FC2ブログ

堕ちる

堕ちる-15

「アンッ、いやっ・・・そんな事、アソコだけじゃなく、後ろにもなんて・・・ウッ、動かさないで、変な感じ・・・・いやっ、擦れる、ウググッ」
ギシギシッ・・・アワワッ、イヤンッ・・・バギナとアナル、薄い壁を通じて二つの穴に挿入した指を擦り合わすと体験したことのない刺激で、椅子が軋み音を立てるほど激しく身体を蠢かす。
「紗耶香が望んだ事だろう??・・・嫌ならやめようか??」
返事を待たずにアナルに挿入した指を引き抜き、バギナに挿入した指も抜こうとすると拘束されて自由の利かない下半身が離れるのを嫌がって指を追う。
「あぁ~ン、抜いちゃイヤッ・・・意地悪ばかりする嫌な男・・・」
侵入者がいなくなってヒクヒクと息をするアナルまで滴るマン汁が、風船のように膨らんで寂しさを強調する。

拘束された太腿は乳白色に輝いて募らせる被虐感で妖艶さを増し、朱に染めた瞳で粘っこく見つめられる新田の股間がピクリと反応する。
「エロっぽいな、紗耶香は。ホテルの一室で一糸まとわぬ全裸を椅子に拘束されて弄ばれる落花狼藉の図」
「早く・・・オマンコだけじゃなく、お尻もあなたのモノして欲しいの。アナル処女を奪って・・・」
手に取ったソーセージにアナルまで滴るマン汁を馴染ませ、力を込めて押し込むと姿が消えてしまう。
「アレッ、ソーセージがいなくなっちゃた」
「えっ、どういう事??全部入っちゃったの??嘘、ウソでしょう??」
「嘘じゃないよ、自分の手で確かめてごらん」
「あれっ、ない・・・本当に入っちゃったの・・・いや~ン・・・ウッ、ウッ・・・
出る・・・出るよ」
眉間に皺を寄せて目を閉じ、歯を食いしばって下腹部に力を込めると窄まりがピクピクひきつき、ソーセージの先端が姿を見せる。
「見えたよ、力を込めて・・・そう、そうだよ。もう少し・・・」
ウッウッ、ウググッ・・・眉間の皺が深くなり、目の縁を朱に染めるほど力を込めると脇腹がキュッと締まってソーセージが新田の手の平に零れ落ちる。
「いや、見ないで。見ちゃ嫌っ」
「見たくないか、分かった・・・」言うが早いか、新田はソーセージを紗耶香の口に押し込んでしまう。
「食べちゃえ、証拠隠滅だ・・・見られたくないんだろう??出したら、アクリルケースに入れて飾っちゃうぞ」
「お尻の穴から出たものなんか食べたくない・・・」

嫌がりながらも顔を顰めて飲み込み、羞恥心を露わにしながら股間を濡らしまくる。
「舐めなさい。何かを入れる場所じゃない尻の穴に俺のを入れたいんだろう??指で慣らさなきゃ入らないだろう??・・・分かるね、舐めなさい」
目を閉じて新田の指を口に含み、十分に滑りを与えた紗耶香は口から引き抜かれた指が股間に向かうのをじっと見つめる。
真っ赤に染めた瞳は潤み、焦点も定かでない視線を声のする方角に向ける。
「力を抜くんだよ。いいね、入れるよ・・・力を抜かなきゃ、緊張しちゃダメだよ・・・そう、それでいい」
滴るマン汁と唾液にまみれた指がニュルニュルと卑猥な音を立てながらアナルに消えていく。紗耶香の表情は硬く強張りまたもや眉間に深い皺が刻まれる。
「ウッウッ、イヤッ・・・変な感じ・・・良いのかどうか分かんない・・・アンッ、気持ち良いかも・・・」
二度三度と出入りさせると眉間の皺が消えて口元が緩み、自由な右手が乳房を揉み先端を摘まむ。
「ウッウググッ・・・いぃ、気持ち良い。オッパイを弄っても良いの??・・・お尻が変な感じ、苛められると気持ち良いの・・・」
「もっと苛めてあげようか・・・中指を入れたくらいじゃ、チンチンが入るかどうか分からないし・・・」
アナルに挿入した中指を引き抜いて人差し指を添え、紗耶香に見せつけるようにして唇を撫でる。這い出た舌が二本の指を舐めると、それを切っ掛けにして唇を割って口に侵入する。
二本の指がくっついたり離れたりしながら舌を挟み、上顎を擦り歯茎を撫でたりと思うさま嬲る。
開いたままの口に溜まった唾液を飲み込むことが出来ず、口元に滲んで凄惨な色気を醸し出す。

唾液まみれの二本の指がアナルまで滴るマン汁を撫で回して十分に馴染ませ、ゆっくりと窄まりに姿を隠していく。
「アウッ、あわわっ・・・きつい、ウググッ・・・良いって言うまでは優しく入れて・・・ウグッ、グググッ・・・」
ゆるゆると出入りを繰り返すうち、入り口の締め付けが弱くなりアナルの奥がポッカリ広がったように空間が出来て、漏らす声に甘えが混じり始める。
「アッ、アンッ・・・なに??どうして??へんな感じ・・・ウッウッ、ウゥ~ン、アフッ・・・いやぁ~ン」
握りしめていた指が開き、曲げたり伸ばしたりして緊張感を漂わせていた足指からもリラックスしている様子が見て取れる。表情から険しさが消え、閉じようとして力が入っていた腿の付け根も緊張を解いてだらりと開く。
「紗耶香、二本の指も抵抗なく出入りできるようなったよ。これなら俺のを入れても大丈夫そうだな」
「アンッ、あなたのオチンポを入れられるの??・・・怖い、壊れない??裂けちゃわない??・・・入れて、早く入れて欲しい」


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ちっち

Author:ちっち
オサシンのワンコは可愛い娘です

アッチイのは嫌
さむいのも嫌
雨ふりはもっと嫌・・・ワガママワンコです

夜は同じベッドで一緒に眠る娘です

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード