FC2ブログ

堕ちる

堕ちる-22

アナルに与えられる刺激で喘ぎ声が間断なく漏れ始めるとシャンパンボトルを支える手の力が抜け、ボトッと音を立てて転がり落ちる。
両手が白くなるほどシーツを掴んで眉間に皺を寄せ、唇を噛んで未知の快感を堪える。
「アンッ、イヤッ、どうして・・・こんな、ウッウゥッ~・・・いぃの、気持ちいぃ、アンッ、ンッンッ、クゥッ~、お尻で気持ち良くなるなんて・・・」
啼き声に似た喘ぎ声を漏らしていやらしく腰を蠢かす紗耶香の瞳に涙が滲む。
涙の訳が想像できる新田は言葉を掛ける事が躊躇われ、黙って抱きしめて唇で拭い取り、閉じた瞼にキスをする。

言葉もなく新田を見つめる紗耶香は羞恥の笑みを浮かべ、伸ばした指で胸に好きと書く。
「んっ??俺の胸に字を書いたのか??」
「うん、なんて書いたかは秘密・・・教えてあげない」
「そうか、秘密か・・・大切な人だからこそ、話せない事もある。友人や他人には話せてもね・・・」
「うん、分かる・・・あっ、だからってあなたに隠し事があるって事じゃないよ」

緩んだと感じ始めたアナルの入り口の締め付けがきつくなり、奥は温かく緩やかにペニスを包み込む。
「逝ってもいいか??我慢できないよ」
「うん、お尻で逝って。私のアナル処女はあなたに奪われたの・・・ウフフッ、嬉しい」
新田の両手が紗耶香を支えて、腰を前後に揺すり立てる。
ヌチャヌチャ、クチャクチャッ・・・ペニスは抵抗なくアナルを出入りし、紗耶香の表情に苦痛の色は欠片もなくなり悦びだけが支配する。
「出すよ、いいか??」
「ウッウッ・・・いぃ、私も逝っちゃいそう・・・だして、お尻に出して」
グチャグチャ、ヌチャヌチャッ・・・逝くよ、気持ち良いよ・・・いぃ、来て、いっぱい出して・・・・・ウッウゥゥ~・・・いやぁ~、感じる、熱い、いっぱい奥まで・・・・・
新田はウッウゥゥ~っと唸り声と共に男汁をアナルの奥深くに吐きだし、紗耶香は両手でシーツを掴んだまま白い喉を見せるほど仰け反って射精の瞬間に果てる。
ハァハァッ・・・二人の荒い息がホテルの部屋を支配し、落ち着きを取り戻した新田がナイトテーブルに伸ばした手でティッシュペーパーを摘まむ。
結合部分にティッシュを当てて再び手を伸ばすと、
「いやッ、ティッシュになんかあげない。私のお口できれいにするの・・・舐めさせて・・・」

上目遣いに新田を見つめた紗耶香はつまんだペニスに視線を落とし、
「良かった、変なものが付いてなくて」
「クククッ・・・オマケが付いていると思ったのか??そうか、そんな心配を・・・尻の穴をきれいにする道具を用意すれば良かったな」
「バカッ、やっぱり嫌な男・・・あなたの事じゃないですよ、あなたは大好きですよ。私の事を気持ち良くしてくれるんだから」
滑るペニスを摘まんだ紗耶香は愛おしそうに指を這わせて話しかける。
ジュルジュル、ジュボジュボッ・・・上目遣いに見つめる瞳に羞恥を宿らせて滑りをきれいに拭い取り、二度三度と顔を前後させた紗耶香はペニスから口を離す。
名残り惜しげに唾液がツゥ~と糸を引き、二人の粘っこい視線が淫靡に絡む。
紗耶香を抱き寄せた新田は唇を合わせて濃厚なキスを交わす。
ゴクッ・・・送り込まれた唾液を音を立てて飲み込んだ紗耶香は、
「オチンチンを舐めてきれいにした後、うがいもしてないのに・・・」
「構うものか・・・尻の穴に入れた俺のモノをきれいに舐めてくれたんだから、汚くなんかないよ」
「もう、また・・・ウフフッ、意地悪」

シャワーを頭から浴びながらじゃれるようにして汗を流し、紗耶香はビール、新田は水割りを手にして窓際に立つ。
セックスを終えた後の顔を見つめられるのは嫌だと言う紗耶香が部屋の灯りを暗くしたため、窓ガラスの中で二人は見つめ合う。
「もう時間でしょう??急がないと最終便に遅れちゃうよ」
「そうだな、こうやっていると時間の経過と共に別れるのが辛くなる・・・俺がいない間、悪い事をするんじゃないぞ。好い子で待ってろよ」
紗耶香の頬に唇を合わせた新田はドアに向かう。
「うん、好い子で待ってるから私の事を忘れないでね」

新田のいなくなった部屋でベッドに突っ伏した紗耶香は新田の言葉を思い出す。
「現金でデポジットを入れとくからね。美味い朝食を食べてゆっくりすると良いよ」
部屋を出る寸前まで気遣ってくれたのが嬉しくもあり、留守中にしなければならない事を思うと眩暈がするほど心苦しい。
帰ってきた後も会ってくれるだろうか・・・秘密にすれば分からないはず。
隠し通せるだろうか・・・いっそ、すべてを話した方が良いのだろうか。
思いは千路に乱れて結論が出ない。
ベッドに顔を埋めた紗耶香の肩が小刻みに震えてシーツに涙が滲む。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント