FC2ブログ

堕ちる

堕ちる・調教ー4

「あぁ、嫌いになっちゃうよ・・・スケベな瑞樹が大好きなのに、それを見て興奮するオレを笑うような瑞樹は嫌いだよ」
「クククッ、笑わせないで・・・冷めちゃうよ、止めても良いの??」
「これを見ても冷めちゃうか??」
新田は股間にそそり立つ男根に指を添えて二度三度ピストン運動をする。
「クククッ・・・並んでオナオナする??・・・ダメッ、貴男は自分でしちゃダメ。私が必要なくなっちゃう。チンチンは私のモノなの、貴男は触っちゃダメ・・・見ていてね、エッチな事をするから見てくれなきゃ嫌。私のチンチンは私が興奮させるの」

両手の中指の先端に舌を這わせて滑りを与え、ベビードール越しに乳房の先端をクチュクチュ撫でる。
アンッ、ハァハァッ~・・・しどけなく開いた口が甘い吐息を漏らし、焦点の定まらない視線を新田に向ける。
ゴクッゴクッ・・・瑞樹の痴態を見つめる新田は興奮で乾いた唇を癒すために音を立ててジントニックを飲む。
「ねぇ、見てる??独りエッチするのを見られると恥ずかしい・・・」
「オレの視線を意識して恥ずかしいなら、見えないようにしよう」
「えっ、目隠しされるの、怖い。何も見えないのは怖い」

独りエッチを続けなさいと言い置いて新田は席を立ち、遮光カーテンを引いて月明かりを遮断し、アロマライトの灯りを消して真っ暗にする。
「いやっ、怖い。何処にいるの??・・・エッ、なに??どうするの??」
前も横も上も下も何も見えず、自分の指先さえも見えないほど真っ暗になって不安と恐怖に苛まれ始めた瑞樹は一筋のライトに照らされる。
「オレには見えるよ。真っ赤なベビードールを着た瑞樹が誰にも見られないと思ってオナニーしているのが丸見えだよ・・・続けなさい、誰も見てないから」
ペンライトが瑞樹の身体を照らす。
腹部を照らしたライトは舐めるように上がって、乳首を刺激する指が姿を現す。
「アンッ、スケベ・・・変な事ばかり思いつく、いやらしい男」
新田は無言でペンライトを操る。
乳房を照らしていたライトが股間をあからさまにすると瑞樹の指がその後を追う。
「ウフフッ、スケベなマンコガ寂しいって言ってるよ。その声がオレにまで聞こえる・・・可愛がってあげなさい」

股間を照らされるだけで真っ暗闇の中で見えるはずもないのに頷いた瑞樹は、指先に滑りを与えて股間に伸ばす。
オープンショーツを開いた左手を割れ目に添える。
暗闇で真っ赤に咲き誇る花弁が姿を現し、朝露に濡れたように艶々と輝くそれは可憐にさえ見える。
「見てね・・・昔はこんなじゃなかったのに、貴男に会ったせいでスケベになった私を見てね」
クチュクチュ、ヌチャヌチャッ・・・早くも指の蠢きと共にバギナは卑猥な音を奏で、その音を楽しむかのように新田はライトを消してしまう。
「続けなさい・・・瑞樹の魅力は目で確かめるだけじゃない。耳でも良い女だって思わせてくれるだろう??」
「ハァハァッ、いやらしい男・・・でも大好き。私がどれほどエッチな女か、耳で確かめて」
クチュクチュッ、ヌチャヌチャッ・・・ハァハァッ、いいの。気持ちいぃ・・・ヌチャヌチャ、グチャグチャッ・・・・・アンッ、アッアッ、ウググッ、ウゥッ・・・真っ暗闇の中に低く響く音は次第にねっとり粘っこいものになり、甘い吐息が間断なく漏れる。
ハァハァッ・・・クチャクチャ、グチュグチュッ・・・ウッウッ、アンッ・・・閉め切った窓とカーテンが通りを走っているはずの車の音を遮断し、部屋の中は新田が堪え切れずに漏らす荒い息とバギナが悦びを漏らす音、そして瑞樹の甘い吐息だけが支配する。

官能的な香りが充満する部屋は、二人を気だるく淫蕩な気持ちにさせ暗闇の中で見えるはずのない相手を想像して興奮を倍加する。
ヌチャヌチャッ・・・シュッシュッ・・・ゴクッ・・・ジュルジュルッ・・・アンッ、美味しい・・・暗闇の中でバギナを掻き回す指の音とベビードールのささやかな衣擦れの音が新田の想像をたくましくさせる。唾を飲んで一瞬の落ち着きを取り戻したものの、愛液にまみれた指を舐める音と美味しいと言う囁き声を聞くと股間は限界まで膨張する。

新田はバイブを手に取りスイッチを入れる。
アンッ、いぃの、マンチャンを弄ると気持ち良くなっちゃう・・・ヴゥ~ンヴゥ~ン・・・エッ、何??どうしたの??・・・真っ暗闇にまぎれて自らの指を股間に伸ばし、独りエッチで喜悦の声を上げていた瑞樹は突然の振動音に驚きの声を上げる。
灯りを点けることなく暗闇の中で新田はバイブを差出し、振動音の聞こえる方向に手を伸ばした瑞樹はそれを受け取る。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ちっち

Author:ちっち
オサシンのワンコは可愛い娘です

アッチイのは嫌
さむいのも嫌
雨ふりはもっと嫌・・・ワガママワンコです

夜は同じベッドで一緒に眠る娘です

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード