FC2ブログ

堕ちる

堕ちる-1

バタンッ・・・ドアの閉まる音が早朝の静けさを破る。
リビングルームまで歩を進める気力もなく、玄関で座り込んでしまう。

840万円賭けたプレイヤーは4と3で7、バンカーは絵札と9で勝負はあっけなく終わった。
10時間余り前に家を出る時、バッグに入れた100万円は50万円になり、カジノに1500万円の借財が出来た。

壁にもたれかかって目を閉じる。
「どうされますか??・・・続けますか??」
「いえ、終わりにします」
「分りました。それでは別室にご足労願えますか・・・幾つか、補足の説明をさせていただきます」
そこで受けた説明は予期していたこととは言え、話しの進行につれ血の気が引き動悸が激しくなるのを感じていた。

「今日は残念な結果になりました。勝負は時の運と言いますが、本当にお気の毒な結果になってしまいました。とは言え、会員になられる際に説明いたしましたように、明日、いえ、もう今日ですが、正午を期限としてご返済いただきます・・・それが適わぬ際は、貴女の身体を私どもに提供して頂きます。これは男女を問わず共通のルールでございます・・・貸金ですから、金利も頂戴いたします。1500万円という金額ですので、簡単なアルバイトでというわけにも参りません。貴女のその素晴らしい身体を使ってご返済いただきます・・・ご理解いただけましたでしょうか・・・」

有無を言わさず淡々と事務的な説明を聞くうちに諦めと共に、夏樹や前回の男二人を相手に嬌態の限りを尽くしていた有紀を思い出していた。
キャバ嬢として好きでもない男に好意を持って接する振りに疲れてもいるし、セックスは嫌いではない。
新田の事は気になるが、セックスの限りを尽くすのも悪くないと思い始める。
次の瞬間には、私は何を考えているの。そんな事を喜んで受け入れるべきじゃないと、もう一人の自分が言う。

座り込んだままで手の中のケータイを玩び、新田に連絡しようかと逡巡する。
新田に注意されていた事を目の前にして、今連絡すれば即座に嫌われる。嫌な気分のままカジノにこの身を捧げるよりも、きれいな想い出を残してセックス奴隷になった方が良いと結論する。

シャワーを浴びて汗と共に不快な気持ちも流し去り、束の間の惰眠を貪るために裸のままでベッドに横たわる。
「明日、正午丁度に融資金の回収のため、お伺いいたします。万一、回収不能の場合は、その場で方法を相談させていただきます。留守などで連絡が取れない場合はキツイ事になると覚悟しておいてください。念のため申し上げておきますが、逃げることは絶対に許しません。そのための調査はしていますので・・・よろしいですね」
言葉を荒げることなく淡々と説明された最後の言葉が蘇る。

キャバクラの仕事を終えてから行ったカジノ。身体は疲れているのに頭の芯は時間の経過と共に冴えてくる。
目を閉じては寝返りを繰り返し、大きく開いた瞳で暗い天井を睨む。
手元に現金が150万円あるし、将来のために蓄えた預金もある。
1500万円の内、数百万円を返済しようか、それとも蓄えはすべて残して1500万円のすべてを、この身体で支払うのが良いかと迷う。

複数の男を相手にしてバギナと口腔はもちろん、アナルさえも犯される夏樹や、会社の上司二人に凌辱される有紀の姿が走馬灯のように脳裏をよぎる。
記憶の中の夏樹と有紀は恍惚の境地で身悶えるばかりで嫌がっているようには感じられず、見ているだけで動悸が激しくなって身体の芯が疼くような切なさに襲われた。
有紀の凌辱シーンを見ながら新田に背後から貫かれてアナルに指を挿入された時の深い快感は、今、思い出しても膝が震え自然と指が股間に伸びる。
クチュクチュ、ヌチャヌチャ・・・バギナは早くもぬかるみ、指を温かく包み込む。

450万円で買われた夏樹が男根を受け入れることが出来る三つの穴、バギナとアナルに口。
三人の男たちが三つの穴を順に犯しながら言葉で嬲る。凌辱される夏樹は嫌がっている風ではなく言葉で男たちを煽り、嬉々として三十本の指が肌を這い回るのに任せ、侵入した三本の男根の男汁を吸い取っていた。
同じ事をされても耐えることが出来るだろうか。
えっ、バカな事を。どうして三人の男に犯される事を考えなければいけないの・・・でも、1500万円を返済する充てがない。
グチャグチャ、ヌチャヌチャッ・・・紗耶香自身が意識しない内に指の動きが激しくなり、せり上がった腰が深い快感を求めていることを意識する。
アンッ、イヤッ・・・どうして・・・こんな時に・・・1500万円の工面方法を思い浮かばず、衆人環視の中で慰み者になる姿を想像する。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ちっち

Author:ちっち
オサシンのワンコは可愛い娘です

アッチイのは嫌
さむいのも嫌
雨ふりはもっと嫌・・・ワガママワンコです

夜は同じベッドで一緒に眠る娘です

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード