FC2ブログ

堕ちる

罠-6

豊かな黒髪に顔を埋めてトリートメントの香りを胸いっぱいに吸い込み、そのまま温かい息を頭皮に吹き付ける。
「イヤンッ、いたずらしないで・・・クククッ、洗ったばかりなのに」
尻の割れ目を指先が刷くと頭を悪戯されて大騒ぎしていた紗耶香は、ウッと一声漏らして尻をすぼめ大人しくなる。
尻の割れ目を刷いた指が背骨に沿って撫で上がると、ブルッと上半身を震わせて感度の好い身体だという事を証明し、両手はシーツを握りしめる。
新田の10本の指が肩や首筋を這い回り、紗耶香の身体は緊張と弛緩を繰り返す。指先による刺激に快感を覚えると身体は弛緩し、快感が性感につながると身体は緊張する。

紗耶香は知っている。セックスの感度に優れた身体は、何れあらゆる快感が性感につながり喘ぎ声を漏らして身悶える事を。
過去に一人だけいた。紗耶香に人を愛する事の素晴らしさとセックスの悦びを教え、そして何より性感の優れた身体である事を知らしめた。
目を閉じた紗耶香は記憶の中の男を一瞬思い出し、新田が二人目の男になる予感に包まれる。

立てた指が首筋を撫で上がると爪先が耳の裏を刷き、静かな快感が紗耶香を襲う。耳朶を指が這い、穴の周囲を小指がなぞると刺激が大きな音となって脳を刺激する。
アウッ、ウッウゥ~・・・両足で紗耶香の下半身を挟むようにして覆い被さった新田の吐く息が耳をくすぐり、指先が白くなるほどシーツを握る指に力が入る。
耳朶を甘噛みし、伸ばした指が紗耶香の口に近付き唇をなぞって自然な動きで口腔に這い入る。
紗耶香はフェラチオを施すように指に舌を絡ませて顔を上下する。
「紗耶香の口の中は温かくて気持ち良いよ。舌がネットリと指に絡みついていやらしい・・・クククッ、約束通り全身をペロペロしちゃうよ」

開いた手の平がマッサージの要領で首の付け根から肩をへて手首まで撫でていき、リラックスして伸ばした紗耶香の指をそっと握る。
指を握ったまま、反対の手も同じように擦って指を握る。
紗耶香の中指を口元に運んで根元から指先に舌を這わせて口に含む。
頬を膨らませて温かい息を溜め、舌を絡ませたまま顔を上下する。
ジュルジュル・・・「アンッ、気持ちいぃ・・・温かい口に含まれて指をペロペロされると気持ちいぃの。フェラチオされる男の人ってこんな気持ちになるのかなぁ??」
「そうだよ、フェラチオは気持ち良いよ」
見上げる紗耶香の眩しそうな視線から目を逸らし、指を掴んだまま身体を屈めて腰の辺りに舌を這わせる。
「あっ、ビーナスのえくぼがある」
「えっ、何??ビーナスのえくぼって何のこと??」
「お尻の少し上、背骨の両側にある窪みの事だよ・・・ここにある、分かる??」
「窪みがあるのは気付いていたけど、そんな色っぽい名前があるのは知らなかった・・・好い事だよね??」
「好いに決まってる。誰にでもあるわけじゃないし、筋肉や脂肪のバランスが好いから出来るらしいしね・・・」
「ふ~ん、性感帯になる??」
「それは、試してみないと分からないよ」

ビーナスのえくぼの縁に沿って舌先を這わせ、無限マークの形に両方をなぞる。
舌を這わせながら指先が腰や腿の外側を優しく擦り、静かな刺激に紗耶香の身体は慣らされていく。
背中を乾いた舌が刷くように撫で上がる。産毛を一本一本、逆立てようとするかのように触れるか触れないかの繊細なタッチで舌は撫でて行く。
舌の動きに合わせて腿を刺激していた指が左右の脇腹を撫で、もどかしげに紗耶香の身体が蠢くまで優しくゆっくりとした愛撫は続く。
背中や脇腹に息が吹きかけられ、舌や唇と指や爪、時には開いた手の平が這い回り、意識しての事なのか偶然なのか鼻頭までが肌を撫でる愛撫に加わる。
ウッウッ、ウゥッ~・・・紗耶香の指先が閉じたり開いたりを繰り返し、膝を曲げたり伸ばしたりして言葉によらず強い刺激を催促する。

首の付け根や腕を何度も甘噛みし、乾いた舌や唾液で湿らせた舌で舐めたり、唇を這わせたりと変幻自在に愛撫を続ける。
「アァ~ン、イヤッ、いぃの、気持ちいぃ・・・」
月明かりの中でも白い肌がわずかに朱に染まるのを感じ、這い回る新田の手の平に吸い付くような滑りを帯びる。
性感を刺激される反応が露わになってきたので内腿に手を這わせ、ヤワヤワと足の付け根を擦ると自然な風で腿を開いて急所への直接の刺激を求め始める。
内腿や腿の裏側を撫でながら紗耶香に近付き、
「そうだよ、これで好い。リラックスして身体が感じるまま抗っちゃダメだよ」
言葉を発せず、頷いた紗耶香は静かに目を閉じて握っていた手を開き、両足の力を抜いて自然に伸ばす。
両腿の間に入って身を屈め、太腿の外側や腰を撫でながら尻の割れ目に舌を伸ばす。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント