じゃ、俺も紗耶香の尻の穴を味わってみるかな。
岡部の言葉を聞いた佐藤は、膣口をつついていたペニスを一旦引き抜き、
「尻の穴だけじゃなく、オマンコも具合が好いよ。少し休憩させてもらうよ」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント