FC2ブログ

堕ちる

独りで-16

「苦しいか??・・・無理しなくても良いぞ」
「ウッ、ゲボッ・・・ウググッ・・・ハァハァ、大丈夫・・・えっ、ウソッ。こんなに大きくなってる。嘘だよね??」
根元を摘まんだまま、吐き出した剛棒を見る紗耶香は驚きの声を上げる。
長さは変わらないものの、黒光りする竿の周囲を浮き出た血管が這い回る蛇のように取り巻き、膣口に侵入するとそれぞれが鎌首を持ち上げて膣壁を食い荒らす予感に襲われる。
「どうした??怖くなったか??・・・大丈夫だよ。これまで尻の穴に挿入して壊した事はない。安心したか??舐めなさい、これ以上はないほど硬くしないと尻の穴には入らないぞ」
「はい、オシャブリします」
グチャグチャ、ジュルジュルッ・・・頬張り切れないほど大きくなった剛棒に舌を絡ませる夏樹に声を掛ける。
「マンコは元々男のモノが入る構造になっているが、尻の穴は出すだけで、何かを入れる作りになっていない。無理やり入れるんだから硬くしておかないとな」

揶揄するような言葉が夏樹の心を蕩かしていく。
アナルを舐めている男が親指をバギナに挿入して人差し指と薬指でクリトリスを刺激する。
乳房を揉む男が先端を摘まんでコリコリと転がし、快感に震える夏樹が視線を合わせると千切れてしまうほど指に力を込める。
「ウッ・・・ウググッ、ゲボッ、ゲッ・・・」
喉の奥を剛棒がつつき自然と涙が滲む。
「もういいだろう、十分だ・・・夏樹、俺を跨いで自分で入れてみろ」
乳房を弄っていた男がアナルローションを夏樹の目の前に突き出し、自分で濡れと事も無げに命令する。
横たわる男に未練がましい視線を送っても黙って顎をしゃくるだけで手伝ってくれる様子がない。
諦めた夏樹は指先のローションを見つめ、次の瞬間には意を決したようにアナルに塗り込める。
ウッ・・・クチュクチュッ・・・灯りを反射して窄まりがいやらしくてかり、猛々しく宙を睨む剛棒にも塗りつける。

仰向けに寝る男に見つめられる。
居丈高にそそり立つ男根が視線の端に居る。
昂奮で乾いた唇に舌を這わせて滑りを与え、剛棒に手を伸ばす。
指を添えると火傷しそうなほど熱い。蛇がまとわりついたような血管がドクドクと息衝き、早く穴の中に入りたいと催促している。
中腰になって目を閉じ、付け根を握った剛棒を窄まりに馴染ませるために擦り付ける。
「入れるよ・・・入るかなぁ・・・ウッ、うぐっ・・・ダメだ、大きすぎる」
「夏樹、目を閉じろ・・・そうだ、腰を落とせ。尻の穴に俺のモノを合わせろ・・・そうだ、息を吐け。大きく息を吸って・・・吐き出すんだ・・・ウンッ、どうだ??」
夏樹が息を吐き、胸一杯に吸った息を吐き出す瞬間に合わせて腰を突き上げる。

「うぐっ、グッ、ウッ・・・あわわっ・・・クゥ~、入った。入っちゃった・・・動かないで、きつい・・・ウムムッ、うぅっ~、こんなの初めて。息をするのも辛い」
フゥ~・・・目を閉じたまま顎を上げて顔を宙に向け、口を尖らせてゆっくり息を吐き出す。
「ハァハァッ・・・動かないでね、動いちゃ嫌だよ・・・ハァ~、ウッ、うむむっ・・・」
尻の穴が裂けるほどのモノを飲み込んで苦しそうにしながらも、ゆっくり腰を上下に動かし始める。
「無理しなくても良いよ。俺の後にも2人控えているんだからな・・・裂けちまったんじゃ奴らに申し訳ない」
「ウフフッ、くくくっ・・・笑わせないでよ。苦しい・・・自分で動くから、絶対に動いちゃ嫌だよ」


夏樹を見つめる紗耶香はバギナの双頭ディルドとアナルディルドを握ったまま息をするのも忘れたように微動だにしない。
夏樹が跨いだ男の腹部に手を置き、顔を顰めてゆっくりと腰を上下させ始めると、下半身がブルブルと震えはじめる。

新田たちが見るモニターの中の紗耶香はディルドの蠢きに連れてマン汁が掻き出され、透明だった液が徐々に白濁したものに変化する。


「アンッ、すごい・・・こんなに大きくてぶっといのがお尻に入ってる。裂けちゃわない??・・・いぃの、こんなの初めて」
手を伸ばして剛棒がアナルに侵入しているのを確かめた夏樹は、声を上擦らせて動きを徐々に大きくする。
「好きに動いてごらん。夏樹が気持ちよくなるのを見ていてあげるから」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ちっち

Author:ちっち
オサシンのワンコは可愛い娘です

アッチイのは嫌
さむいのも嫌
雨ふりはもっと嫌・・・ワガママワンコです

夜は同じベッドで一緒に眠る娘です

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード