FC2ブログ

不倫 ~immorality~

再会―11

健は彩の首筋に舌を這わせながらバスローブを脱ぎ捨て、見事に回復したペニスを腿に押し付ける。
股間を押し付けたまま髪に顔を埋めて大きく息を吸い込み、芳しい香りで胸を一杯にしてシーツを掴んだままの彩の手を握る。
「彩、好い香りがする・・・彩の匂いで身体中が満たされてるよ」
「匂いが一体になるだけじゃ嫌、身体も繋がりたい・・・抱っこして」
抱き起して腿を跨がせると中腰になった彩は朱に染めた瞳で健を見つめ、宙を睨むペニスに指を添えて唇を噛み、意を決したように腰を沈めていく。
ズズズッ・・・ウッ、アッ、アァァ~ン・・・ペニスはバギナに姿を消し、彩の喘ぎ声が長く尾を引く。

胡坐の健は彩の背中と尻を抱いて支え、彩は健の首に両手を回してニコッと微笑む。
「彩のマンコは温かくて気持ち良いよ・・・オレはやっぱり、顔を向き合ってるのが好いけど、彩は昔と同じかな??」
「フフフッ、そうだよ。彩はバックが好き。後ろから突かれるのが好いな、ムッチリな彩チリを見つめられて、たまにはオチリをピシピシされるのも好き」
「可愛い彩の顔が見えないのは嫌だな・・・オッパイにチューしちゃおう」
両手を使うことなく背中を丸めて乳房の先端を口に含む。
手で支えられることなく乳首を含まれたため、何をされなくても乳房の重みを感じる違和感が快感につながっていく。
「アンッ、オッパイが気持ちいい・・・噛んで、オッパイを苛めて・・・健とエッチしてるって感じさせて」
乳首を甘噛みし、両手で身体を支えて腰を突き上げる。二度三度と突き上げると、ベッドが同調してスプリングが突き上げの快感を倍加させる。
ギシギシッ・・・ウッウッ・・・「アァ~ン、すごい、子宮をつつかれる。オッパイが痛くて気持ちいぃ」
「ハァハァ・・・乳首の付け根が赤くなっちゃったよ。大丈夫??」
「痛いのが好いの。健と一緒にいる、この時間は夢じゃない・・・」
先ほどまでと違い、彩の微妙な言葉にも過剰な反応することなく髪を撫でて唇を合わせる。
「イヤッ、まじめにキスして・・・彩がキスを好きな事を覚えてるでしょう??」

見つめ合い、つつき合う事から始まったキスは互いの激しい息遣いを感じて熱を帯び、口腔で舌が踊り唾液を交換する。
「ハァハァッ・・・ウッ、いやぁ~ン・・・健のが奥まで・・・ウグッ、子宮をつつく・・・」
キスに集中して楽しんでいた彩は、健が足を開いたために胡坐に組んだ足で支えられていた身体が沈んでペニスの挿入が深くなり、新たな刺激と快感で悲鳴に似た悦びの声を漏らす。

身体がつながっている間は何も不安を感じることがなく、安心感と充足感で満たされる。
興奮を隠すことなく二度目のセックスでもあり、十分に馴染んだ身体は自然と二十年前の記憶の中に戻っていく。
乳房を刺激しながらキスを繰り返し、身体を反らせてペニスとバギナの接触する角度を変化させたり、彩が両足を踏ん張って騎乗位のように動いたり、あるいは円を描くように動かし、腰を前後に揺すり左右に捩る。
恥じらいと快感で真っ赤に染まった瞳に映る自分の姿に感激したりと、身体だけではなく心も快感に包まれる。

対面座位から片足を入れ替えて横たわり、後側位に変化した二人は激しかった対面座位での疲れを癒す。
健は首筋や耳に舌と唇を這わせながら温かい息を吹きかける。
アァァ~ン、甘い吐息を漏らす彩は自らの手で乳房を揉みしだき、尻を健に押し付けて揺すりたてる。
彩と健にとっては、この程度の愛撫は休憩でありペニスの挿入が浅いことを不満に思う事もない。
彩の腰を撫で、内腿を撫でていた健の手が股間に伸びてクリトリスを弄り、ペニスを飲み込んだ膣口の周囲を刺激する。
「後ろから・・・バックで突いて・・・激しいのを頂戴」
ハァハァッ・・・彩の腰に手を添えて後背位に変化した健は、急に奥まで突きすぎないように注意しながら捏ねるように動いてゆっくりと馴染ませる。
「アァ~ン、いぃ・・・やっぱり健が好い。安心して任せられる・・・」
「彩の好きだったバックだよ。これが好きなんだよな・・・」
ピシッ・・・ヒィ~、痛い・・・健の手が尻を打ち、彩は大げさに声を上げる。
「もう一度叩いて・・・叩きながら、突いて・・・奥まで・・・荒々しいのが好いの」
パンッパンッ・・・ピシッ・・・ヒィィッ~、気持ちいい、もっと激しく・・・パンッパンッ・・・逝く、逝く、いっちゃう。ウググッグゥ~・・・彩は突っ伏してしまい、健は荒い息を吐きながら、両肘で身体を支えて体重をかけないようにしながら覆い被さる。

「ハァハァッ、恥ずかしい・・・彩だけ逝っちゃった」
「二度目だからかなぁ・・・身体が昔を想い出して自然に動いたよ」
苦しげだった彩の息が落ち着きを取り戻したのを感じた健は、股間に手を伸ばして恥毛を指に掛けて引っ張り、引き抜いてしまう。
「いったぁ~い・・・抜いちゃったの??彩マン毛を持っててくれる??財布に入れといてくれたら嬉しいな」
「フフフッ・・・ギャンブルに効果があるらしいね。これを財布に入れとくよ」
指に絡めた陰毛をティッシュペーパーに挟んだ健は、ペニスを抜くことなく足を交差させて正常位に変化する。

満足した彩は恥ずかしそうに健を見上げ、その様子が愛おしくてたまらない健は乱れ髪を整えてゆっくりと撫でながら唇を近付けていく。
彩は目を閉じ、じっと待つ。
愛おしむようなキスをしながら健の腰はゆっくりと動き始め、それに応えて彩は腰を突き上げる。
恥骨をぶつけあうような密着感で気持ちを昂ぶらせる。
健の両手は彩の腰を抱いて揺すりたてる。
「ウッウッ、ウゥゥ~・・・また、また好くなっちゃう・・・良いの??逝っても良いの??」
「オレも逝くよ・・・ダメだ、我慢できない」
「ダメ、まだダメ・・・昔みたいに指をオチㇼに入れて・・・」
右手で彩の左腿を抱きかかえて、アナルに指を伸ばす。滴る愛液が会陰部からアナルにまで滑らせ、伸ばした指を窄まりの中心で馴染ませると、ズズズッっと侵入していく。
「アァ~ン、いあやぁ~・・・オチリが好いの・・・オチリで気持ち良くなる彩は変なの??」
「あぁ、彩は変だよ・・・尻の穴に指を入れないと満足できないのは変だよ・・・ウッ・・・ダメだ、逝くよ、出しちゃうよ」
「うん、いっぱい出して・・・彩も逝く・・・アァァ~、感じる、二度目なのにいっぱい出てる・・・クゥゥッ~、逝く、いっくぅ~・・・」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント