FC2ブログ

堕ちる

堕ちる・調教ー5

スイッチを切ることなく手にしたバイブの大きさと形状を確かめた瑞樹は、暗闇の中で誰にも見られることなく笑みを浮かべ、間違えることなく先端に舌を這わせパクリと口に含む。
ヴゥ~ンヴゥ~ン・・・くぐもった音に変化するとペンライトが瑞樹の顔を照らし、バイブを含んだ口元が灯りの中で丸見えになる。
ヌチャヌチャッ・・・ヴゥ~ンヴゥ~ン・・・そこだけが暗闇の中で明るく照らされても瑞樹は動きを止めることなく、竿部に舌を絡ませて顔を前後し、さも愛おしそうにフェラチオを施す。
新田を見つめる瑞樹の瞳は泣いているかのように潤み、焦点があっているのかさえ定かでない。
ペンライトが照らす中でバイブは口から引き抜かれ、別れを惜しむかのように唾液が糸を引く。ペンライトが誘導して下半身から股間を照らし、バイブもその後を追う。

バギナを弄っていたためにベビードールは、はだけてオープンショーツが隠し切れない恥毛を明らかに晒す。濃くはない恥毛が愛液にまみれて恥丘に張り付き、その奥に隠れているはずのバギナが丸見えになっている。
ウッウッ、アッアッアウンッ、アァ~ン・・・ライトに照らされてキラキラ光る花弁をかき分けてバイブは侵入し、二度三度と出し入れを繰り返すと、早くも艶かしい喘ぎ声を漏らし始める。
ライトに照らされた自らの秘所をバイブで慰める瑞樹は、闇の向こうで見ているはずの新田を意識して身悶える。
見えない視線に犯され、バイブに責めたてられる身体は昂ぶりを隠すことが出来ずに頂上近くまで昇りつめる。
「見てる??・・・ねぇ、見てる??気持ちいぃの・・・答えて、エッチな私に興奮する??」

瑞樹の股間を照らしていたペンライトが新田のペニスを照らす。
「エッ、うそ、すごいっ・・・私が真っ暗闇で独りエッチするのを見て、そんなになったの??嘘でしょう??」
「嘘なもんか、オレの大切な瑞樹が独りで気持ち良くなるのを想像するだけでココは、こんなに怒っちゃったよ」
「エッ、怒ってるの??私は貴男のモノだから??」
「そうだよ。オレの瑞樹がオレ以外、たとえ瑞樹の指やオモチャでも気持ち良くなるのは許せない」
「ウフフッ、嬉しい。私は貴男のモノ、無茶でもなんでも、そう言われると嬉しいの・・・」
「瑞樹はオレの女だ。オレ以外の男に目を向けるなよ」
「ほんとう??確かめても良い??・・・私は逃げたり隠れたりするから真っ暗な中で捕まえて・・・私の事が大切なら出来るでしょう・・・ハァハァッ・・・」
自分の言葉に興奮して息を荒げる瑞樹は真っ暗な中でカクレンボしようと言う。
「良いよ、ライトを消した瞬間にゲーム開始だよ。捕まえて瑞樹はオレの女だってことを身体に刻み付けてやる」

新田の股間でそそり立つモノを照らし、瑞樹の股間を蠢く卑猥な指をあからさまにしたライトがゆっくりと部屋を一周して家具の位置を確認し、闇の世界に戻っていく。
「ゲーム開始だよ。オレに捕まっちゃうとマンコや口だけじゃなく尻も犯されちゃうぞ。さぁ、逃げろよ」
「やだっ、やられちゃうの??良いよ、捕まったらね・・・いつまでも逃げるから」

ゴツンッ、痛っ・・・足元はおろか、指先さえも見えない真っ暗な中での鬼ごっこ、逃げ回ると言っても自由に動けるわけではない。
「大丈夫か??気を付けろよ、大丈夫なの??・・・そうか、声を出せば場所が分かっちゃうもんな。探すぞ・・・捕まえて、瑞樹を食べちゃうぞ」
クククッ・・・新田の独り言がおかしくて瑞樹は手で口を押さえたにもかかわらず含み笑いを漏らしてしまう。

瑞樹は素早く移動して耳をそばだて、新田の気配を探る。両手を伸ばし指先に神経を集中して記憶の中の障害物に気を配る。
衣擦れの音さえも防ごうとしてベビードールの裾を摘まみ、壁際に移動して一休みする。
たかが二人のゲーム、セックスの愛撫代わりと思っても負けたくはない。
ドクドクッ・・・右手を左胸に当てると、鼓動が新田に聞こえてしまうのではないかと心配になるほど激しくなっている。
ハァハァッ・・・ハァァ~、フゥッ~・・・荒くなる息遣いと鼓動を押さえようとして、大きく息を吐き、音を立てずにゆっくりと胸一杯に吸い込む。

新田は両手を左右に伸ばして触れるモノの正体を感覚で確かめながら大胆に移動する。
音を絶つことに注意を払う事もなく移動するため瑞樹は容易く、その位置を知り静かに遠ざかる。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ちっち

Author:ちっち
オサシンのワンコは可愛い娘です

アッチイのは嫌
さむいのも嫌
雨ふりはもっと嫌・・・ワガママワンコです

夜は同じベッドで一緒に眠る娘です

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード