FC2ブログ

堕ちる

堕ちる・調教ー14

「美味しそうに飲むわねぇ、紗耶香の尻の穴は。漏らしちゃダメだよ、我慢しなさい・・・我慢できたら、ご褒美でもっと飲ませてあげる」
浣腸液の注入を終えた妖子は筒先を引き抜くと同時に指でアナルを押さえ、その指をブルブル震わせて入口を刺激しながら意地悪な言葉を掛ける。
「アウッ、アワワッ・・・クゥッ~、だめ、そんなこと・・・変な感じ・・・」
そばに居た男に浣腸器を手渡し、うけとった佐藤は新たな液を吸い上げる。
キュッキュッゥ~、チュルチュルッ・・・ガラス管の擦れる音が心を乱してアナルに予期せぬ快感をもたらし、浣腸液を吸い上げる音が二度目の注入を想像させて意味不明の興奮を誘う。
「イヤッ・・・お腹が痛い。お浣腸はもうイヤッ、許して」
四つん這いの紗耶香は腹部だけではなく胸も大きく上下させ、しどけなく開いた口で荒い息を繰り返す。
ハァハァッ・・・指先が白くなるほどシーツを掴み、息がますます荒くなる。
頬を紅潮させ、真っ赤に染めた瞳が見つめる壁の鏡には腹部が上下し、ムッチリと張り出した腰から尻の中央を押さえる妖子の手が見える。
「見える??合わせ鏡をしてあげようか??・・・瑞樹、お願い。よく見えるようにしてあげて」
揶揄するように、よくを強調した妖子の言葉に笑みを返した瑞樹は、鏡を用意してアナルが見える絶好の角度を見つける。

鏡の中のアナルは蓋をしていた妖子の指が離れ、浣腸液を噴出させまいとプルプル震える。
「漏らしちゃダメだよ、我慢しなさい・・・我慢できる??」
堅く握った手でシーツを掴み、歯を食いしばった紗耶香は無言のままコクンと頷く。
「そう我慢できるんだね、えらいよ。ご褒美をあげなきゃね・・・もう一度、浣腸してあげる」

紗耶香と妖子のやり取りを聞いていた佐藤が筒先から液が漏れるほど満たした浣腸器を手渡す。
「ウフフッ・・・良かったね、紗耶香。見てごらん、これをみんな飲ませてあげる・・・嬉しい??」
「いやっ、もう嫌。お腹が痛い・・・もう入らない、お浣腸は許して」
「ダメッ・・・尻の穴を可愛がってもらうんでしょう??オチンポの先にウンチが付いたんじゃ失礼だからきれいにしなきゃね・・・クククッ、瑞樹を見てごらん・・・」
ベッドに顔を押し付けて尻を高く突き出した紗耶香が横目で見る鏡の中の瑞樹は、浣腸液の噴出を必死に我慢する紗耶香を気にする様子もなくテーブル上のおぞましいオモチャを弄っている。

「浣腸が終わったら、このオモチャで遊んであげる・・・その後はオチンポで   オマンコとアナルを試してもらおうね。そうだ、その前にフェラチオで3本のオチンポを悦ばせてあげようね。紗耶香なら1500万円なんかあっという間だよ」
瑞樹の言葉を聞いても身体はおろか言葉でさえも抵抗する事なく、身体の芯がグツグツと疼くのを感じ始めていた。
ウッと吐息を漏らした紗耶香は滲み出た愛液が腿を濡らすのを感じて顔を真っ赤に染める。
「ウフフッ・・・マンコやアナル、口も使って男に奉仕するのが嬉しいようね、ここをこんなにしちゃって」
妖子の左手が紗耶香の股間を撫で、指先に付いた愛液に笑みを浮かべて舌で舐めとり、
「グズグズするのは趣味じゃないから、さっさとやっちゃうよ」
ローションをアナルと筒先に塗り付けて、先端をズブッと挿入して浣腸液を押し出す。
「ウググッ・・・くる、入って来る・・・ダメ、もうダメ。トイレ、トイレに行かせて、お願い、早く」
「浣腸器を抜くよ。ここで恥を晒したくなければ自分の指で押さえなさい、いいわね」
紗耶香の指先がアナルに伸びると同時に筒先を引き抜き、三度目の浣腸液を吸い上げる。
キュ~、チュルチュル・・・「イヤァ~、だめ。お腹が痛い」
悲鳴のような哀願を無視して荒々しく紗耶香の指を取り除き、浣腸器の先端を挿入する。
ピシッ・・・「我慢しなさい。みんなに見られながら浣腸されて嬉しいんでしょう??嬉しくなきゃ、マンコを濡らしたりするはずないもんね」
揶揄するような言葉を掛けながら内筒を押し込むものの、浣腸液は大半を漏らしてしまう。
「勿体ないけど、初めてだからしょうがないね。好いわ、トイレに行かせてあげる・・・抜くわよ」

浣腸器が引き抜かれると同時に自らの指でアナルを押さえて噴出するのを防ぐ紗耶香の額にわずかな汗が滲む。
佐藤に目配せで合図した妖子は二人掛かりで丸見えのトイレへと連れていく。
ウッウッ、ウゥッ~・・・右手で噴出孔を押さえた紗耶香は足を引きずるようにして浣腸液が漏れるのを防ぎながらトイレに向かう。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント