FC2ブログ

堕ちる

堕ちる-6

身体を抱きかかえられて後ろ手に縛られた紗耶香は再び寝かされる。
「暑くないか??窓を開けてくれないか。空気を入れ替えよう」
「イヤッ、止めて、見られちゃう・・・開けないで」
「前は公園だし、この部屋は2階だろう、見える事はないよ。声は聞こえだろうけど、静かにしてれば大丈夫だよ」

男の手は優しさを保ったままで紗耶香の肌を這い回る。
割れ目の縁を指が擦ると、潤み始めている膣口からジュンと蜜が滲み出るのを意識する。
男にも分かったはずなのに、嘲りの言葉もなければ気持ち良いのかとも聞いてくれない。
物足りない思いを言葉にせずに無言のまま、いやらしく腰をくねらせても満足できる快感は与えられず、はぐらかすようなマッサージが続く。
恥骨の周囲を圧迫するようにマッサージされると、股間を中心にして下半身が熱を持ったように熱くなる。
クリトリスを愛され膣を責められる快感とは違う何かが、身体の内部で芽生え始めているような気がする。

「ヒィッ~・・・アウッ、いやんっ、気持ちいぃ・・・」
見るだけだったはずの男が乳首を口に含んで先端を舌先が叩き、コリコリと甘噛みする。
アワワッ、ウッウゥゥ~・・・窓が開け放れていることも忘れて喘ぎ声を漏らしてしまう。
「クククッ・・・いいのか??覗く人はいないだろうが、艶めかしい声を通りがかった人に聞かれるぞ」
「ウッ、そんな・・・」
手で口を塞ぎたくとも後ろ手に縛られていてはそれも叶わず、急所を外すことなく熱を帯びてくる男二人の責めを泣きたくなるような気持で必死に耐える。
ウッ、ウググッ・・・吸い込んだ息を吐きだし、歯を食いしばって喘ぎ声が漏れるのを防ぎ、鼻から空気を胸いっぱいに吸い込む。
「目隠しのために貴女の目を見られなのが残念だよ。目は心の中を映す鏡、どんな気持ちでいるのか知りたいものだ。怒りが浮かんでいるのか、あるいは諦めているのか、それとも悦びの声を誰かに聞いて欲しくて堪らないのか。身体に聞いてみようか」

強面の男の指が会陰部から割れ目を撫で上がると、綻びから淫汁が滲み出て指に絡む。
「オッ、美味そうな蜜が出てるじゃないか・・・舐めてみろよ。味はどうだ??」
「うん、美味い。美人は見た目だけじゃなく中身も美味い。忘れずにメモしとかないと」
クパクパッ、ヌチャヌチャッ・・・大陰唇に指を添えて花びらを閉じたり開いたり繰り返すと、綻びから真っ赤な花弁が顔を覗かせてヌチャヌチャと卑猥な音を立てて花蜜が滲み出る。
「ウッウッ、いやっ・・・オッパイを、そんな・・・悪戯されたら我慢できない」
乳首を弄っていた男が乳房をヤワヤワと揉み込み、襲い来る快感に紗耶香が切ない吐息を漏らすと顔を近付ける。
「柔らかくて手にしっとりと馴染む魅力的な乳房だ。カジノに来るゲストの皆様もお喜びになるだろう」
上下の女の急所を焦らされながらも弄られて性感が高まったところで、冷ますような事を言う。

オークションに掛けられて男たちの慰みものになる事を思い出した紗耶香の股間は、ジュンと熱い蜜を滴らせる。
「クククッ・・・私の勘違いなら申し訳ないが、オークションに掛けられる事を待ち望んでいるようだね。ゲストの皆様が喜ぶと言った瞬間、オマンコは一層の熱を持ち蜜が溢れ出たぞ」
「君がそういうなら、これ以上のチェックは必要ないな。恥ずかしい思いをさせたかもわかりませんが、これも我々の職務。今日はこれで終わりです。恥ずかしい思いをしながらもよく耐えました、合格です」
「えっ、そんな・・・これで終わりですか??お願い、身体の火照りを冷まして・・・このままじゃ我慢できないし惨めすぎる」
「目隠しをして両手を後ろ手に縛る。そこまでして、この人は十分にスケベな事を確かめたから終わりにする・・・如何にも、意地悪な扱いだな。逝かせてあげようか、どうだね??」
カジノで何くれと世話を焼いた男が、ここでも紗耶香の味方の振りをする。

強面の男は開いた手の平で紗耶香の股間を覆い、指先と付け根をヤワヤワと蠢かして静かに刺激する。
「イヤッ、なんだか変な感じ・・・熱くなってきたし、アソコがムズムズする」
紗耶香の反応に気を好くした男が綻びに指を這わせて上下すると、充分にほぐれていた割れ目は容易く侵入を許してしまう。
ヌチャヌチャ、クチャクチャッ・・・バギナは指の動きに合わせて卑猥な音をたて、紗耶香は声を漏らす事を恐れて身体を捩じってベッドに顔を押し付ける。
泥濘を掻き回す指に快感を覚えるものの、開け放たれた窓の下を歩く人の耳目に触れることを恐れ、喘ぎ声を漏らすまいと奥歯を噛み締める。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント