FC2ブログ

堕ちる

独りで-7

バーカウンターでキールロワイヤルを飲んでいた時に近付いてきた男は、本物のカジノだとハイローラーをもてなすカジノホスト役の男だった。
新田の指示を受けてハイレートルームへ誘うために近付いた事を紗耶香は知る術もない。
キャバクラ嬢という事は聞き及んでいるが、改めて言葉巧みに紗耶香の仕事を聞きだし、VIPルームには本物の紳士がいるので、今後、仕事にも何かと便宜を図ってもらえるかもしれませんよと話す。
男の言葉で踏ん切りをつけた紗耶香は、ついにハイレートルームに案内してもらった。
新田の事が頭をよぎったが勝てば怒られる事はないだろうし、思った通り紗耶香の勝負運はスゴイな、ギャンブラーだよって褒めてくれるかもしれない。
一瞬の思いが 顔をほころばせてしまったようだ。
「どうかしましたか??」
「あっ、いえ、何でもありません」

紗耶香はミニマム50万円のハイレート台がある特別の客のための部屋に一歩入ったところで雰囲気に気圧され、歩を進める事を躊躇ってしまう。
シャンデリアが明るく照らした広い部屋には、バカラ・ポーカーなどのカードゲーム、クラップス台が設えられている。
足元の絨毯は、今までいた部屋よりも一層厚く足首まで埋まってしまいそうで、クラップス台でダイスが転がる音やカードをシャッフルする音、配る際の摩擦音を吸収してしまいそうだ。
華美に飾り立てることなく落ち着いた雰囲気の部屋は、馴染むと優しく受け入れてくれ、最初に感じた気圧される雰囲気はハイレートを意識しすぎた結果のようだ。

徐々に緊張は解け、それぞれの台に目をやる余裕も生まれてくる。
バカラ台を見ると、これまで見慣れたコイン型のチップに混じって角チップも混じっている。
「あの角チップは??」
「あの角チップは20万と50万円チップです。ミニマムが50万ですからね、高額チップも必要になるんです」
「そうですね、そうですよね・・・私の持っているチップを20万円チップに交換してもらえますか??」
「ご融資できますが、どうしますか??」
「いいえ、この130万円分のチップで遊びます」
バッグの現金50万円はそのまま残して高額チップに交換してもらう。

20万円の角チップは重量感がコイン型チップと違って金額の大きさを感じさせ、期待よりも不安が高じてくる。
そばに居た男がそっと離れてキールロワイヤルを用意し、
「どうぞ、一気に飲んじゃいましょうか??」
冷蔵庫で冷やしたグラスが身体の火照りを抑え、喉を通る冷たい液体が気持ちの昂揚を冷ましてくれる。
「ありがとうございました。お陰で落ち着きました・・・バカラをします」

紗耶香がテーブルに座ったタイミングに合わせるかのように案内される。
「これから別室にてオークションを始めます。商品は2個で、住所、氏名等の詮索は無用に願います。1つ目は男性。最低金額200万円。女性希望で原則望むママの奉仕。3回まで可能、複数も可。2つ目は女性。ターゲットは1000万円。男性、女性いずれも可。アナル可能、縛りなど痕が残る事は禁止。剃毛・浣腸可。複数も可、加えて2穴同時挿入も可能。以上ですが二人とも落札者に対する選択権は保有。有料見学可能です・・・以上でございます。詳しくは落札後、相対で条件を詰めてください」

紗耶香は抑えきれない好奇心を浮かべた表情のまま、男に視線を向ける。
「ごらんになりますか??」
「見るだけでも良いのですか??」
「もちろんです。商品が気に入らない場合や落札できなかった時は結果として見るだけになりますからね・・・ご案内いたします」
何人かの客が立ち上がり、別室に向かう。
案内された部屋は、さほど大きくなく、中央に小さなステージがあり、客はそれを取り囲むように用意された椅子に座って始まるのを待つ。
男性客が多いが紗耶香以外にも女性客がいる。ハイレートルームにいた客ばかりではないようだ。

「セックス奉仕するのですか??」
「奉仕とは言えません。中には話をするだけのために数百万円を出したお客様もいらっしゃいます。カジノでのことですから、常識は通じません。もともと資金的に余裕のあるお客様が多いのです。カジノのスリルと勝てばバカげた遊び・・・失礼しました、言いすぎました。返済が可能にもかかわらず、セックスが目的でオークションに参加されるお客様もいらっしゃいます。我々はそのようなお客様も排除いたしません」
「先日、借入金の返済は翌日正午が期限と聞きましたが、必ずしもそうじゃないってことですか??」
「原則としては、そういうことです。先程も言いましたが、我々としてはギャンブルと共にセックスの提供もしていますので、お断りする必要がありません。お客様の自由意思を尊重するだけです」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント